1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【My HISTORY】自分のSNSもPR活動に活かしています/PRディレクター

2020年入社

小濱庸子

ONE DX事業部 PR ディレクター

My HISTORY

前職は、大手航空会社のC A。美容、ファッション、旅行などにも興味があり、SNSを通して情報発信をしていた。自らのインスタグラムのフォロワーは、1万4000人を数える。接客業とは全く違うスキルを手に入れたい、そんな思いを抱き1SECに入社。

自分のSNSもPR活動に活かしています

CAというサービス業に丸9年携わり、自分なりに、やりたいことはやり切ったのですが、今度は違う可能性を広げてみたいと漠然と思うようになりました。そんな時に、1SECの存在を知り、元々自分も好きで情報発信してきたSNSの世界で、しっかりスキルと呼べるものを手に入れたい、そう決心して入社しました。現在は、展開するデジタルコンテンツのPRを中心に、1SECの抱える様々なコンテンツの営業や企画など、部署の垣根を超えて何でもトライしています。そもそも好きでやっていた自分のSNSもPR活動に活かせているので、楽しいですね。未経験でわからないことだらけですが(笑)、日々、自分をアップデートさせながら前進しています。


常に自分を進化、成長させる土壌がある場所

1SECの業務の中でもっとも興味があったのは、最先端のデジタル商材を扱うマーケティング分野。自分もSNSのヘビーユーザーだったので、SNSをはじめとしたマーケティングの知識を深めたいという思いもありました。とはいえ、実際に入社してみたら、業務の幅は、企画、営業、PR、キャスティング、プランニングetc.……と、とにかく広い(笑)。加えて会社の成長スピードもとても早いので、最初はそれに圧倒されました。とはいえ、逆にいうと、常に自分を進化させる土壌が1SECにはあると感じています。日々いろんなことを経験できていて、それはすごく有意義ですし、何より刺激的で面白い(笑)。


自分の特性を活かして何事も楽しむ

自分のような異業種から転職をした人に対しても、1SECはウェルカムな雰囲気があります。会社として進めているプロジェクトは、実にさまざまですので、前職のスキルと自分の特性を活かせる場所も、何かしらあると感じています。自分は接客業を長年やってきましたから、初対面の人ともコミュニケーションを取りやすいという強みがありますが、実際にそのスキルは、いろんな場面で活かせています。SNS業界はとにかく変化が激しいので、そんなふうに自分の強みをアジャストさせながら、何事も楽しむ。そんな能力が一番求められているのだと思っています。なぜなら1SECに集う人々は、仕事も遊びも垣根なく、とにかくエンジョイしている人が多いと感じます。


目指すは、ジェネラリストのPR

現在は、ブランドのPRなどに携わっていますが、将来的には会社全体の広報などにもトライして行けたらと思っています。そのために、あらゆるセクションの業務を通して、いい意味でジェネラリストになれたらいいですね。まだまだ不慣れなところが多々あって、今はどっちに進むべきか?と混乱することもありますが(笑)、「そんな時は0ベースで考える」。それが上司から頂いたアドバイスです。基本は自分の頭をまっさらな状態にして考えて、それでもダメなら先輩に教えを請う。そんなスタイルでいつでも自発的に動いていれば、何事も受け入れてくれるのが1SECという会社です。

1SEC's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more