1
/
5

周りと圧倒的差をつけられる!? ネタもとの大好評・内定者インターンに迫る!

こんにちは、ネタもと人事部の加藤です!

私たちネタもとでは、内定後の新卒の方向けにインターンを実施しています。会社の色んな側面を知ってもらいたい、そして入社した1日目から圧倒的なスタートダッシュをしていただきたいと思っているからです。

そこで今回は! 21卒で入社をした、1年目の新谷さん「内定者インターン」 の様子を詳しく聞いてみました!

・入社まで何を学べるの?
・インターンの内容は?
・内定後のフォローは?

などなど気になる方は、ぜひ最後までご覧ください!

■Profile
2021年4月、新卒で株式会社ネタもとに入社。ビジネスプロデュース部にて新規営業を担当。大学では経済学を学び、学生時代はアパレルとブライダルのアルバイトに注力。趣味は旅行で、おすすめの旅行先はタイのバンコク。

ーネタもとに入社を決めたきっかけは何ですか?

本音で話すことができた唯一の会社だったからです。

最終面談で代表の本村と話した時に、自分の志望理由や将来像を語る時間を頂いたのですが、全て話したあとに一言、「…それで、新谷さんはうちでどうしたいの?」 とだけ聞かれて。

かなり迷ったのですが、言わない後悔より言った後悔だ! と思い、正直に「目標のために、私はとにかく稼ぎたいんです!」 と伝えたんですね。すると代表から「そうだよ、その本音を待ってたんだよ!」 と言っていただいて。

就活には、「この質問にはこう答えなきゃ」 「この言葉は使ったらダメだ」 のような暗黙なルールがあり、本音をぶつけられない方も多いと聞きますが、ネタもとは自分の思いや目標にまっすぐ向き合ってくれる会社だ! と思い、入社を決めました。


ー内定者インターンの内容を教えてください!

私は大学の授業があったので、週に1~2回の参加でした。内容はテレアポがメインになります。1日80~100件ほど企業に電話し、アポイントまで繋げていくお仕事です。上手くいくと、商談に入る機会もありました

基本的に内定をもらった新卒は参加が可能ですが、中には地方出身の方もいるので、そういう方は上京するタイミングで参加していたようです。

ーインターンを通して身についたことは何でしょうか。

まだ学生の私に、責任ある業務を任せてもらえたことは本当に勉強になりました。本来であれば入社して学ぶ社会人の基礎を学生のうちに学べるので、周りと圧倒的な差をつけてスタートできることは、このインターンのメリットだと思います。

実際に入社後、他の会社の同級生はまだ研修を受けている時期に、自分は現場に出ることができたので、そこは大きな自信になりました。


ーそんな中で大変だったことはありましたか?

アポイントがなかなか取れなかったときはとても苦しかったです。お相手に興味を持ってもらえなかったり、なかなかアポまで繋がらなかったり。伝えたいことが伝わらずモヤモヤしていた時期がありました。

ただ、先輩社員が近くで相談に乗ってくれる環境なので、「改善点を教えてください!」 と積極的に聞くようにしていました。もらったアドバイスをもとに即実践し、PDCAを回していくと徐々に上手くいくようになり、結果として商談まで同行をさせてもらえるようになりました。


ーでは、楽しかった出来事を教えてください!

先輩社員とランチに行き、色んなお話を聞けたのは本当に楽しかったです!

インターンをする中で出てきた、「結果を出した社員にはどんな評価がもらえるんだろう?」 という疑問も、ランチの中でストレートに聞いてみたのですが、達成会のお話や評価制度まで、とてもリアルに答えてくれたのは嬉しかったです。その他の疑問や不安も親身になって聞いてくれたので、入社してからのミスマッチを解消できたと思います。

ーそんなネタもとに向いている人はどんな人でしょう?

2つあります。

1点目は、素直に「頑張れる人」

弊社は良い意味で実力主義な側面がありますので、努力と結果次第で大きく評価されるのですが、その分自分自身の急成長が常に求められます。目標達成や自己成長のために、素直にまっすぐ頑張れる人は向いていると思います。

2点目は、「色んな事に興味がある人」 です。

ネタもと社員の多くが、外から得た情報をどうにか仕事に活かせないか、常にアンテナを張っています。PR会社だからこそ、色んな事に興味がある、好奇心旺盛 な方にはぴったりだと思います!


ー最後に、これを読んでいる就活生へメッセージをどうぞ!

1度しかない新卒入社なので、自分が最大限頑張れる場所を選んでください! そして、自分が頑張れる環境を選んだのであれば、最大限の努力をすることが大事です。

まだまだキャリアに悩んでいる方も多いかと思いますが、1年目から圧倒的成長していきたい方はぜひ、弊社にエントリーしてほしいなと思います! 弊社の人事とカジュアルに話しましょう! 皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

まとめ

内定後の会社のフォローや、ミスマッチの解消はすごく大事ですよね。

ネタもとは、そんな皆さんの不安を少しでも解消できるよう、選考中~内定後で色んな工夫や取り組みをしております。
少しでもネタもとに興味を持った方は気軽に話を聞きにきてください! あなたに会えることを楽しみにしています。

ネタもとでは人材を募集しています!

