1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

1才の娘を持つ母、Mimさんを取材!子育てと仕事の両立についてお尋ねしました

バングラデシュ拠点をその笑い声でいつも明るくしてくれるテスター、そして1児の母であるMimさんにインタビューをさせていただきました!

みなさん、初めまして。

Monstar Lab バングラデシュ拠点でテスターとして働いているFarzana Sharmin(Mim)と言います。

Monstar Labで働き始めて、早3年が経ちました。また先日私の娘がなんと1歳を迎えました。

今回の記事では、子育てと仕事の両立について書かせていただきます。

気になる1日のスケジュール

私の1日は、朝早くに起きて朝食を用意することから始まります。娘にご飯を食べさせた後、身支度を済ませ、職場に向かいます。

職場に向かう時、ワクワクした気持ちもありますが、同時に娘のそばにもっといたいという気持ちにも駆られます。毎日、娘と離れ家を出るときは辛いです。

後ろ髪を引かれながらも職場につくと、私の忙しい1日がたちまちスタートします。私にとって、仕事で忙しい時間、チームのメンバーと話す時間はリフレッシュになります。

私のチームメンバーや同僚は本当に協力的でフレンドリーなんです!一緒に働いたり、仕事の中で新しいことを学んだり、問題を解決したりすることなど本当に仕事が楽しくやりがいを感じています。

お昼には、同僚と日々の生活や最近の出来事について話しながらお昼ご飯を食べます。

仕事を終え家に帰る時、疲れを感じます。しかし、家に帰って娘を一目見ると疲れなんて吹き飛びます。元気になれるし幸せだなと思います。家で少し娘と遊んだ後、家族みんなで晩御飯を食べ、寝る準備をします。

いつも仕事が終わった後の時間は最大限、娘との時間に使っています。

QAエンジニア(品質保証をするエンジニア)の仕事って?

私はQAエンジニアとしてソフトウェアの品質をチェックし保証しています。

手順としては、まずプロジェクトに入り、事前定義された一連のテストケースに従って、ソフトウェアのテストを手動で実行します。そこで見つけたバグをチームのメンバーに報告し、修正されると再チェックを行います。手動のテストに加えて、自動化テストのためのスクリプトも作成します。

私にとってこの仕事は面白いだけでなく、製品の品質に責任を持つという部分でとてもやりがいがあります。

どのように子育てしてるの?

私が仕事をしている間は、旦那の母とベビーシッターが娘のお世話をしてくれています。本当に助かっています。

仕事が終わって家に帰ってからは私と旦那が娘の世話をします。私の夫もかなり子育てに協力的です。

大体、娘は夜遅くまで起きているので私達も夜遅くまで世話をしないといけません。

その中でもラッキーだなと思うことは、夫と私の休みの日が違うことです。

夫は金曜と土曜が休み(バングラデシュでは一般的)、Monstar Labは日本に合わせて土曜と日曜が休みです。なので、週の3日は私達がお世話することができます。このような形で子育てしていますが、家族の協力もあり、娘はすくすくと育っています。

子育てと仕事の両立が難しいと感じるときは?

1.娘の体調が優れない時

2.夜遅くまで起きていなければならず、朝早くに起きなければならない時

3.旦那の母の体調が悪かったり、ベビーシッターがお休みだったりする時

例えば何日か前に、私の娘の体調が大変悪いことがありました。その時私は急いで娘を病院に連れていきました。しかし不運なことに、丁度同じ日に重要なクライアントとのスカイプミーティングがありました。そのため病院に行く間、娘を膝の上に置いてミーティングを行わなければなりませんでした。

Monstar Lab バングラデシュ拠点は子を持つ親にとってよい?もしそうならなぜ?

よいです!

なぜならとてもフレンドリーだからです。

まず、4か月の有給休暇を取ることができました。そして何より妊娠初期から、上司、テスターチームのメンバー、同僚から多大のサポートを受けています。今でも、緊急なことがあれば柔軟に対応してくれる職場環境でサポートを受け続けています。

終わりにMonstar Lab バングラデシュ拠点が働く母親のために改善できる点があれば教えて下さい。

はい、働く母親のために託児所があればもっと良いと思います。

本日は貴重なご意見と時間を取っていただき、ありがとうございました!

バングラデシュの総人口の内、男女比は50.6% : 49.4%とほとんど1:1ですが、仕事をしている人の割合は7:3と、”女性は家庭にいる”という考えが未だ根付いているように思います。

Monstar Labバングラデシュ拠点も約60人の社員の内、7人が女性とまだまだ女性の社員は少ないのが現状です。しかし弊社の中で”女性だから”という理由で何かが不利になることは一切ありません。男女平等に意見を言える場があり、みんなが積極的に意見を出し、議論しあっていく環境です。

バングラデシュ拠点では、一緒に働く仲間を募集しています。

アシスタントディレクター
英語を使ってIT業界で働きたい、ディレクター・PM候補を大募集!
Mission :「バングラデシュを代表するIT企業になる」 バングラデシュという国をご存知でしょうか。 「世界最貧国」というワードも今は昔。現在は年率約8%の経済成長(GDP)を遂げている「新・新興国」です。 衣料品・縫製品産業が主要産業で、日系のアパレル企業の工場や現地の工場と日本を繋ぐ役割として繊維商社の多くが進出しております。 日本の約4割(北海道と東北の一部)の国土の中に、日本の1.4倍の1億6000万人が住んでおり、弊社オフィスがある首都ダッカは世界一の人口密度と言われております。 そんなバングラデシュのダッカにある弊社は、青年海外協力隊でこの地を長らく支援していた日本人拠点長の中山を中心に、2015年に設立されました。 新しい産業を確立し、成長に貢献するという代表の想いと、「バングラデシュを代表するIT企業になる」というミッションに向けて、2019年7月に4周年を迎えました。 現在は約60人体制で、アプリ開発、WEBシステム開発などを中心に、エンジニアの高い技術力と英語力を強みとして、 日本国内だけでなく、ヨーロッパ、アメリカなど世界各国のプロジェクトにも取り組んでいます。
Monstar Lab Bangladesh

平等な立場で意見を出し合い、クオリティの高いアプリを生み出す。そしてバングラデシュのIT産業発展に貢献しませんか?

Monstar Lab Bangladesh's job postings

Weekly ranking

Show other rankings