1
/
5

【イベントレポ】メイクアップラインリリース担当者に直撃インタビュー!

8月10日に発売されたメイクアップライン。

社内のみんなにより深くメイクアップラインを知って欲しいという思いから、8月25日に社内イベントとして、「メイクアップラインリリース記念!立役者の皆さんに裏側を直撃インタビュー!」を開催しました!

Human Capital Management BUの金成さんが司会進行を務め、プロジェクトマネジメントを担当した塚原さんを中心に、主要メンバー4名に登場いただいた本イベントの模様を一部レポートします♪

参加いただいたメンバーは下記のみなさんです!

Product Development Division:西村さん
Brand Creative Division:吉原さん、ヤナさん
Business Planning Division:塚原さん

メイクが初めての男性でも使いやすいアイテムを

Q.容器選定のこだわりは?

製品開発を担当した西村さん

男女関わらずメイクしたことがない人が、使い方が分からなかったり使い方が難しいと感じるのは当たり前なので、メイク初心者が使用しているシーンを想像しながらユーザビリティを高める設計をしました。

例えば、THE CORECTOR(コンシーラ)は、指でなじませたりぼかしたりする仕様だと汚れた指で衣服やスマホなどを触ってしまう可能性があるので、指を汚さず使えるように容器の逆側に専用スポンジをつけています。

THE SHIELD(フィックスミスト)は、パウダーと化粧水の二層式なので、使用前はしっかり振って使うことがマストなのですが、振る際にしっかり中身が攪拌され、且つ「音がすると振って使うものなんだなと分かる」ようにステンレスボールを入れ、カチャカチャ音がするようにしている、などといった工夫があります。

製品開発担当に開発の舞台裏を訊いたインタビューはこちら

メイクアップラインは”いとこ関係!?”デザイン戦略

Q.デザイン部分でのこだわりポイントを教えてください。

デザイン全般を担当した吉原さん

メイクはスキンケアなどに比べてユーザーの利用ハードルが高いのでは?と考え、BULK HOMMEのアイデンティティを踏襲しながらも、これまでのラインナップと水平展開するものではないなという感覚でした。例えるなら、ヘアケアとフェイスケアが兄弟だとすると、メイクアップラインは”いとこ”くらいの立ち位置で、距離感を保ちつつ、BULK HOMME一族であることが分かるようにしています。

メイクというハードルの高さを払拭するために、メンズらしい、ダイナミックなグラフィックを表現しました。

お客様へいいサイト体験を届ける挑戦!

Q.デジタル上でのデザイン制作はいかがでしたか?

WEBデザインを担当したヤナさん

今回のプロジェクトは全く新しい経験で、私にとってチャレンジとなりました。シンプル、でもカッコよさを出すサイトデザインはもちろん、サイト上でのUI/UXもあわせてつくりました。「COLOR FINDER」(※)上での色探しは、ユーザーにとって、分かりやすくて使いやすいことを目指しました。購入いただく最後のところまでを考え、いいサイト体験になるようにしました!

自分にあう色を探すのが難しいのでは?と考え、提案後に近い色をお客様自身で選べるなど、プラスアルファの選択肢を提示し、いかに選びやすくするか?を表現しました。

「COLOR FINDER」
簡単な質問と写真のアップロードで、お客様にあった色を提案するリコメンド機能。
コメント中に「ヤナさんまじで頑張ってた!」「ヤナさん対応が早い!」とプロジェクトメンバーや代表野口から絶賛の言葉が送られていました。

入社してたった3週間でリーダーに大抜擢!

Q.プロジェクトマネジメント担当着任、ぶっちゃけどうでしたか?

プロジェクトマネジメントの塚原さん

製品の内容については別軸で固まっている段階から責任者になったのでキャッチアップ自体もあり…社員の皆さんに色々伺いながら進めました。入社したばかりで皆さんのキャラクターも分からず、僕自身メイク未経験で、つまづくところは多く、最初は正直キツかったです。

価格設定から、中長期・直近1年での目標設定やリリーススケジュール、施策の戦略…数えたらキリがないですが、メイクの事業にまつわるものについて、代表やメンバーの皆さんと1から決めてきました。やるからには、トップシェア、メンズメイクと言えばBULK HOMMEという状態を目指したいので、そこに辿り着くまで責任を持ってやり遂げたいなと思っています。

その他にも、こちらの記事では紹介できない”本当にあった怖い話(業務編)”や”ぶっちゃけ質疑タイム”など話は盛り上がり、気付けば世間話もしつつ社内の交流が深まる時間となりました。

バルクオムでは、今後も社内イベントを開催し、他部署や社内で進行しているプロジェクトについて社員間の理解を深める取り組みを進めていきます!また、今後も、社内イベントの模様をレポートしていきます。お楽しみに!

株式会社バルクオム's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings