1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

会社の課題と向き合う中で得られる「成長」/【経営企画】インタビュー

ハーブ健康本舗(以下「ハーブ」)の「経営企画」という部署は、3年後の中長期的な販売戦略や、それを実現するための組織体制に基づき、直近1年の適切なKPI(重要指標)を設定して、各部署の目標が達成できるよう、ハーブの全部署と連携して突き進む部署です。

経営企画といえば、一般的に経営に関わる課題を解決するという重大な役割を担っている会社の中枢部門だと言われたりしますが、“経営”の“企画”というのがどうも漠然としており、傍から見ると忙しそうではあるのですが、その実態はどんな仕事をしているのか、イマイチよく分からないというのが正直な感想です。

そこで今回は、経営企画の仕事をしている3人のハーブ社員に登場いただき、経営企画としてふんばっている日常、また目指しているビジョンについて、本音トークしてもらいました。

画面左側より
井下・瓜生・岡田

経営企画 井下:
今年の1月に入社したばかり。CRM企画の部署と連携し、数値抽出やキャンペーン内容検討のサポートを担当。

経営企画 瓜生:
2018年10月入社で、社歴1年半。会社の重要指標であるKPIの設定や各部の結果目標設定を担当。

経営企画 岡田:
瓜生と同期入社で社歴1年半。各種販促の数値分析と課題抽出を担当。

経営企画の仕事は「会社の課題を見つけて改善の方針を示す」こと

(よろしくお願いします。今日は、経営企画部に所属する皆さんの普段のお仕事と、仕事しながら感じていること、未来のビジョンなんかを聴かせていただきたいなと思っています。まずは、お三方がハーブに入社される前のお仕事について、簡単にお伺いしたいです。)

岡田:
僕は実演販売のような形で、対面でモノを売る仕事でした。全国各地に飛び回っていました。

瓜生:
私は家電量販店で店長をやっていました。店舗管理から商品開発、人事の業務まで幅広くやっていましたね。実を言うと、井下さんと私は前職同じ会社だったですよ。ほんと偶然なんですけど。

(へえ!そうなんですね。)

井下:
はい。瓜生さんと同じく、ハーブに入社する前は家電量販店の店長をやっていました。主に店舗運営やスケジュール管理をしていました。

(皆さん経歴は様々ですが、全員、健康食品の通販とは異なる業種からの転職なんですね。そこからハーブに入社して、現在は経営企画として働いていますが、具体的には毎日どのような業務をしているのですか?)

岡田:
会社の目標達成のために、各部署の実績でどんな数字が分かっている必要があるか、またその数字をどのように算出するか、算出された数字から何が課題だといえるか…という、PDCA(計画→実行→分析→改善)の中の「分析」が、僕のメイン業務です。「このキャンペーンの結果を知りたい」「この施策がうまくいっているのか判断したい」といった各部の要望をヒアリングして数字を出したり、会社全体の売上や定期購入の状況から会社の課題を見つけて各部に投げかけたり、といったことに取り組んでいます。

瓜生:
私は、分析結果から見えてくる会社の課題に対し、到達させるために何を取り組むかを考える、ということをやっています。具体的には、全社目標の達成に向けて各部署で半年間何を目標に取り組むかを、各部署の責任者とやり取りしながら設定し進捗を確認していく、といったところです。

(なるほど。おふたりの話をまとめると、経営企画の仕事は「現状の分析から課題抽出、課題解決のための各部の目標設定」と、こういうことでしょうか?)

瓜生:
おおまかにはそうですが、もっとシンプルに言うなら、「会社の課題を見つけて改善の方針を示す」が、我々経営企画のミッションだと思っています。分析や目標設定は手段で、本質的には課題の抽出と解決方法を考えることが業務です。

岡田:
同じ考えです。付け加えると、課題を解決するには各部に協力してもらい、改善策をスピード感もって遂行してもらうことが不可欠なので、各部署とのコミュニケーションをとても大事にしています。各部、それぞれの現場の最前線で仕事をされているので、話を聞く中でその現場にいないと分からない視点をもらえて、会社として優先順位をあげて取り組むべき課題にいち早く到達することが出来ます。

(確かに社内にいると、各部責任者と経営企画のメンバーでの打ち合わせ風景を見かけます。密にコミュニケーションをとっているのですね。井下さんは入社して2ヶ月過ぎましたが、いまはどんな仕事をされているのですか?)

