1
/
5

日常から気付きを得るために必要なこと。視野を広げるアンテナの立て方

「何気ない出来事(日常)から気付きを得る」

ウェブマーケティングに携わると、こういった話をよく聞くことも増えてきますが、何気ない日常を普通に過ごしてしまってるだけだと何の気付きも得られないままに過ぎ去ってしまいますよね。

ですから、常に気付きを得られるアンテナを張っておくことが重要になってくるのですが、とはいえ、「どんなアンテナを張ってればいいの?」と分からない人も多いと思います。

そこで、この記事では、具体例を上げて『日常からの気付き』の話をしようと思います。


スタッフとのランチタイムでの雑談

それは、とある日のランチタイムでの雑談。


私「最近、お守りが切れちゃってさ~、お守りの紐ってよく切れるよね」

スタッフ「あ~だいたいお守りって紐がよく切れますよね。」

私「お守りの紐が切れたら良いことがあるとかいうのあるけど、全然いいことが起こってる気がしないんだよね」

スタッフ「分かります!恋愛系のお守りとか多いですよね。恋愛系の神社といえば、京都の地主神社とかいろんなお守りがあるから学生たちに人気なんですよ!」

私「地主神社?なにそれ!・・・(と早速ググる)」


▼地主神社のサイト▼
https://www.jishujinja.or.jp/


私「おぉー!これは女子が好きそうな可愛いサイトだね!
  しかも、神社にしてはこのサイト、めちゃくちゃ見やすくて凄いね!(驚)」


・・・と、まぁそんなこんなで地主神社のサイトを開いた私。

ここで、ただのユーザーとして「こんな神社があるんだ、へ~」で終わらせてたら、気付きなんてのは得られないわけです。じゃぁ何をしたら良いのか?


気付きを得るための視点

日常の中から気付きを得るためには、アンテナを張っておくということを冒頭でもお伝えしましたが、具体的に何をするのかというと、『1つの物事を視点を変えてみる』ということ。

例えば、先程の地主神社のサイトを見ると、作り手(WEBサイトの構築側)側の視点に立って見ると、実は物凄い膨大なマーケティングのノウハウが詰まってるんですよ。

▼こんな情報に気づくことができます▼

✅普通の神社のサイトは、こんなに見やすく整ったデザインをしていない
✅全国から届いたであろう「赤い糸メッセージ」に至っては、『なぜ祈願に至ったのか?』という背景までストーリー仕込みで書かれ、誘導先(購入してほしいもの)までの導線が作られている
✅お守りや祈願までもがネットで完結する(リモート対策もバッチリ)
✅実は世界文化遺産という権威性までも持ち合わせている
✅女子ウケの良いデザイン配色(ターゲティングがなされている)
✅見やすいサイトの作りをしている

さらに、これを由緒正しい神社の方が、0から作り上げたとは到底思えないので、裏側にプロデュースしている人がいることも見えてきます。


そして、これらのことに気づいたのであれば『自分のやっていることに応用を効かせるには?』という視点で物事を見ると、ビジネスの次の一手に繋がったりもする。

こんな風に、ただの日常会話から、ビジネスに役立つ情報を見つけることが出来るんです。


電車に乗っていても、雑誌を読んでいても、テレビドラマや映画を見ていても、『1つの物事に対して、あらゆる視点で考えること』が出来れば、『何気ない出来事から、気付きを得る』ことに繋がります。


最初は難しく考えてしまいがちですが、リラックスしている状態のときのほうが、視野が広がっていることで気付きも多くなるので、日常生活の中から意識を変えていくと、あたなのビジネスを加速するチャンスにも繋がるので、ぜひ、試してみてくださいね。

株式会社CONTRIEL's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings