1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

何事も常に120%でやり切る!妥協を許さない私がこの会社で働く理由

私はブライダル企業と大手人材紹介企業を経験し、2020年8月にハイパードライブに中途入社しました。現在は2020年10月にローンチした式場比較サイトHIKADY(ヒカディ)のプロジェクトチームのメンバーです。

結婚式はやり直すことができない1日です。

私は失敗が許されないプレッシャーや、会場に漂う独特の緊張感を感じながら、自分が関わるお客様が最高に幸せそうにしている姿を見る「結婚式」の仕事が大好きです。

また、普段から活気溢れる楽しい空間も大好きなのですが、ハイパードライブはエネルギッシュな雰囲気が感じられる上に、結婚式の仕事に関われるという

まさに自分が求めていた環境です!

新卒でブライダル企業に勤めたのは、先輩の結婚式に参加したことがきっかけでした。

ハッピーな所に向かっている人を、自分の手でもっとハッピーにしたい!

人と関わり、幸せなことのお手伝いがしたいと思って、ブライダル企業だけを見て就職活動をしていました。新卒で入社したブライダル会社では、配属された大阪の式場で多くのお客様を担当しました。

(この人こう思っているかも)と、人の表情を見逃さないように心がけ、お客様が不安に感じてるであろうことを、聞かれるより前に自分から問いかけることを心がけていました。

この人は言わなくても分かってくれる!

そんな風に信頼してもらえるよう努力した積み重ねの結果、お客様から指名されるプランナーになることができました。

3年目に異動を経験しました。業績が振るわず、1度も店舗目標を達成した事がない横浜の式場の立て直しに行くことになりました。チームの平均残業時間も全店舗で1番多かった事もあり、日々の業務におけるオペレーションの見直しなども行いました。

翌年には店舗を初の目標達成に導き、最優秀拠店賞をいただく事ができました!

5年目から役職をいただきマネージャーを任されました。

お客様とスタッフのために夢中になって働きました。苦しいことも大変なことも、結婚式を見たら全部吹き飛ぶくらい、楽しかったです。

仕事を始めて7年目

(次のキャリアステップってなんだろう)

(支配人は自分が求めている働き方とは違うな…)

と考えたタイミングがありました。その会社では、支配人は朝から晩まで、しかも土日も忙しいのが当然の存在。急に次の目標を失ってしまいました。

支配人になっても、女性としての人生も満足のいくものになるのか。

不安で選択できずにいました。

在籍している以上は100%で仕事と向い合いたい。結婚し子供ができてもマネージャーや支配人ができるか、悩みました。

後ろ髪を引かれるように、申し訳なさそうに退勤する先輩マネージャーを見てきた私は、時短勤務をする等の方法で管理職をしながらママになるという選択肢を選べずにいました。

※当時の写真です。

転職を決意しました。

人の人生の転機となる瞬間に携わる仕事は続けていきたい

そう決めていた私は、ヒアリングからクロージングまでの組み立て方がウェディングの新規接客と似ていた事や、自分の経験を活かしつつ、介在価値が高い仕事ができると思い大手人材紹介企業に転職しました。

わたしのいた部署は、お客様とのやり取りのほとんどが、電話での対応でした。

「絶対に結果を出すからやり方を変えさせてください」

ほぼ対面での接客に切り替えたい旨を上司に伝え、対面で話せるようにフローを変えさせてもらいました。その結果、以前よりもお客様の信頼を得る事ができ

成約件数、約500人中 2位!になることができました。

※1位でなかったことが悔しい!

