Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

個人の信頼を蓄積するフリーランス向けの経歴書『MYPEDIA』は正式ローンチに向けて開発をしています。
挑戦者応援メディア『TACHIAGE』は経営者コミュニティを定期的に開催して運営しています。
◆事業について SEASIDEはフリーランス向けアプリ『MYPEDIA』を中心に現在3つの事業に力を入れています。 1つ目は、個人の信頼を蓄積するフリーランス向けの経歴書『MYPEDIA』です。 フリーランスの方々の社歴だけでなく、個人のスキルも表示することができ、そのスキルに対して、さらに認証することでそのスキルに対する信頼を生みだそうとしています。この『MYPEDIA』を通して、フリーランスの方々が「どんな社歴、経験なのか」ではなく、「どんなことができるのか」という基準でフェアに評価される社会を私たちは創ります。 2つ目のTACHIAGEは、挑戦している人を応援するメディアとして、インタビューを通してその人の想い、人間性などの魅力を世の中に発信して応援をさせていただいています。これから挑戦しようとしている人にも記事を読んでもらい、これからの挑戦を応援しています。 3つ目のエグゼバンクは、経営者の悩みを解決する「プロフェッショナル人材を活用した経営支援サービス」です。経営に関わる全ての悩み、課題を解決していきます。現在、創業まもないスタートアップ企業から上場企業様までご活用いただいており、業界は多岐に渡り、メーカー、IT、広告、建設といった企業様にも導入頂いています。 私たちは事業を通して「個が自由に生き方をデザインできる世の中」を目指していきます。

Why we do

Tachiage Media Team
CEO /Yasuyuki Nagahori
◆私たちのMISSION 個が自由に生き方をデザインできる世の中を目指します。 現代の日本社会での挑戦のしにくさや、環境などの理由からやりたくてもできないことが多くあると感じます。それが自由に選択できることこそが、生き方をデザインすることだと思っています。そんな人を世の中で増やしていきたい。 ◆私たちのVSION 信用の基準を変えフェアに評価される社会を創る。 昨今では働き方改革が話題になっていたり、副業や独立するためのサービスが日々多くなってきています。ただそれを可能とするための環境=インフラはまだまだ整っていないのが現状だと思っています。とりわけフリーランスの世界ではそのような課題が山積みになっています。そこで私たちは従来の信用の基準をより良くしていき、フェアに評価される社会を創る必要性があると考えました。 ◆代表の想い 私が今まで世界一周やベンチャー企業の事業立ち上げをしてきた中で、強く感じたことがあります。それは、”人生の幸せ”は、「いつ、誰と、何をして、どんな思い出、ドラマを共有したのかに比例する」ということです。 その一方で、”日本社会での挑戦のしにくさ”も感じました。例えば土日が終わり、月曜日になったら、また気持ちがブルーになってしまうという人もたくさんいると聞きます。私たちは「たった一度のそれぞれの人生を、ワクワクしながら挑戦できる環境にしたい」と本気で思っています。そのため会社を創業したり、フリーランスで独立している挑戦者とワクワクするサービスを協創できるビジネスインフラを創ります。 「日本で挑戦する人を応援する」インフラを創りたいと思っていただける方、SEASIDEの想いに共感いただける方、是非一緒にSEASIDEを大きくしていきましょう。 株式会社SEASIDE 代表取締役CEO 長堀 泰幸

How we do

青山オフィスのフリースペース
青山オフィス
◆私たちが大切にしている7つのVALUE 何か判断、決断する際に迷ったり、どうすれば良いのか分からなくなったりした時に立ち返るための私たちが大切にしている価値観です。 ◼️ユーザーが本当に望むものを ユーザーが本当に望むものを理解し、誠実に答え続けることを徹底的にこだわる。できることを考えることが大切なのも分かる。ただ、それ以上にユーザーの想いに寄り添うことが大切である。 ◼️すべての物事に対して誠実であろう 誠実な1の行動や発言は、心にもない10のそれに勝る。それだけ誠実な行動や発言には影響力があり、人からの信頼や感謝に繋がると考えている。また、物事だけでなく自分に対しても誠実に。 ◼️自由主義でいこう 自由とは、自分で意志をもって選択するということである。環境や思考を自由にすることで、一人一人のパフォーマンスを最大化していく。また自由とは、責任を伴うものでもある。そして全員がプロフェッショナルに。 ◼️1+1を3にする 協力することで、個の力は無限に広がる可能性がある。なにか迷った時には助けを求めることが大切。我々は個の集まりではなく、大きな目的を共有できる仲間と、互いに協力し合う組織である。そこには価値観、宗教、人種、性別の違いは関係ない。 ◼️信念を持って異議をとなえる 選択をするためには、それを理解することが必要である。もし選択のために不鮮明なものがあれば、信念と勇気をもち発言すること。その上で決定がなされたら、全面的にコミットして取り組む。 ◼️シンプルに、大胆に 無駄なことは考えずにシンプルに思考すること。そして大胆な挑戦をする。 失敗とは成長への近道だと考えている。挑戦した結果の失敗は、大いに賞賛されものであり、成長に欠かせないものである。 ◼️スピードは一番の付加価値 経営に関わるすべてのことにおいて最速を目指し、一切の無駄を無くしていく。それこそが我々の付加価値であり、文化である。