1
/
5

最後に頼れるのは己の「心」! MAGIAでは珍しい!?アニオタ以外にもオタクはいた! ーーーー 株式会社MAGIA 社員インタビュー

<<前回のあらすじ!>>

 動画制作部の佐近インタビューをしたはずのホーリー田中は、気づけばハレ晴レユカイ」を踊りながら「Re:ゼロから始める異世界生活」について語っていた。数十年ぶりに踊り明かしたホーリー田中に今日はなにが待ち受けるのか!?


ホーリー田中:今回はMAGIAのマシソンさんにインタビューしていきたいと思います。

マシソン:スミマセン、ニックネームで恐縮です…. 。よろしくお願いします!


Q.MAGIAではどんなことをしていますか?

マシソン:カスタマー・ソリューション部(CS部)に所属しています。俗にいう”営業部”ですね。
サービスを売ることは勿論ですが、MAGIAとクライアントが良い関係を築けるように最前線でコミュニケーションを行います。

ホーリー田中:どんなサービスを売っているんでしょうか?

マシソン:そうですね、決まったパッケージやサービスを売るというよりは、クライアントにとってより良いものになるようにアレンジをしたり、時には要望に応えられるようゼロから考えたりもします。
まぁ…その時は事業開発部や特務部の力を借りることも多いですが…笑

ホーリー田中:そういえば、特務部というのはホーリー田中が所属している部署だった気がするのですが?笑

マシソン:いつもお世話になっております…


Q.MAGIAの魅力は何ですか?

マシソン:誰でもやりたいことに対して「やりたい!」と手を挙げられる環境であることです。本人のスキルやプロジェクトをどう捉えているか等、”適しているかどうか”はプロデューサーやマネージャーが精査しますが、プロジェクトマネージャーやディレクターへのチャレンジの機会は誰にでも平等に与えられています。

ホーリー田中:チャレンジの機会でいうと、イラストや動画制作といったクリエイティブな部分に関しても同じことが言えますね!

マシソン:そうですね。私もMAGIAの一員となったからには、機会を逃さず積極的にチャレンジしていきたいと思っています。

ホーリー田中:仕事以外の面では何かありますか?

マシソン:良くも悪くもオタク集団の集まりなので、趣味に関してはとても寛容です。MAGIAの勤務時間は10時~18時の7時間なので、一般的な会社よりは早く仕事が終わります。その分、趣味の時間が多く使えるのはオタクとしてはありがたいですね。

ホーリー田中:わかります!私も1時間でも多くゲームしたいですもん。

マシソン:ですよね!私も晩酌の時間が多くとれるので嬉しいですw MAGIAでは『エンタメ(プライベートの時間)を楽しめない人はエンタメを作れない』を信条としているので、皆さん充実したOFFを過ごしていると思います。

ホーリー田中:晩酌ってエンタメなんですか?

マシソン:いやいや、お酒はいい趣味ですよ。エンタメの1つですって。




Q.1日の仕事の流れはどんな感じですか?

マシソン:CS部はクライアントの都合にあわせて仕事をするので、毎日のルーティーンのようなものは基本ありませんね。

ホーリー田中:それだとイメージつきにくいので、よくあるような流れを聞いてもいいですか?

マシソン:そうですよねw 一番よくある感じだと、まずはその日のタスクを確認するところから始まります。何から始めようか、今日は何をしようかをゆっくり考えます。朝一は眠いので…

午前中は主に自分の仕事をします。請求書や見積書、先方へ提出する資料等を制作したり、各部署に業務連絡を送ったり…ですね!

午後は打ち合わせ三昧です。1日に1回は打合せを行うんですが、準備やまとめ各部署への連絡も含めると、ほぼ1日が終わります。
お昼ご飯はデスクでおにぎりやサンドイッチを詰め込む感じですね笑

そして夕方、ひと段落ついたころに休憩を取ります。

退勤前は明日のタスク確認と準備を軽く行い、めでたくサヨナラです!

ホーリー田中:あ、じゃあそのあと晩酌ですかね?w

マシソン:いや、聞くまでもないと思いますw


Q.今後どのようなことをやっていきたいか?

マシソン:引き続きクライアントと一番距離の近いところに携わっていたいです。

ホーリー田中:なるほど。そう思うきっかけ見たいのってあったんですか?

マシソン:きっかけというか、実は前職は全然違う業界にいたのが理由でしょうか。

ホーリー田中:どういった業界だったんですか?

マシソン:飲食関係の業界にいて、業務用酒類の卸の営業をやっていました。なので、そこで得た経験などが印象的で、今の私の営業スタイルがそのようになった気がします。

ホーリー田中:では、クライアントと一番距離の近い存在というと、具体的にはどういう関係だと思いますか?

マシソン:クライアントやその関係者、関連会社の人たちから『エンタメといえばMAGIA!MAGIAならひとまず○○さんに連絡しよう!』と言われる存在だと思います。





Q.どういう人と働きたいですか?

マシソン:私がCS部や事業開発部、特務部、プロジェクト管理部など、よくコミュニケーションを取る部署に求めている人材は『明るくてよく喋る人』です。

ホーリー田中:それだけでいいんですか?

マシソン:ぶっちゃけて言うと、「OKっす、任せてください!良い感じにやります!」みたいなタイプの人が一番付き合いやすいんですw

ホーリー田中:それって大丈夫ですか?

マシソン:気合いと根性、前向きな思考、コミュニケーション力があれば、ちゃんとうまくいくと思いますよ!なにより私がそうですからw 私は絵も描けないしデザインのセンスもない、皆ほど何かに精通している訳でもない、ただの一般人なので気合いでカバーするしかないんですよねw

ホーリー田中:気合ですかw

マシソン:そうです、気合いです!!今自分がやるべきことをただひたすらやればいいんです!!できないこと、知らないことでもやれば必ず身につくし、向き合う姿勢が評価されれば助けてくれる人も増えます。なので私と一緒に仕事をする人は「人として普通」のスキルがあり、それがいつでも発揮できるようであれば大丈夫です。

ホーリー田中:とはいっても、仕事としてこんな事出来る人ならいいなっていう点はありますよね?

マシソン:そうですね、プロジェクトマネージャーやディレクターの経験、クリエイティブ系のスキルなどがあると、できることが増えるのでもっと仕事が楽になり、そして楽しくなると思います。
でも、最後に頼れるのは己の「心」ですよ。どんなに優秀な人でも心が折れてしまったら、そこで全てがダメになってしまいますから…



 そう言いながら、ブルペンで肩を温めつつインタビューに答えたマシソンは、宿敵タ◯ガース打線を抑えるべく8回表、東〇ドームのマウンドへ登っていくのであった!

                    つづく!!

株式会社MAGIA's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more