1
/
5

AFURIの求める人物像とは?

こんにちは。AFURI オペレーションディレクターの瓜生(うりゅう)です。

「前回はAFURIの現在地とは?」というテーマでしたが、今回は「AFURIの求める人物像とは?」というテーマでお届けします。

ラーメン業界が全てそうだとは思いませんが、どうしてもラーメン業界は職人気質の傾向が特に強いと私自身感じています。これにはメリット・デメリット両方あると思っていまして、

メリットとしては食材や味を含めたプロダクトにとことん拘る方が多いです。ラーメンは特に1杯の器に想いを凝縮しているので、こだわりが強い方が多いのかなと思います。

デメリットとしては、マネジメントや数字に明るくない方が多いと感じます。
1店舗の個人店でオーナーが現場に立って切り盛りしているのであれば良いですが、複数店舗の運営となると感覚では、到底運営は厳しくなります。

AFURIも同様、職人的なひとが非常に多く、チェーン的な体系的な教育が行われていないという状況でした。店長をしている人も店長としての教育を受けずに配置され、アルバイトさんのマネジメントもして、店舗の売上や利益にも責任を持ち、上司からさまざまなタスクが降りてくる。これでは自信も無くなってしまうしやり甲斐を感じなくなってしまいますよね。

AFURIでは現在職位別の研修体系を構築していまして、どのような学びをする事で店長になれるのか?その上に行くにはどうしたらいいのか?を明確にしていきます。それでも現在店長をしている皆の学びを深めなければいけないので、週に1回の勉強会で不足する知識を補完しています。


さて、前置きが長くなりましたがAFURIの求める人物像について。

【求める人物像】
・ポジティブな人
・他責にしない人
・何にでも挑戦しようとする人
・素直な人
・相手の話を受け取れる人
・人が好きな人
・他人任せにしない人
・将来のビジョンがある人(どんな形であれ)

僕が大切にしているのは、技術(オペレーション、店舗運営スキル)は時間が解決しますが、
その人の在り方やホスピタリティ、仲間を大切にする心は時間が解決しないと言うこと。

要はAFURIで勉強して一通り身につける事ができるので、凄い経験をして来ているとか凄い会社で
働いた事がある、と言う事は僕自身は殆ど興味はありません。

それよりも、その人がAFURIの理念や想い、ビジョンにどれだけ共感し「ここで働きたい!」と強く思ってくださるか、そこに尽きると思います。

給料が◯◯だから、役職が◯◯だから、有名な企業だからと言う「条件」で企業をチョイスしている人は、遅かれ早かれ必ず退職します。それは、条件が良い企業があればそちらに目移ししてしまい、結果転職していくからです。私は、条件選んでいるなと言う方は初めからお断りしています。

その企業が何をしてくれるかではなく、自分がその企業で何をするのか?と言う視点がとても大事なのでは無いでしょうか。

【AFURIの信念】
より高みへ

【AFURIの使命】
すべてのお客様のこころとおなかを「絶対的な美味しさ」で満たす。

【AFURIのビジョン】
阿夫利山のような凛とした佇まいで、人々を幸せにする存在であり続ける。

【AFURIの約束】
(料理)いつも美味しいと感じていただける、味わいを追求し続けます。
(サービス)美味しさを引き立てる、心地よい空間を追求し続けます

【AFURIの心得】
1,楽しませる、喜びを。
2,すべては、気持ちよい挨拶から。
3,お客様、仲間、自分の順で。
4,素直に学び、感謝のこころで。
5,鋭く感じとり、深く考え抜く。
6,当たり前、をちゃんとやる。
7,神は、細部に宿る。
8,チームの熱で、超えていく。
9,一流を志し、飽きなく挑戦を。

このAFURIの理念体系に、私達の想いが凝縮されています。
共感頂けた方、AFURIって面白そうな企業だなと思って頂けた方、是非一度お話をしましょう。
AFURIの今後の話などもう少し突っ込んだ話しも出来たらと思います。

皆様からのエントリー、お待ちしております。
































































AFURI株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings