1
/
5

What we do

■名前の由来 「AFURI」という名前は、神奈川県丹沢山系の東端に位置する大山(通称・阿夫利山)に由来。この阿夫利山の麓から湧き出る清らかな天然水でスープを仕込んでいる事から「AFURI」と名付けました。 ■阿夫利山について 富士山の父にあたる山として、古来から愛され続けてきた阿夫利山。そもそもは”雨降山(あめふりやま)”とも呼ばれ、人々から五穀豊穣の願いを託される神の山でもありました。また、その雄大で凛とした姿は人々を魅了し、江戸時代には年間数十万人もの参拝者が訪れたと言われます。我々「AFURI」も現代の江戸の町・東京で、人々を幸せにする存在でありたいと思っています。 ■らーめんへのこだわり AFURIのらーめんを仕込んでいるのは、阿夫利山の麓、神奈川県厚木市七沢に構える「セントラルキッチン」。阿夫利山の天然水に、国産の丸鶏、魚介、香味野菜を贅沢に入れ炊き上げるスープ。少し沸騰するだけで味も香りも変わってしまうほど繊細なその味は、気候、湿度、火加減、時間のすべてを緻密に計算しつくっています。らーめんの味を司る、特製の塩ダレ・醤油ダレ。チャーシューなども、すべてセントラルキッチンでその日のベストの味を追求したもの。阿夫利山の麓で毎日仕込み、各店舗で丁寧に調理し、お客様に提供しています。

Why we do

《安全・安心・美味しい》 AFURIが大切にしているのは、「素材のちから」。着色料、保存料などは元より、化学調味料(うま味調味料)のような人工的なものは使用致しません。小さなお子様や、お身体を気にされている方にも安心して召し上がっていただける、安全で美味しい商品作りを日々心がけております。また、何よりもこだわりのある「出汁」については、「お客様にご提供する直前に仕上げる」ことで、最も香り立つ状態でのご提供にこだわっています。 《食材》 阿夫利山の麓に湧き出る清らかな水。新鮮な鶏ガラや豚肉、昆布や煮干し。鰹節や香味野菜など、厳選された食材の数々。AFURIは使用する全ての食材とその土地や生産者に対し、深い敬意を払い、その「ちから」を最大限に引き出す努力を惜しみません。また、食材を用いることは「いのちをいただくこと」との考えのもと、食材の二次利用、三次利用を徹底しています。 《食事制限に対する配慮》 私たちAFURIでは、食文化や生活習慣が多様化した現在において、らーめんもそれに応じて変化し続ける必要があると考えております。使用食材をすべて植物性のもので統一したヴィーガン向けの商品として「彩り野菜のヴィーガンらーめん」を。糖質制限やダイエットなど健康管理を気にかける方向けの商品として、こんにゃく麺(変更)をご用意しております。おかげさまで日本国内にとどまらず、世界中のお客様よりご愛顧いただいております。   AFURIは、2001年の1号店オープン以来、   上記のポリシーの元にゆっくり歩みを進めて参りました。   近年では、大変ありがたいことに、世界中の方からご評価をいただく   機会も増えてきました。   しかしながら、私たちAFURIの取り組みはまだまだ道半ば。   これからも一杯のらーめんがお客様の心に響き続けるように、   日々、たゆまぬ努力を続けて参ります。

How we do

私たちの企業のスローガンは、一言。「より高みへ」です。 この「高み」は、AFURIで汗を流すひとりひとりの「高み」であり、また、個の集合体である、「チーム=AFURI」としての「高み」でもあります。関わるスタッフ全員が、AFURIを愛し、昨日よりも今日、今日より明日。お客様に、よりレベルアップした元気と笑顔をお見せしたい、より美味しくなったらーめんを提供したい、と日々「高みへ」と目標を持って活躍しています。 AFURIという企業は、フードカルチャーの一翼を担う、これまでのらーめん業界のセオリーを覆し、情熱と、こだわりと、圧倒的なクリエイティブセンスを持って、様々なチャレンジを果たしてきました。それは、難解なゲームをひとつひとつクリアしていく喜びと似ています。 そんな「楽しさ」「喜び」を、共に味わってくれる人と出逢いたい。そう思っています。 また、AFURIというステージには、皆さんの「アイデア」「センス」を発揮するたくさんのチャンスがあります。そのチャンスを活かせるかどうかは、機会をただ待つのではなく、「自分から進んで行動する」ことができるかどうかです。お祭りでいえば、神輿にぶら下がるのではなく、共に神輿を担ぐ仲間でいてほしいと考えています。 AFURIのメインビジネスは「フードビジネス」ですが、その根幹は「人のこころもおなかも満たして、その人をしあわせにすること」であるといえます。他人をしあわせにできる人は、お客様を家族の様に想い愛し、仲間を愛し、そして会社を愛している人で、自分自身が「しあわせ」だと実感して生きている人です。だからAFURIは、そんな愛のある仲間を、ストレートに求めます。 世界中の人々に日本のフードカルチャーのクォリティを知っていただけるチャンスが到来する近い未来。AFURIは、これまでの成功体験に甘んじず、様々なチャレンジを重ねていきます! すべては、みんなでハッピーになるため!一緒に、がんばりましょう‼