1
/
5

「お客様と営業を繋ぐ大切な仕事です!」 インサイドセールス 吉田喜子 【KitchenBASE メンバーインタビュー】

KitchenBASEは「新たな常識に挑戦する」を合言葉にして、デリバリー専門のデリバリーキッチンとして誕生しました。入居するテナントオーナーにスペースと設備を提供するだけでなく、想いの詰まった料理をお届けするための販売サポートやコミュニティづくりまで行っています!


【KitchenBASE メンバーインタビュー】
「お客様と営業を繋ぐ大切な仕事です!」 インサイドセールス 吉田喜子

次々に新店舗を構えながら、テナントの売り上げ向上にも貢献し続けるKitchenBASE。そんな国内最大級の実績の秘密を探っていくメンバーのインタビュー企画。今回は、インサイドセールスとして活躍されている吉田さんに、KitchenBASEの魅力について伺ってきました!

■ KitchenBASEにジョインしたきっかけ、今のポジションについた理由は?

前職の同僚が先にKitchenBASEで働いており、インサイドセールスのポジションとして紹介を受けました。初めてサービスの内容を聞いたときに、「面白そう」とワクワクしたのを覚えています。人々の挑戦や夢の実現をサポートでき、自分の成長にも繋がると思いジョインさせていただきました。

飲食に関わる仕事は初めてだったので不安もありましたが、自身がフードデリバリーサービスのヘビーユーザーで業界に興味があったこと、新しいフィールドにチャレンジしたいと思っていたことが参画の決め手になりました。前職では外資や日系企業に務め、営業職や事務職など幅広い業務に関わることが多かったのですが、営業スキルに加えて全ての経験が今の仕事に役立っています。

インサイドセールスのチームが大きくなってきたタイミングで、メンバーをサポートするリードという役割を担う形になりました。

今は一緒に働く人たちがエネルギーに満ち溢れた状態でサービスを広められるように貢献しています。

■インサイドセールスの仕事内容とやりがいとは?

インサイドセールスは営業のポジションであるアカウントエグゼクティブの商談の機会を創る役割を担っています。具体的な業務は、メール・電話・SNSによる非対面での新規顧客開拓が中心となります。現在は女性4名のチームです。基本的にリモートワークで業務を行いながら、日々のコミュニケーションを通じてサポートし合っています。サービスに自信が持てるので、お伝えすること自体がやりがいとなります。業務の一部はアウトソーシングしているので外部スタッフの教育も担当していますが、今後は社内のメンバーを増やしてより統一した質や熱量で取り組んでいきたいと思っています。

営業活動の起点となる商談の場づくりを行っていますので、他のポジションと協働することも重要です。ただ商談のアポイントメントを取るだけではなく、フードデリバリーやキッチンベースで出店していただくことのメリットがご理解いただけるよう工夫しています。お客様の現状や要望のヒアリングを行い、アカウントエグゼクティブにお繋ぎする大切なポジションなんです。引き継いだあとも満足していただけているか把握するようにしています。

アポイントの時点で実際のテナント様のサクセスストーリーをお伝えできるように、現場のスタッフとも頻繁に情報を共有しています。

自分がアポイントして繋がったお客様が入居したと聞くと、嬉しいですしやりがいを感じますね。



猫が好きです♪

■吉田さんの働く上でのポリシーは何ですか?

ポリシーは何事も楽しむことです。仕事でもプライベートも全てが学びと思っています。物事を決めることも、何かを改善することも楽しむようにしています。常に前向きな気持ちで取り組んでいますね。お客様に対してもよりいい情報を提供したい、可能な限りの選択肢を伝えたいという気持ちで接しています。KichenBASEをご利用いただくメリットをどうしたらお客様にわかりやすくお伝えできるか?を楽しみながら考えています。

■仕事で辛いことや工夫していることはありますか?

