1
/
5

1人目バックオフィス社員に聞いた。急成長スタートアップのバックオフィス部門立ち上げの裏側

急成長するヘルスベイシスに1人目のバックオフィスとして創業期から参画し、「請求・法務・採用・インサイドセールス・営業」までマルチにこなしてきた谷津さん。

今回はスタートアップのバックオフィスを立ち上げるまでのストーリーについて、ヘルスベイシス採用担当の勝又がインタビューを行いました!

スタートアップのバックオフィスに興味がある方はぜひご覧ください!

経歴

谷津さんの経歴

前職では不動産業や建築業界に携わり、マンスリーマンションの事務・営業や、新築注文住宅のCADオペレーター業務を担当。その後は株式会社ヘルスベイシスに入社し、バックオフィス部門の立ち上げから参画。

インタビュアー勝又の経歴

新卒でヘルスベイシスに入社。当初は大手IT企業に常駐エンジニアとして従事。その後ヘルスベイシス本社に戻り、バックオフィス業務を経て現在は人事採用/自社プロダクトのカスタマーサクセス部門立ち上げを担当。

ゼロから始まったバックオフィスの立ち上げ


勝又:まだまだ発展途上のヘルスベイシスですが、設立当初のバックオフィス部門立ち上げの背景と経緯を教えてください。

谷津:設立当初は、代表や営業自らがバックオフィスも兼務しながら業務を行っている状況でした。

なかには専門性の高い内容があったりして、作業時間の負担が大きくなるばかりで…。そこで、急成長していく組織を支えるためにバックオフィスを専任で立ち上げることになりました。

勝又:代表や営業もバックオフィス業務をやっていたんですね…驚きです!現在もそれぞれの業務は多岐に渡りますが...正直想像できないです(笑)。


「事業全体を理解すること」からスタート

勝又:未経験の領域もあったかと思いますが、特に苦労したことはありますか?

谷津:不動産畑だったので、IT会社でのバックオフィス業務は正直初めてのことばかりでした(笑)。ナレッジも多くない状態だったので、まずは事業全体を理解することから始めました。

実際に営業と同じようにアポイントを取り、情報交換といった営業周りを担当しながら、並行して業務の全体像を理解するのは苦労しましたね。

勝又:なるほど。私もバックオフィス業務をしていたときは、事業全体や業界の流れを理解するところから始めました。

当初はバックオフィスに加えて営業活動も行っていたとは...まさにオールラウンドプレイヤーですね。


課題はバックオフィスの効率化

勝又:草創期のバックオフィス部門としての課題にはどんなものがありましたか?

谷津:これは現在にも言えますが、売上を上げない部署だからこそ効率化の課題があると考えます。

実際にやってみると、作業をするだけで1日のほとんどが終わるので、一向に効率化が進みません。コロナ禍で浸透しているペーパレス化も、当初は契約締結や請求書発行などを紙ベースで行うことが多かったです。

より多くの業務に対応するために、効率化の課題はまだまだ改善途中にあると思います。

勝又:そうですね、私もバックオフィスの効率化は永遠の課題だと思っています。バックオフィス部門もDX化を推進している真っ最中ですし、今後も改善に取り組んでいきたいですね。


会社全体を支えるバックオフィスならではの気づき


勝又:バックオフィスポジションにはどんな魅力があると思いますか?

谷津:バックオフィスだからこその気づきがたくさんあることですね。スタートアップ企業のバックオフィスは業務の幅が広いですし、事業の成長を直に感じられるので、その点はおもしろいと思います。

勝又:ありがとうございます。では、最後にバックオフィスポジションに興味がある人に向けて、メッセージをお願いします。

谷津:お客さまと直接関わる営業のように最前線で力を振るう部署だけが企業を支えているわけではなく、後方支援に徹するバックオフィスがあるからこそ、企業経営は円滑に進むと考えています。

請求書の発行や契約書の作成、備品の管理などのサポート部隊がなくなると、他の社員は本来の仕事に集中できなくなるはずです。結果として、売上面で大きなダメージを受けるかもしれません。

売り上げに直結する業務に大きく影響するポジションだからこそ当事者意識が必要ですし、ヘルスベイシスの企業拡大のためには、そういった意識の方と一緒にお仕事ができるとうれしいです。

株式会社ヘルスベイシス's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings