This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

明日のはたらくを創るコンサルタントたちVol.5 営業数値を叩き上げること以外に興味がなかった僕が、マネージャーとして顧客やメンバーのために働くようになったわけ。 ~辻 拓也~

Mission:中途入社4年目。看護領域の人材紹介を行う事業部にて、病院・クリニックの採用支援と看護師の方の転職サポートに携わる。その後、この10月から介護領域への新規事業立ち上げにマネージャーとしてジョイン。前職での経験から培った営業マインドは、若手メンバーの刺激になっている。


――クイックに入社する前の経歴を教えて下さい。

新卒で、医療機器のディーラーに入社後、転職。

直近1年半は、クイックの競合である、看護業界の人材紹介会社に勤めていました。

人材業界に転職したのは、モノがよければ売れる有形営業ではなく、無形営業がやりたかったからです。特に、一人一人正解がないキャリアという商材を取り扱い、その対価でお金が頂けるなんて、営業をやる上で最高の評価だと思い転職を決めました。


――その中で、競合であるクイックに興味を持った理由は?

前職の同僚がクイックに先に入社をしていて、一気通貫や、チームワーク重視の風土、風通しの良い社風等を聞き、魅力を感じました。

というのも、僕、営業という仕事がすごく好きで、売上を挙げている人=かっこいいという思いが強くあったんです。前職は、仲間同士で競い合う環境はあったのですが、社内の制度が少し複雑で不透明な部分もあり、単純に営業活動に集中できませんでした。

そのため、会社の風土やビジネスモデルから、営業活動に集中して頑張れる環境がありそうだと思いました。



――入社の決め手はずばり何だったのですか?

人材紹介というビジネスに真っ向から向き合い、顧客のために働くことが、社会から評価されている会社だと思ったからです。

というのも、前職・前々職ともに営業マインドが強い会社だったこともあり、まずは成果、つまり売上数字を第一に考えることが当たり前でした。しかし、クイックの人たちは違ったんです。

なんというか、皆さんまず、顧客のためにということを大切にしていて、それを全うする事で成果を出している。また、とにかくエネルギッシュで真っすぐな人が多く、仕事を楽しんでいるな、と。純粋に、いい人ばかりで惹かれましたね。

また、僕自身前職がtoC対応のみだったので、toBも併せてできることにも面白みを感じ、入社を決めました。


――クイックに来たからこそ感じるやりがいはありましたか?

一気通貫だからこそ、ご支援できる幅が前職と比較し広がったことは、やりがいに感じました。

特に、toC対応側でいくと、前職よりも多くの求人への理解を深めることができているので、ご支援できる人が増え、実際に成約率も上がりました。

ご紹介する病院の医院長はどんな人か、働くメンバーがどんな人か等、ソフト面での情報を話した上で転職のナビゲートができるので、候補者の納得感は違いましたね。

また、toB対応においても、toCの観点で情報提供をすることにより、病院の本当に求めているものを言語化することができます。今だと、候補者に看護観のヒアリングをしているので、それを病院側に伝える等して、マッチングの精度を上げています。



――逆に、クイックだからこそ難しいと思ったことは?

チームワークが大切にされるクイックにおいて、情報共有のきめ細やかさが求められることが難しかったです。難しいというか、最初は煩わしく感じてしまった…の方が表現としては近いですね。

というのも、前職では、一度ご支援したことがある病院だと感覚が掴め、それを自分自身の中で落とし込んでさえいればよかったのですが、クイックでは自分がtoB側・toC側それぞれの立場になるので、メンバーを介して色々な情報をキャッチしなければいけなくて。それが最初はスムーズにいかず、難しいなと思いました。

でも、これがチームワークなんだな、と次第に思うようになりました。

メンバーはライバルというだけでなく、一緒に病院や求職者を幸せにするべく協力する事で、顧客のためになるサービスができるということに気づかされましたね。


――入社して成長できたと感じることはありますか?

メンバー育成におけるマネジメント力はついたと思います。

前職でもマネジメントはしておりましたが、多くの社員がお金を稼ぎたいというベクトルで仕事をしていたので、どちらかというと売り上げを挙げるための進捗マネジメントがメインでした。

ただ、クイックは人材ビジネスを通じて成長したいという社員が多く、進捗以外の面で、仕事の考え方や向き合い方を伝えていくのが初めは苦労しました。

ここまで話を聞いてもうお分かりかもですが、ぶっちゃけ、僕って自分さえよければそれでいいタイプだったんです(笑)自分が売上を上げることが何より大事で、それ以外のことはあまり興味がありませんでした。

そんな中、クイックでもマネジメントを経験させてもらい、上記の点から手探りではありますが自分自身後輩と向き合うようになり、気づいたら後輩の成長が単純に嬉しいと思うようになりました。

あいつら、辻さんのおかげですとか毎回言ってくれるんで、なんかキャラじゃないんですが、ほんとよかったなって思うんですよね。

そして、会社の評価体制自体も、個人の売り上げだけじゃなく、チームワークが前提の組織だからこそメンバーの成長の手助けを評価してもらえるので、結果主義の僕からしても納得感がありました。



――今後の目標や実現したいことはありますか?

この10月から新規事業にチャレンジさせて頂くことになったので、売上で引き続きチームを牽引する事と、その先にはマネージャーから部長へ昇格したいです。

というのも、紹介ビジネスを2社経験しているからこそ、クイックのサービスのレベルの高さを強く感じていて、クイックが業界一位になるべきだとシンプルに思うんです。

だからこそ、このサービスを広げるべく、自分自身も会社も紹介事業でトップにしていくことが今の僕の野望ですね!

株式会社クイック's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more