縁の下の力持ち
港区の急成長PRベンチャー!コミュニケーション力を活かした仕事しませんか?
ネタもとは「すべての人にPRを」をミッションに、 企業、団体、個人などすべての人がPRを学び、実践し、価値を創りだせるプラットフォームを展開しています。 https://netamoto.co.jp/ ■そもそも「PR」とは Public Relations=公と信頼と共感の関係をつくる とあるように、PRとは自社の魅力を発信していく中で、全てのステークホルダーと良好な関係を築いていく、いわゆる「ファンづくり」だと考えています。 そのファンづくりを成功させるための 「メディアとの接点」「PRのノウハウ」「ヒト」の3要素をネタもとは提供しています。 ▼メディアとの接点 ・PRプラットフォーム「ネタもと」の運営 企業・団体と報道関係者をつなぐ、PRプラットフォーム「ネタもと」の運営をしています。 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」を、オンライン上(会員専用の非公開サイト)でご提供。 https://netamoto.co.jp/service/basic/ ▼PRのノウハウ ・経営者 / 広報担当者向け勉強会やセミナー ネタもと交流会(メディア/担当者)、経営者ビジネス交流会などを介し、 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」をオフラインで毎月多数開催しています。 <過去のイベント実績> 成長戦略に「広報」を活用!その取り組みと得られた成果とは https://koho-pr.com/seminar/special-talk2/ ▼ヒト ・育成広報室 PRコンサルタントがお客様の広報体制の基盤づくりとして、ネタづくりの方法や広報プランの立案方法などを広報ご担当者様にレクチャーします。 https://netamoto.co.jp/service/nurturing/ ・委託広報室 PRコンサルタントが定期的に企業を訪問し、広報戦略の立案、ネタ探し、報道資料の作成、報道関係 者からの問い合わせ対応などを代行します。 https://netamoto.co.jp/service/entrust/
株式会社ネタもと
Marketing / Public Relations
チャレンジに年齢も経験もカンケーなし!広報PRに興味ある人Wanted
ネタもとは「すべての人にPRを」をミッションに、 企業、団体、個人などすべての人がPRを学び、実践し、価値を創りだせるプラットフォームを展開しています。 https://netamoto.co.jp/ ■そもそも「PR」とは Public Relations=公と信頼と共感の関係をつくる とあるように、PRとは自社の魅力を発信していく中で、全てのステークホルダーと良好な関係を築いていく、いわゆる「ファンづくり」だと考えています。 そのファンづくりを成功させるための 「メディアとの接点」「PRのノウハウ」「ヒト」の3要素をネタもとは提供しています。 ▼メディアとの接点 ・PRプラットフォーム「ネタもと」の運営 企業・団体と報道関係者をつなぐ、PRプラットフォーム「ネタもと」の運営をしています。 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」を、オンライン上(会員専用の非公開サイト)でご提供。 https://netamoto.co.jp/service/basic/ ▼PRのノウハウ ・経営者 / 広報担当者向け勉強会やセミナー ネタもと交流会(メディア/担当者)、経営者ビジネス交流会などを介し、 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」をオフラインで毎月多数開催しています。 <過去のイベント実績> 成長戦略に「広報」を活用!その取り組みと得られた成果とは https://koho-pr.com/seminar/special-talk2/ ▼ヒト ・育成広報室 PRコンサルタントがお客様の広報体制の基盤づくりとして、ネタづくりの方法や広報プランの立案方法などを広報ご担当者様にレクチャーします。 https://netamoto.co.jp/service/nurturing/ ・委託広報室 PRコンサルタントが定期的に企業を訪問し、広報戦略の立案、ネタ探し、報道資料の作成、報道関係 者からの問い合わせ対応などを代行します。 https://netamoto.co.jp/service/entrust/
株式会社ネタもと
Marketing / Public Relations
10月なので、新卒の方どんどん会います!PRベンチャーが気になる方カモン
ネタもとは「すべての人にPRを」をミッションに、 企業、団体、個人などすべての人がPRを学び、実践し、価値を創りだせるプラットフォームを展開しています。 https://netamoto.co.jp/ ■そもそも「PR」とは Public Relations=公と信頼と共感の関係をつくる とあるように、PRとは自社の魅力を発信していく中で、全てのステークホルダーと良好な関係を築いていく、いわゆる「ファンづくり」だと考えています。 そのファンづくりを成功させるための 「メディアとの接点」「PRのノウハウ」「ヒト」の3要素をネタもとは提供しています。 ▼メディアとの接点 ・PRプラットフォーム「ネタもと」の運営 企業・団体と報道関係者をつなぐ、PRプラットフォーム「ネタもと」の運営をしています。 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」を、オンライン上(会員専用の非公開サイト)でご提供。 https://netamoto.co.jp/service/basic/ ▼PRのノウハウ ・経営者 / 広報担当者向け勉強会やセミナー ネタもと交流会(メディア/担当者)、経営者ビジネス交流会などを介し、 「メディアとの接点」と「PRのノウハウ」をオフラインで毎月多数開催しています。 <過去のイベント実績> 成長戦略に「広報」を活用!その取り組みと得られた成果とは https://koho-pr.com/seminar/special-talk2/ ▼ヒト ・育成広報室 PRコンサルタントがお客様の広報体制の基盤づくりとして、ネタづくりの方法や広報プランの立案方法などを広報ご担当者様にレクチャーします。 https://netamoto.co.jp/service/nurturing/ ・委託広報室 PRコンサルタントが定期的に企業を訪問し、広報戦略の立案、ネタ探し、報道資料の作成、報道関係 者からの問い合わせ対応などを代行します。 https://netamoto.co.jp/service/entrust/
株式会社ネタもと
株式会社ネタもと's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more