1
/
5

【IA People #12】限界を決めず挑戦し続ける楽しさ

みなさんこんにちは!人事の藤田です!

インフィニティエージェントで働くメンバーのインタビューをお届けしていきます!

今回は、新卒3期生としていち早くインターンに参加し、貢献してくれていた佐竹さん。社内では徹底して先輩社員に尽くす姿にとても真面目で意思の強さを感じます。Web解析士の資格も早くから取得し、勉強熱心な方です。

もともと大手志望だったという佐竹さんがインフィニティエージェントへの入社を決めたワケとは…?

ー佐竹さんの学生時代はどんな学生でしたか?またインフィニティエージェントに入社を決めた理由を教えてください。

佐竹 学生時代は好奇心旺盛で本当に色々なことをしていました。1年間韓国の大学に交換留学生として渡り、現地の冷麺屋にて週4回でアルバイトをしてみたり、日本ではアルバイトを塾講師・カフェ・パスタ屋さん・試食販売員などもやっていました。放課後はゲームセンターにあるアーケードゲームを猛特訓したこともありました。今思うと本当に多趣味で色々していたなと思います(笑)

入社を決めた理由は、直観です。私はもともと大手志向で、ずっと大手企業しか見ていませんでした。ですが大手企業の場合、約1年~2年は研修や店舗営業活動をしていくと言われ、正直人生にもっとスピード感欲しいなと思っていました。そこからベンチャー企業をみるようになり、IAと出会いました。IAの社員皆が口を揃えて言うと思いますが、社長含めて社員全員とても仲が良く、利他の精神にあふれているところに惹かれました。

仲良しこよしということではなく、皆が同じベクトルを向いていて、1つのチームになっていたのが素敵でした。自分が日々チャレンジし、挫折を繰り返しながらも成功に向かって突っ走る未来が浮かんできて、なんとなく他の企業とは違うなと直感で感じたんですよね。

まだマイナビ解禁前の大学3年生の2月6日に内定承諾をし、2月後半からインターンを始めたのですが、始めたての頃も今も、毎日が本当に楽しくて、就職してよかった、間違いなかったなと強く感じています。

ー入社してからどんなことが大変でしたか?またやりがいを感じたことや良かったことを教えてください。

佐竹 入社して大変だったことはたくさんありますが、結局楽しさが勝つので特に思い出せません(笑)

やりがいを感じたことに関してもたくさんあります。私がプランナーとして担当している企業さんからお褒めの言葉や信頼の言葉をいただいた時や直近だと、弊社が広告運用を担当している案件とはまた違う、他代理店運用の別案件を「佐竹さんに担当お願いできないか」と言われた時ですね。

まだまだ失敗や反省することが多い分、そういう時は本当に嬉しいです。

ー今後どのようなことにチャレンジしていきたいですか?ご自身のキャリアプランなど教えてください。

佐竹 マーケティングや広告運用に関する全般知識・考え方をもっともっと身に着けて、何かしらの面で会社の誰よりも特化している分野をつくり、プロフェッショナルになりたいです。思考は現実化すると信じています。

ー佐竹さんはインフィニティエージェントをどんな会社にしていきたいですか?

佐竹 上場に向けて、今後はより一層会社が動くと思いますが、その中でインフィニティエージェントの良い文化を大切に、働きやすく楽しい会社にしたいです。大きな夢は、インフィニティエージェントを誰もが知っているような会社にしたいです。

ー最後にインフィニティエージェントを一言で表すなら何ですか?

佐竹 個性の塊×利他の精神です。もはや個性のない人がいない気がします…(笑)皆面白い人ばかりです。

インターンを始めたばかりのころ、The 波に乗ってるベンチャーって感じだなぁと思っていましたが、個性の塊であるにもかかわらず「関わる全ての人を大切にし、利他の心をもって行動すべし」という行動指針にもあるように、利己的な人はだれ一人としていなくて、自分の時間を犠牲にしてでも周りの人のために動くことのできる人ばかりで、この人たちと働けて良かったなといつも感じています。

今回は広告プランナー佐竹さんのインタビューをお届けしました。次回もお楽しみに!

株式会社インフィニティエージェント's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings