1
/
5

【エンジニアリーダー】大手のコピーじゃいけない!大手有名企業から来た新リーダーが考える“新しいチームビルディング”


今年7月、WILLCOでは初となる”エンジニアチーム”が立ち上がりました。

もちろん、これまでも数名のエンジニアが在籍していましたが、まだまだチームとしては機能していませんでした。

Techカンパニーとしての成長を目指すWILLCOでは、個々の優秀なエンジニア集団に留まらず、チームとしてのレベルアップが必要でした。チームを率いることのできる経験と実力を兼ね備えたエンジニアの参加は事業戦略の肝でしたが、今年7月ついに橋本さんが入社してくれることになりました~(パチパチ)

橋本さんの職務経歴書は、有名な大企業の名前が並びます。

そんな橋本さんに、

大手2社を経験し、なぜベンチャー企業のWILLCOに入社したのか
大手企業を知る橋本さんから見たWILLCOの技術力や良さとは
今後WILLCOでチェレンジしたいこと

について、聞いてきました。

では、さっそくいってみましょう~!



プロフィール

名前:橋本 浩寿
所属チーム:サービス開発事業部
入社年:2021年7月1日
出身:埼玉県
趣味:旅行・読書


【職歴】
1社目:大手企業で6年ほどエンジニアとして勤務
→2社目:大手企業で1年ほどエンジニアとして勤務
→WILLCOへ入社し、現在はエンジニアチームのリーダーを務めています。


WILLCOでの業務内容
〇チームのリーダー業務  
・他部署との打ち合わせ  
・開発タスクの優先順位付け  
・プロジェクト進捗管理  
・メンバーの工数管理  
・メンバーのフォロー(コードレビューや技術選定・意思決定の相談)

〇エンジニアとして開発/運用/保守




1.WILLCOへ転職した決め手

大手2社を経験してきたようですが、
今回なぜベンチャー企業であるWILLCOに入社を決めたんですか。

橋本)社長と面接でお話した際、将来性のあるサービス内容に魅力を感じました。

また、WILLCOのエンジニアチームのチームビルディングの必要性をお話していただき、自分が裁量を持って仕事ができること、むしろリーダーとして率先していかなければいけない状況だと知ったんです。

『自分がいかにその組織を引っ張って支えていけるかによって、その後の組織の生産性やチームが変わる』

大きな企業にいたので、そこにぶら下がっていれば成長機会を得やすいだろうと他力的な考え方もあり転職活動をしていましたが、社長からお話を聞き、リーダーシップやマネジメントもやってみようかと考えるようになりました。

エンジニアとしてこれからも前職、前々職のような知名度の高い大手企業の中で、保守的に傾きつつあるサービスに溶け込むのか、もしくはフェーズの違う環境に飛び込み、これまで培ってきた経験や知識を役立てながらチームを立ち上げるか。

私は次のステップアップとして後者に魅力を感じ、WILLCOへ入社することを決めました。




2.実際に入社してみてどうだったか

大手を経験した橋本さんから見たWILLCOの技術力ってどうですか。

橋本)そうですね、、、やっぱり実際には課題がてんこもりといった感じですね(笑)

毎日毎日、新しい問題と課題が出てきます。

今はそれを一個一個消化していく感じです。

前職、前々職で当然のようにあった仕組みや文化、考え方がないこともわりと多いです。

「無いから、入れなきゃ」ってこともありますが、「そもそもこの仕組みは前職場でなんであったんだろう?逆に入れなくていいのでは」という結論に至るケースもありますし、もっと言えば、「入れるにしてももっと違うやり方があるよね」っていう発見になることもあります。

そこが“面白さ”でもありますね。

大手を経験をした橋本さんだからこその発見ですね。
会社の雰囲気はどうでしたか。

橋本)組織やチームを越えたコミュニケーションが活発で、人間関係はドライよりはむしろウェットだと思います。

私個人としては、その人間関係に救われている部分もあり、仕事がしやすいです!




3.WILLCOのエンジニアチームの良さ

会社全体のエンジニアチームの立ち位置とか、チームの良さなどを教えてください。

橋本)縦割りみたいなところもなく、垣根がないので、営業チームやマーケティングチームとの連携が取りやすいです。

一人ひとりが他部署を意識して、自ら動けているのでそこがすごく良いなと思っています。

やりたいことの実現性という面ではどうですか?

橋本)前職のような大きな組織の場合、稟議(りんぎ)という形で正式なエスカレーションフローを踏んで承認を得ないと行えないことも、WILLCOでは社長がとても近い立ち位置にいらっしゃるので、簡単なミーティングで口頭承認をいただき実現できてしまいます。

とても導入しやすいですね。

サービスやツールって非常に流行り廃りがあるんですが、大企業だとなかなか対応しづらくて、導入を見送るようなケースも多々あります。

その点、WILLCOはとてもスムーズです。

最近では、マーケティングの方と一緒に“Notion”という情報共有ツールを導入したいと社長に話してみると、ほぼ翌日には「アカウント購入したんでよろしく」といった感じで即導入になりました。

スピード感はベンチャー企業の良さですよね。
今後エンジニアチームのメンバーの特性をどのように活かしていきたいですか。

橋本)年齢もバックグラウンドも(国籍も)バラバラのメンバーが集まっています。

メンバー一人ひとりがフルスタックエンジニアの素養や視点を持ってほしいです。

それぞれの知識を組み合わせればカバーはできると思うので、それぞれの強い部分や興味のある部分、モチベーションを絶やさないようにうまく組み合わせながら、適材適所考えていきたいです。




4.WILLCOでどんなことをしていきたいか

今後のチャレンジをお聞かせください。

橋本)前職、前々職で経験したチームの形や制度にWILLCOを近づけたいわけではなく、むしろ越えていかなければならないと思っています。

開発組織が成長して出てきてしまう “良い部分” だけでない “悪い部分” も知っているからこそ、WILLCOがこれから成長していくときに、大手のコピーじゃいけないと強く思います。

これまでにないチームを作っていきたいです。

WILLCOのサービスは機能面で他社と比べて遜色ないと思いますが、特殊な市場で、病院などクローズドな領域でサービスを展開していくので、その中でしっかりイニシアティブを取り、業界に対して存在アピールしていきたいですね。

“心理的安全性”というテーマでバリューがありますので、それを体現し業界を支えるサービスを創っていきたいです。




【リクルートサイト↓↓】


【併せて読んでいただきたいストーリー↓↓】

株式会社WILLCO's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more