”アポをとる”と聞くと「辛いノルマ」を想像する方もいらっしゃるかもしれませんが、私たちはターゲットや目標を定めながらも数をこなすことを最優先にはしていません。お客様にどんな需要があるのかを把握して共感できるまで、時間をかけて対応するようにしています。お相手の価値観を理解することが大切だと思っています。

商談の設定方法はインバウンドといってWebサイト等からお問い合わせ頂いたお客様へコンタクトをとる形と、アウトバウンドというリストをもとに企業や独立系飲食店様へコンタクトをとる方法があります。いずれにしても電話での対応が中心なのでお相手の様子が分かりづらく、大変に思うこともあります。声だけのコミュニケーションなので、些細なサインをよみとって対応します。

そして、アウトバウンドの場合は特に、興味を持っていただくまでにガッツが必要なこともあります。お相手に応じて興味を持ってもらえる話し方や心に響く言葉を工夫しています。メンバーと日々相談し合いながら、デリバリーのメリット、デリバリーがどれだけ売り上げを作る可能性があるフィールドなのか、デリバリーと実店舗の違い、などを中心にお客様へお伝えするようにしています。日頃から常にアンテナを張りながら、面白そうなお店やデリバリーに適しているお店を探していますね。

前職のアシスタント業務の経験から臨機応変に対応することには慣れていましたし、営業経験がとても活かされています!KitchenBASEはメンバー各自の考えを尊重してくれるのでより一層自分で工夫して動けていますよ


インサイドセールスのとある1日(在宅勤務時)

9:30 Zoom朝礼(アカウントエグゼクティブも参加)

10:00 インバウンドの対応(お問い合わせくださったお客様への電話)

12:00 お昼休憩(その日の状況によって休憩時間を調整)

13:00 アウトバウンドリストの精査

14:00 アウトバウンド電話開始、お客様対応

18:00 事務処理(1日のまとめ)

19:00 業務終了

※インバウンドはお客様から問い合わせがある際に対応
自分で時間を調整しながら、主体的に働くことができます。
自律性のある方には最適の環境です。





今後の展望を教えてください!

「美味しいものを食べるために、レストランなどに出向いて外食する」というのが今までのスタンダードだったと思います。しかしライフスタイルが多様化している昨今では、デリバリーがより多くの人にとって身近になりました。飲食店オーナー様にもデリバリーを注文するお客様にも新しい選択肢を提供し、人生を少しでも豊かにするお手伝いをしていきたいと思っています。

例えば、飲食店で働く人たちが新しい働き方を実現できる。共働き夫婦が、疲れて料理をしたくない日に手軽にご馳走を頼める。小さなお子さんがいるご家庭が、周りの目を気にせず大好きなレストランの料理を楽しめる。そんなことができるようになるのって素敵じゃないですか?

■ KitchenBASEに興味があるあなたへ、魅力をお伝えします!

今後デリバリー市場はもっと拡大していくと思います!KitchenBASEは単に場所を貸すだけではありません。テナントさんが成功できるように親身になってサポートをするスタッフがおり、他にはない価値提供ができます。そして、ノウハウを培いながら、スキルもサービス内容も次々に進化しています!

デリバリーで成功したい、自分の自慢の料理を多くの人に届けたいという飲食店オーナー。独立開業にチャレンジしたいシェフ。そして飲食に関わる多くの人々の挑戦や夢の実現に貢献することができます。是非安心して取り組んでみてください。

メンバーに関しても、主体的に仕事をしたい方には特に働きやすい職場です。一員として認められながら、提案したことを積極的に実行できる環境があります。私たちがしっかりサポートしますので、是非一緒に成果を出していきませんか?!


▶︎ デリバリーキッチン「KitchenBASE(キッチンベース)」とは?

デリバリーキッチンとは、オンラインで注文を受けるデリバリー専用のキッチンです。KitchenBASEでは1つの空間を区画で分けて複数の店舗でキッチンをシェアするため、デリバリーキッチンと呼んでいます。

KitchenBASEでは飲食店開業のハードルをグッと下げ、デリバリーという分野からテナントオーナーの挑戦を手助けするサービスを提供しています。

テナントオーナーが同じキッチンのメンバーともコミュニケーションをとりながら、より良い環境で楽しく自分の料理づくりに打ち込めるようにサポートしていきます。

飲食業に興味がある方はぜひ一度お問い合わせください!

【お問い合わせはこちら】

【Webサイトはこちら】

▶︎ KitchenBASEを一緒に運営しませんか??

KitchenBASEの運営会社である株式会社SENTOENでは、一緒に働く仲間を募集しています!風通しの良い社内環境の中で、経験豊富なメンバー全員で組織づくりをしています。少しでも関心を持っていただけたら、ぜひお気軽にご応募ください!!

【募集内容はこちら】

株式会社SENTOEN's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more