1
/
5

株式会社ルークス福岡・経費とは?フリーランス向け

株式会社ルークス、鈴木和正です。今回は「経費」についてお話します。聞いたことはあるけど、よくわからない!という人はぜひ記事を参考にしてみて下さい。

そもそも経費とは?

経費とは、事業の売り上げに貢献する妥当性のある費用のことを指します。例えば、取引先との飲食代や交際費は代表的な経費になります。その他、商品の仕入れにかかった原材料費、事業運営に必要な水道代、電気代、ガス代、通信費、社内イベントや社員との食事代における福利厚生なども事業との関連性のある費用ですから経費として認められます。

経費にならないものとは?

税法上、何が経費になるのかという明確な規定はありません。しかし、判断基準はあくまで事業との関連性がある費用かどうかという事です。そのため例えば、友人や家族との食事代などのプライベートにおける費用等は一切経費扱いすることが出来ません。何でもかんでも経費扱いできるわけではありませんので御幣のないようにして下さい。もし細かな判断ができない場合は、税理士などの専門家を頼る事をオススメします。

「経費で落とす」とは?

そもそも事業を行う者は収益を追求し、利益(儲け)に対する税金を支払う義務があります。しかし「収益」と「利益」というのは似て非なるものです。簡単に言えば「収益」とはその事業における売上高のことで、「利益」というのは収益から様々な費用(経費)を差し引いた額のことを指します。公式にすると、「収益 - 経費= 利益」です。そして「経費で落とす」とは、この収益から経費を差し引いて、利益額を減らす行為のことを指します。つまりいくつかの費用を経費として落としておけば、節税になるのです。これが経費で落とす事のメリットと言えるでしょう。

たくさん経費を使えばいい、というものではない。

例えばサラリーマンの方からすると経費は会社が負担してくれるものなので「経費で落とす=タダになる」という認識を抱きやすいですが、会社経営者や個人事業主などの方達にとっては経費もあくまで費用です。つまり、当たり前ながらお金は手元から出ていきますので、節税になるからといって経費をたくさん使えばいいという訳ではないのです。

さてさて、今回は経費について簡単にまとめてみました。今後の活動の参考にしていただければ幸いです。

株式会社Lukes's job postings

Weekly ranking

Show other rankings