1
/
5

楯の川酒造の新たなる挑戦「ウイスキー事業」/子会社:月光川蒸留所が資金調達を実施!主体で動いている経営企画室の面々も紹介✨

皆様こんにちは!
Wantedlyはだいぶお久しぶりになります。楯の川酒造広報の高梨です。


この度、楯の川酒造の子会社で、ウイスキー事業を開始する月光川蒸留所株式会社が、やまがた協創パートナーズ株式会社、株式会社フィデアキャピタル、Wine&Whisky Pte Ltdを引受先とする第三者割当増資を実施し、3.5億円の資金調達を実施いたしました!


プレスリリース:月光川(がっこうがわ)蒸留所株式会社 3.5億円の資金調達を実施

日経新聞

山形新聞


今回の調達で、庄内産ウイスキーを安定的に製造するための蒸留設備並びに貯蔵設備の整備、そして必要な人材の採用・育成を行い、ウイスキーの安定的な製造に向けて組織体制を強化します。そして、月光川蒸留所がつくり上げる「庄内の水と空気が生きるウイスキー」が、世界を代表するウイスキーブランドとして成長していくよう尽力していきます!


さて、これまで日本酒「楯野川」を主体としつつ、果物やヨーグルトを使ったリキュール「子宝」や粕取り焼酎などを製造してきた弊社。実は子会社の奥羽自慢ではHOCCAというワインブランドを持っており、ワインやシードルの醸造も行っています。そしてさらに、日本産酒類の多角化を目指して新たな分野に挑みます。このウイスキー事業は、楯の川酒造の新たな挑戦・つまりは新規事業です。

私が所属している「経営企画室」は新規事業のカバーもしておりますので、現在ウイスキー事業を主体となって進めてます。

経営企画室では、室長(主に法務・子会社管理)・ブランドマネージャー・ウイスキー醸造責任者・そして、広報&デジタルマーケ兼務(私)…という4名が在籍しております。私自身はウイスキー事業に直接かかわることはあまりないのですが、広報面でサポートしています。


室長インタビューはこちら↓

ブランドマネージャーのインタビューはこちら↓


広報はこんな感じです↓

デスクには酒瓶、仕事はクラウド。「酒蔵DX」を推進する楯の川酒造のフルリモート広報担当 ~ たかなしあんなの在宅ワークスタイル【みんなの在宅ワーク:第86回】
山形県酒田市にあります酒蔵・ 楯の川酒造の広報を担当しております、たかなしあんなと申します。実はこのコーナー、2回目の登場なのですが、 前回 はシステム開発会社の広報、今回は酒蔵の広報と、業種が大きく変わりました。  リモートワークは前職でも活用していましたが、楯の川酒造に転職後は距離的に通勤が難しく、完全リモートワークで勤務することになりました。 ...
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/zaitaku_work/1448161.html


ウイスキー醸造責任者のインタビューはまた追って…!


経営企画室はウイスキー以外にも幅広く全社にかかわる施策を企画し実行しています。やりたいことはたくさんあるのですがかなり少数精鋭なので、、、正直もう手が足りません。。泣

そこで、新メンバーを募集しています!
革新的な酒蔵の経営企画室で働いてみたい!と思う方、ぜひ採用情報をチェックしてみて下さいね♪

楯の川酒造株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 楯の川酒造株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?