1
/
5

数ある中からこのITベンチャー企業に決めた理由【2021年新卒 Vol.1】

僕は2021年に新卒で入社をしたばかりの新卒3期生です!当社が運営している結婚準備サイトCORDY(コーディ)のシステム開発保守チームに所属し、先輩たちに指導されながら毎日猛勉強中です。

僕がなぜ、数あるIT企業の中でハイパードライブに就職しようと思ったのかをお伝えします。

僕は大分県で生まれ育ちました。家族構成は3人兄弟の末っ子として育ち、兄2人が現役で医者として働いています。もともと腰が悪い父を治せるようになりたいという理由で医者になった兄がとてもかっこよく、僕も医学部を目指していました。

しかし第1志望の医学部の大学は不合格。それなら、別の学びたい学部を選んで東京で勉強しようと思い上京してきました。大分の田舎で育ったので、遊びの範囲も広がり、選択できる環境(バイト先やコミュニティ)も多く刺激的で、あっと言う間に東京に染まりました。

大学3年で始まった就職活動。

アルバイトで旅行とグルメの記事とSNS機能があるサイトとアプリを運営している会社でコンテンツSEOを担当していた経験から、IT関係のインターンに複数社参加しました。

就活が本格化する年明けの3月にコロナが直撃。2021年卒業の新卒の方は皆さん苦労したと思いますが、僕も例外なく苦労しました。

会社説明会なども中止が相次ぐ中、コロナ禍でマスクが品薄になり購入できないことが続き、マスクの着用が義務付けられる説明会でホットアイマスクで口を覆って参加した経験があります。今では変なヤツだという笑い話なのですが、冬なので暖房が効いていて、一人だけ季節外れの汗をかいていたという、僕のコロナ禍の就活エピソードです。

そんな中で、ハイパードライブに出会ったのはこのWantedlyの記事がきっかけです!

IT✖️○○のビジネスは色々ありましたが、「IT✖️WEDDING」という掛け合わせは初めて目にしたので、どんなビジネスなのか興味がわきました。興味本位で参加した名前も知らなかったハイパードライブの会社説明会に参加し、人生が変わりました笑。

「業界を変える」

社長の浅田さんのその言葉が印象的でした。当時1社の内定をいただいていましたが、その場でハイパードライブに行きたい思いが勝ってしまいました。そのくらいインパクトの強い説明会でした。

浅田さんの「ブライダル業界がデジタル化できていない」という言葉を聞き、自分なりに色々調べて想像してみました。

僕が大分県の結婚式場で結婚式を挙げるとなれば、打ち合わせのために何度も大分に足を運ぶ必要があること。結婚式の準備段階で、システムが導入されていない会場だと手書きで記入することが山のようにあること。

衣裳や装花など、アートの要素が強いものは都会に比べて選択肢が少なくなったり、洗練された商品には出会いにくく、式場との間に自由に選択できない規制がある場合が多いことはすぐわかりました。

デジタル化出来てないことは本当にもったいないと思いました!自分が参加して業界を変えたい。そう強く思い、ハイパードライブの選考に進みました。

ハイパードライブの選考のはじめの頃は、バイトでSEOを担当していたこともありマーケティングチーム志望でした。しかし、エンジニアの先輩と話す機会に気持ちが大きく変わりました。

その面談は僕にとって嬉しい誤算でした。

未経験だからできないものだと思っていましたが、自分も挑戦できるんだと思ったのを今でも覚えています。

入社後は、開発チームに配属となりました!入社してからは様々なことを経験させていただいています。

例えば、機能を実装するためのテスト。新機能を実装するときに毎回行われますが、世の中に出るものなので不具合があってはいけません。なのでテストの段階で改修しておく必要があるのですが、それが想像以上に大変です。

この仕様はもともとのものなのか。改修を行なったときにどこに影響が出るのか。

すぐに関係する箇所を見つけることができる時もあれば、そうでない時もあります。さらに関係しないと思っていたところで不具合が起きることもあるので、地道な仕事がとても大切です。ユーザーにとっては不具合は起きなくて当たり前。サイトの信頼はこの地道な努力が影響すると思っていつも丁寧に取り組むようにしています。

サイトの品質を高める事はもちろんですが「その先にいらっしゃるカップルの結婚という幸せな時間を想う」という癖は、先輩方から口すっぱく指導いただいた賜物です。ただでさえ大変な結婚準備が、少しでもラクになったり楽しい思い出いっぱいになるように、その手伝いにつながると嬉しいなといつも思っています。

仕事上で楽しい時は、自分の考えた仕様書が形となっててCORDYに実装され、多くの方に届く瞬間や、周りの人が使った感想を述べてくれる時です。嬉しい気持ちと同時に、もっと他に良いやり方がなかったのか、もっとよくするために何ができるか、次の仕事へ活かしたい気持ちが溢れてきます。

私は大学で専門的なITのことは学んでいないので、まだまだ分からない事だらけですが、調べたことを業務に活かし、それによって事業のスピード感をあげるというミッションを自分に課しています。

自分で考えながらミッションをもって働ける会社というのはそれほど多くないのではないかと思っています。マニュアル通りの仕事や指示された仕事をこなすだけでなく、必要があれば自分で調べて、先輩や上司に提案して仕事に還元する。そうすることで、会社も自分も一緒に成長できると思います。

ハイパードライブではやりたい事や達成したい目標までに、しなければならない事が多いため、一人ひとりが使命を持って一生懸命働ける環境となっているので退屈しません。

私自身まだまだ至らぬ点が多く、叱られる事の多い毎日ですが、その分たくさんの挑戦と成長の機会を得られているとも思います。

入社して8ヶ月、そんな僕の今の目標は

自分で開発工程を一貫してリリースまで出来るエンジニアになることです!

ハイパードライブのエンジニアは、企画の段階からアイディア出しで加わることも多いです!就活で他社の開発環境も少し見てきた分、若手のうちから、貪欲に先輩に相談しながら幅広い開発工程に関わりスキルアップできるのは自分にとって最高の環境だと感じています!

仕様を自分で考えて、自分でコードを作成して、公開まで出来るようにいち早くなりたいので、エンジニアとしての力もつけていきたいと強く思いはじめています!

2023年卒業の新卒エントリーはこちらから

株式会社ハイパードライブ's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more