井下:
はい、もともと岡田さんが担当されていたCRM企画の部署のサポートを引き継いでいます。数値を分析したりとか、各種キャンペーン企画をサポートしたりとか、そういった業務をひとりでこなせるように頑張っています。

(読者の方のために補足しますと、「CRM企画」は、商品を一度購入いただいたお客様が自社商品を長く愛用して頂けるように、コミュニケーションツール、販促物の立案から具現化までを担当する部署ですね。)

岡田:
お客様の中には、定期的にご注文いただいている方もいれば、過去一度買ったきりのお客様もいて、どんな方にも同じように接すればいいという訳ではありません。また、どのシリーズ商品をご愛用頂いているかによってもコミュニケーションの仕方が変わりますので、かなりボリュームのある仕事になります。井下さんがどんどん引き継いでくれるので、僕もその他の部分の分析に時間を割くことができ、とても助かっています。

井下:
岡田さんや瓜生さんにいろいろ教わりながら、日々精進しています。また、CRM企画の皆さんもあたたかくサポートしてくださるので、お応え出来るようにもっと頑張ります。

(新しい環境で、しかも異業種から始めたばかりで、不安な気持ちもあると思うんですが、すごく前向きに仕事されているのだということを感じます。瓜生さんや岡田さんに教わりながら…という話もありましたが、井下さんからみておふたりはどんな人なんですか?)

井下:
「すごく働く人」です!

瓜生:
なんじゃそりゃ(笑)。

井下:
僕の立場から言うことではないんですけど、本当にお二人ともよく働いていらっしゃいます!お忙しい中で指導をしてくださり、僕も早く出来るようにならないと、って感じます。

(「よく働く」で思い出したのですが、分析や目標設定以外にも担当の仕事をもっていますよね?たとえば瓜生さんは、この『ふんばるブログ』も含まれますが、会社サイト全体のリニューアルを担当されてましたよね?)

瓜生:
そうだった。もともとはシンプルな会社紹介としての意味合いが強かった会社サイトを一新して、ハーブで一緒に働きたい人へ情報やメッセージを伝えるサイトに振り切ってリニューアルをしまして、全体の作業進捗管理を担当しました。採用活動を最適化しメンバーを増やすことは、会社が成長する上で重要なことなので、人事部やパートナー企業の尽力のおかげもあって、無事に開設出来ました。岡田さんは、アレもあったよね?コールセンターの…。

岡田:
そう、今期は新規CS課と一緒に、コールセンター業務にも関わらせてもらいました。TVや新聞広告を見たお客様の新規のご注文を受け付けるため、外部のコールセンターに業務を委託していまして、受電体制を構築する部分をお手伝いしました。

瓜生:
あと、物流センターについても、関連部署と一緒に今後の動向について検討を進めています。会社が成長していく中で、物流においてどこに課題があり、何をすべきかを考え、いまのセンターへ視察したり打ち合わせを行ったりしながら、今後のよりよい運用方法を検討しています。

(えと、コーポレートサイトにコールセンターに物流…。ストライクゾーンが広すぎませんか?井下さんが言われる「よく働く」というのが非常に納得できます。)

岡田:
いろいろな経験をさせて頂いているので、ありがたいですね。

瓜生:
分析や目標設定だけじゃなくて、「会社の課題を見つけて改善の方針を示す」ために、いろいろな取り組みに関わらせてもらっています。

ここからもう少し本音トーク!
ぶっちゃけ働いてて「しんどい」って思ったことないの?

続きはコチラから!


ハーブ健康本舗では、新卒・中途を問わず、随時採用を行っています。経験は問いません。
お客様の喜びのために頭をひねることのできる方、「すごいの出そう」という気概のある方は、
ぜひわたしたちの仲間に加わってください。

Weekly ranking

Show other rankings