自分なりに結果を残し、満足の高いサービスを提供する事ができたと思っていましたが、結婚式会社の勤続が長かったこともあり、職場の環境には少しだけ違和感を感じていました。

結婚式場は20名ほどのスタッフ全員が元気で笑顔があふれる環境だったけど、人材会社は1フロアに500人もの社員がいて、それぞれが自分の業務に集中しているのが寂しく感じたりしました。結婚式のようにお客様の要望を直接叶える仕事ではないので、企業様に対しては口出しすることも改善することもできない事にも、もどかしさを感じていました。

しばらくすると、紹介している企業が実際にはどのような会社なのか…。自分が働いたわけでもないのに紹介する事に自信が持てなくなってしまいました。さらに、その方が実際にそこで働いて、幸せになっているかどうかがわからないのが気になり、少しだけ、後ろめたさのようなものを感じるようになりました。

結果、1年で退職する事にしました。

2回目の転職活動です。

人材紹介企業にいたので、様々な求人票を見る機会も多くありました。また就活エージェントに他業種を紹介してもらう機会もありましたが、どうもしっくりきませんでした。

ブライダル業界に戻りたい。

やはり根本にはその思いがあり、自分で『ブライダル 〇〇』と調べているときにハイパードライブを見つけました。

面接を受けて感じたのは、企業側の態度や情報がオープンで、変に媚びたりもせずマイナスポイントも教えてくれる。実績がないことも伝えてくれて、お互いに嘘がない時間を過ごせました。面接後、ガラス張りのオフィスを外から覗いたときに、スタッフの皆さんがニコッと私に微笑んで、数人の人が手を振ってくれたんです。

こんな会社は他にはない!

一気に心をつかまれました。

規模感もちょうど良く、もし自分が何かの提案をしたとしても、早いスピードで変化を起こせそうな若いエネルギーも感じられ、期待が高まったことを覚えています。

入社してからは、経営陣や社長との距離の近さに驚きました。仕事中はもちろん、ランチに一緒に行って直接相談する事もできる環境です。

社長相手にグループではなく個人でLINEで相談もできます!

前職では部長と話すことはあったものの、社長と密に関わり直接コミュニケーションをとるようなことはありませんでした。

社員数が多くなっても、この距離の近さは変わらないだろうし、浅田さん(当社では社長と呼びません)も、みんなとのこの距離を変えたくないと言ってくれます。

浅田さんを筆頭にとても元気な会社です!社内の人にも社外の方にも気持ちよく挨拶をします。それだけでなく、良く動く。誰かが困っていたら気づいた人が立ち上がり手を貸す。そして当たり前に御礼が言える。

ハイパードライブの大きな魅力の1つです。

業務面での魅力もあります!入社して2日目に、ここには書けないくらい大きな仕事を手伝い、3日目からその仕事を任されました。最初はびっくりしましたが、後々「やれる人には最初からやらせた方が伸びる。隣で見ていればどのくらいできるかすぐわかる。スタートダッシュすれば良い」と言われました。

最初のうちはずっと気にかけてくれていて、聞ける環境を整えてくれるので、スピードも精度も、求められていることの確認をしながら進められるので

自分の能力をフルに生かして、責任ある仕事が最初からできます!

与えられる仕事は時として自分が得意としていないことの場合あります。見透かされているかのように任されますので、それによって前より成長したと思う部分もあります。

0から1を生み出すことです。

式場で働いていた時は、店舗の立て直しをする為に、目標に向かってプロセスを構築したり、チームのスタッフ全員が同じ方向へ走っていけるような意識づくりをする事は得意でしたが、0から1を創りあげる事は苦手でした。

HIKADYは10月にローンチしたばかりなので、0から1を創り出すところばかり。まだまだ勉強中ですが、この経験は確実に私の成長に繋がっています。

https://hikady.cordy.jp/

今は毎日楽しいです!ハイパードライブはいい意味で騒がしく刺激が多い会社で

過ごしていて気持ちがよく、モチベーションが上がります!

沢山の企業を見てきた私から見ても、ハイパードライブはエネルギッシュで特異で本当に面白い会社です。そして常に大好きなウェディングに関わっていられるのは、この上ない幸せです!HIKADYも当社が運営しているECサイトCORDYも、業界を変える大きなツールだと思います。この事業の成功のために私にしかできない活躍をしたいですし、120%でやり切りたいです。

プロデュース会社といえばHIKADY!そういってもらえるように、走り続けます!

株式会社ハイパードライブ's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more