1
/
5

【社員インタビュー】管理栄養士からエンジニアに挑戦した吉田さんが語る、アイフリークモバイル社員の働き方

こんにちは。

アイフリークモバイルの採用担当です。

今回は栄養士の道から未経験でITに飛び込んだ吉田さんにお越しいただき、将来の夢や今の仕事について深堀りして聞いて参りました!

是非とも最後までご一読くださいませ。

▼採用責任者である小関さんのインタビューをまだ読んでない方はこちら▼

<Profile>

名前:吉田 巧 Takuymi Yoshida
年齢:26歳
アイフリークモバイルが2社目で、入社してちょうど半年。
アニメ・漫画が趣味

――まず自己紹介をお願いします。

もともと食べるのが好きだったので、専門学校に入って栄養士を目指していました。
新卒で小学校の管理栄養士を2年間ほどやっていて、子どもたちの給食の献立を考えるお仕事をやっていました。基本的には自分が考えたメニューで調理師さんとすり合わせしながら毎月献立の考案や発注、衛生管理などを進めていきます。

正式な公務員ではなく非常勤の雇用だったので、いずれかは民間企業で安定して働きたいという想いはありました。専門学校在籍中、管理栄養士の資格を勉強中に「栄養勉強ソフト」に惹かれて、それを自分で作ってみたいと考えて具体的にITの業界に興味を持ち始めたんです。

食品成分表をツールに埋め込んで献立に入れるという仕組みなのですが、例えば豚の角煮だったら豚のエネルギーはこうで、塩の分量はこうで…とかが出てくるソフトで。いずれは裏で管理栄養士さんたちを支えるためにそういったソフトの開発に関わりたいと考えるようになったんですよね。

ITの領域に踏み込むにしてもまずは未経験だと厳しいということを知ったので、プログラミングスクールに4ヶ月通って簡単な知識をある程度身につけながら転職活動をスタートさせました。


――アイフリークモバイルに入社したきっかけについて。

プログラミングスクールで色々な就職先を紹介してもらって、その中の1社だったんです。

金曜ロードショーでハリーポッターに当時ハマっていまして。面接担当者に伝えたら「映画面白いですよね!」って同調してもらえたのもすごい嬉しくて。「うちはアニメ好きな人もいっぱいいるよ」と(笑)
あとは事業部として今後新しいビジネスを創るということで「一緒にやりませんか?」という声をかけてもらったのが印象的でした。

――実際働いてみてどうでしたか?

未経験なので開発系の現場にはまだいけていなくて、通信機器のキャリアの調整業務などを6ヶ月やっています。先輩からも「腕が上がってきたな」と言われると嬉しいですし、やりがいを感じながらやっています。

通信機器のキャリアとのスケジュールの調整をしたり、カスタマーサポートとして電話対応などもやっています。

アイフリークモバイルとしては僕含めて2名が配属されています。プロジェクト先の先輩と一緒に行っているのですが、彼は普段からExcelなどのOffice系やプログラミングコードをいじるのが好きなので、コードを使わない現場でも彼の触るロジックを見ながら日々学んでいます。

今は開発とは関係ない現場なので、先輩の技術を盗みながらいつかは自分の技術として現場で活かしていきたいと思ってるんです。

――案件に配属される不安はありましたか?

正直、最初は毎日不安でしたね。
実際入社前の4ヶ月は、プログラミングは受けたけど、IT全般の知識はまだまだ弱かったので。。。
できる仕事からこなしていき知識が身につくにつれて不安が解消されていき、自信を持つことができました。色々な案件を同時並行しながらで混乱してしまう状況もありましたが、乗り越えたら自分としても成長できるかなと思い踏ん張れました。

コードを書くことはまだやっていませんが、勉強しながら最近はじめの一歩を踏み出している感覚をつかんでいます。

今のプロジェクト自体が、ピークを終えて下りの8合目ぐらい。スキルを更に身につけたら新しい現場に参画できるようになるので、それまでにしっかり開発のポートフォリオを作成してすぐにでも新しい現場で通用するような戦力になりたいなと思っています。


――アイフリークモバイルや配属先のいいところ。

アイフリークモバイルでは、営業社員が積極的に色々と手伝ってくれる点がいいですね。研修とかも色々あって、面白いバックグラウンドの人たちがいっぱいいるなと。

プロジェクト先の良い点だと、とにかく人に恵まれたなというところです。「残業大丈夫?」「困ってない?」など結構気遣ってくれるんですよ。
丁度自分が先日お客様からご指摘をいただいたところなのですが、先輩がすごい丁寧に対応してくれて、「気にしなくていいから」と優しい声をかけてもらって。かなり凹んでいたところだったので、本当にありがたかったです。

人が良いからこそモチベーション高く継続できている部分はすごく感じていますね。


――業務に参画して感動した場面はありますか?

自分が携わった案件がややこしいものだったのですが、無事対応を終えた時にはやりがいを感じましたし達成感を覚えましたね。

繁忙期でもともとスケジュールがタイトで、稼働が逼迫していた中で無事に達成ができたので、そこは自信にも繋がりました。

――今後の吉田さんご自身の目標についてお聞かせください。

まさに今後は開発の方に入って経験を積んで、最終的には栄養士ソフトの開発をしていきたいです。
今は地道ではあるんですけど日々の勉強、あとはどこの仕事でもそうですがコミュニケーションの向上は重要になってくるので、どんどんスキルを磨いていきたいと思っています。

――アイフリークモバイルに入社したら「こんなことが学べる」といものがあれば教えてください。

色々なプロジェクトには参画できると思います。
サーバーの保守管理、RPAの作成など様々。

今は皆で資金集めをしていまして、終わったら自分たちでプロジェクトを立ち上げるということは社内で大々的に言っているので、事業部で新しいものを作れそうだというところではアイフリークモバイルの今後の未来の面白さだと思っています。

――最後に、求職者の方に対してメッセージをお願いします。

「これから挑戦したい」「その為にこういう勉強をしている」という人を後押ししてくれる環境なので、「何か分からないけどとにかくやってみたい…!」という向上心の高い人は向いていると思います。

周りにもサポートしてくれるメンバーが多いので、安心して飛び込んできてもらいたいですね。
会社を選ぶのは些細な理由でもいいと思っていて、「絵本アプリ使ったことがあったけど、これアイフリークモバイルが運営してたんだ!」とか、「アイフリークモバイルのロゴ可愛いな!」とか、「このキャラクター見たことあるな!」とか、「このスタンプ使ったことあるな!」という気持ちだけで応募してくれる作っている人がいるという認識だけで応募してくれるのもいいと思いますし、まずは気軽に話を聞いてもらえれば嬉しいなと思っております。

▼▼森のえほん館の概要はこちらから!▼▼

▼▼みんなのアイドルとして10年以上愛されている、『ぱんだっち』と『りすとくん』。当社が運営している、デコメ・スタンプなど25万点以上のアイテムを誇るサイト“デココレ”から生まれました。▼▼

未経験入社で活躍中の吉田さんのインタビューでした!
今、アイフリークモバイルは事業や組織の大きな転換点を迎えています。
小関さんや吉田さんと一緒に進化を加速してくださる意欲を持った方を探しています。
意欲>経験です。少しでも興味を持って下さった方は是非一度遊びにいらしてください!

株式会社アイフリークモバイル's job postings
38 Likes
38 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more