1
/
5

1番興味をもてる企業に出会えました!目標をもって貪欲に積極的な就職活動をしていってください!! 新入社員紹介 vol.6 N.F さん

【社員紹介】

● 営業職

● N.F さん 2020年4月入社 営業職採用

● 東洋大学 経済学部 国際経済学科


入社の決め手は何ですか?

IT業界を中心に就職活動をしていたこと、千葉県内で働きたいという思いがもともとありました。
その中でシーネットへ入社を決めた理由は、選考中にかかわっていただいた先輩社員の方がすごく
魅力的だと感じたからです。これから一緒に働く方々にお会いした時の自分の気持ちに正直に就職活動していたと思います。


選考が進むにつれ、ここで働くという実感が少しずつ増していったのを覚えています。その理由のひとつに面接で本社に伺ったときに、オフィスの紹介をしていただいたことがありました。
「ここで成長していけるかな」という不安と期待でいっぱいになったのを覚えています。それと同時に自分が実際に働く姿をイメージすることができたので、志望度が高まりました。


入社からもうすぐ1年。シーネットで過ごしてみてどうですか? 

すごく居心地のいい環境で仕事ができています。
最初はとても緊張していましたが、先輩社員の方々が接しやすく安心しました。お昼を一緒に行かせてもらうことも多いので、業務以外の話もできるような関係性を築くことができています。営業部ということもあって、皆さん親しみやすいので私もそんな先輩になれたらいいなと思っています。
営業部以外でのつながりは、開発部の方にシステム上の不明点など伺う時があります。その際、どなたにでも聞きやすい雰囲気があるのを感じています。入社当初、「営業職だとなかなか開発の方達と話す機会は少ないのかな」と思っていましたが、そうではなく業務の中でのかかわりが多いことに改めて気が付きました。
元請企業である以上、社内で連携して顧客対応していくことが大切になってくるので、部署の隔たりなくコミュニケーションがとりやすい企業でよかったと思います。今後も自分から聞きに行く姿勢を大事に業務を進めていくようにしたいです。


今の仕事内容を教えてください。

既存のお客様への更なる業務改善に向けてのご提案と新規顧客獲得に向け、先輩社員に同行しています。
現地までは会社の車や電車で、場合によっては開発の方も一緒にお客様先に向かいます。既存のお客様からは今使用されているシステムに対して改修依頼があった際、それに対する提案を行ったりします。
新規のお客様に対しては、                                   ①オンラインの打ち合わせを複数回 (システム紹介、ヒアリング等)
②現場見学 (現在はあまりいけていません…)
③概算の提出                                        などががあります。やはり新型コロナウイルスの影響もあり、なかなか直接訪問したりするのは難しい現状があります。そういった中でもウェビナーやオンラインでのお打ち合わせなど今できる手法で提案をしています。
具体的には、製品の紹介からシステムデモの紹介、既存のお客様からのヒアリングや見積資料作成等があります。


お客様と実際に接してみて、現場に行ってみて感じたことはありますか?

お客様との打ち合わせ時には、多種多様なご要望が出てきます。
その中で、「実際にどの機能を実装すれば、お客様にとって最善の提案ができるのか」を考えていくことが求められます。そのためには、勉強し続けること、相手の立場に立って物事を考える習慣をつけることが必要だと日々実感しています。


実際にシステムが稼働している現場で
「これまでよりも業務の正確性が上がった。」 「シーネットさんのシステムを入れてよかった!」
という言葉を直接聞くことができて、すごくうれしかったです。同時にこれをやりがいに頑張っていこうと思えた瞬間でした。今後は、私から提案したシステムでお客様からそのような言葉いただけるよう頑張りたいと思います。


これからシーネットの選考を受ける就活生へエールをお願いします!

私が就職活動で大切にすべきだと思うのは、「自分の目標に貪欲になる」ということです。
だからこそ、興味や関心を持てた企業には、積極的にアプローチして自分の目標だったり、叶えたいことが実現できるかを見極めることが大事だと思っています。就職活動を行う中で、たくさんの迷いと葛藤があると思います。その時感じた気持ち1つ1つを大事にして、少しずつでも前進していけば、今できる最善の決断ができると自分は考えています。頑張ってください!
シーネット's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more