1
/
5

【LULL's Voice #10】就活で諦めなかったからこそ今がある。クライアントを満足させられるようなWEBデザイナーを目指す、21卒入社社員。

どうも、LULL広報部の見澤です!

今回は21新卒として入社をした羽生萌菜さんにインタビューをしました!
就活当時の苦労やLULLを選んだ理由、今後のなりたい姿などをお話いただきました。

【Profile】
羽生 萌菜(Moena Hanyuu)
1998年生まれ
Q. 趣味は?→ A.アニメ・Youtube鑑賞
Q. 座右の銘は?→ A.行動しなければはじまらない
Q. 自分を一言で表すと?→ A. 負けず嫌い

➥社会人として4ヶ月が経とうとしていますが、今振り返ってみるとどんな就活生でしたか?

デザイン系の仕事に携わることを諦めない就活生だったと思います。
私は文系よりも理系が得意だったので、大学では理系を専攻しデザイン学科でプロダクトデザイン・グラフィックデザインなどを学んでいました。そこから商品のパッケージデザインやグラフィックデザインにのめり込み、デザイン系の企業に就職したいと考え就活を始めました。

ただ、デザイン系企業への就活は美大・芸大が有利だったため選考を勝ち抜くことが難しかったんです。何かの受賞歴があるか、プロジェクトを立ち上げたことがあるか、デザインの仕事を受注したことがあるかなど、当たり前ではありますがスキルが高い方を採用する傾向にありました。
少しでも就活を有利にできればと思いプログラミングを始めたり、公式のコンペティションに応募して受賞するなどしてアピール材料を増やしていましたが、箸にも棒にもかからない企業が殆どでした。

しかし、プログラミングを学ぶにつれて “WEBデザイナー” という新たな選択肢が自分の中で生まれます。WEB上でもかっこいいデザインや綺麗なサイトを手掛けることができるし、何より好きなアニメや映画のサイトなどを手掛けてクレジットに載ったらかっこいいなと考え、そこからWEB系の企業を受けるようになりました。

そんな中、見つけたのがLULL。デザイン系では異例な未経験採用をしていたことが衝撃的でした。会社説明会に参加をして運営の方々が他の企業と比べてもラフな感じでしたし、明るさが目立っていましたし、何よりとても気さくに話しかけてくださったりと楽しそうな会社だな~と感じたのが第一印象です。


➥そこから選考に進み、ファーストキャリアをLULLに決めた理由は何でしたか?

「LULLはとことん自己実現のために誠実である」ということが一番の決め手ですね。採用担当の方がこう仰っていました。

自己実現のためであれば、LULLを過程として使ってもらっても構いません。たとえ起業をしたりフリーランスとなったとしても、関係性を続けていければ両者win-winになりますし、ゴールはLULLになくてもそれが自己実現であるならば応援します。それこそがLULLの理念である「人を創り、価値を創る」の達成になります。
決して帰属意識がいらないということではなく、あくまでも個人の成長を大切にしているからこそ成長意欲の高い未経験人材でも積極的に採用をし、活躍の舞台を創りあげています。


ゆくゆくはフリーランスになりたいと考えていた私にとって目からうろこの言葉でしたし、なぜLULLが未経験採用を行っているか本当の意味を知ることができた言葉でした。
LULLは面接・面談を通して、個人の目標や願望を親身になって聞いてくださったので、本当に人を見てくれている企業なんだと思いました。ベンチャー企業という不安は勿論ありましたが、成長と人という面で自分が安心して働くことができると思い、LULLに入社することを決めました。

➥実際に働いてみていかがでしょうか?

実務の大変さを身に染みて感じています。独学でプログラミングを学んでいたり、LULLの内定者インターンでWEBカリキュラムを受講していたのですが、やはりカリキュラムと実務は全く別物なんだと気付かされました。
また、クライアントワークなので、常に依頼と締切が隣り合わせなのも大変な部分です。最初は「え、先輩はこのタスクをこの期間でやってるの!?」と驚くこともしばしば。改めてこの業界の厳しさを感じましたし、頭では理解していたことがいざ実務になると、身についていなかったことが浮き彫りになって打ちのめされることもありました。上司をはじめ、多くの方がサポートしてくださっていることもあり、今は少しずつ自分のできることが増えてきています!

入社してまだ4ヶ月程ですが、入社当初の自分と比べて二枚も三枚も皮が剥けたWEBデザイナーになっていると現在進行形で感じることができています!


➥羽生さんから見て、LULLのWEBデザイナーはどんな人が多いと思いますか?

成長意欲がすごいです!常にアンテナを広げてインプット・アウトプットをしていますし、自分のスキルを磨くためにプライベートの時間でも自己学習をしている方が多い気がします。好奇心だったり習慣に近い感覚で自己学習に励んでいるので、インプット量が凄まじいですね。
また、インプットしたことを実務に落とし込む応用力が高かったりと日々驚かされてばかりです!自分も頑張らなくちゃ!と、やる気を焚きつかせてくれています!


➥羽生さんの今の目標やなりたい姿を教えてください!

まずは自分自身のスキルとスケジュールを加味した逆算ができるようになりたいです。
「この制作依頼ならこれくらいの時間がかかるだろう」といった目安がまだ確立していないので、スケジュール通りに進むこともあれば、締切ギリギリに帳尻を合わせにいくこともあるのが今の課題です。

1日でも早く自分のスタイルを確立して一人前になることと、ディレクターの方から営業スキルであったり、先輩デザイナーからスキルを吸収して圧倒的なスキルでクライアントを満足させられるようなWEBデザイナーになりたいと思います!

株式会社LULL's job postings
37 Likes
37 Likes

Weekly ranking

Show other rankings