1
/
5

【新卒社員紹介vol.4】慶應大を首席卒業→『Rakumon』ディレクターとして活躍中の彼が語る入社理由

こんにちは!
六元素情報システム株式会社です。

今回、入社ストーリーを伺ったのは、4月に新卒入社した千田さんです!

プロフィール
・慶應義塾大学環境情報学部を首席卒業
・現在、質問アプリ『Rakumon』のディレクターを務める
・自身もひたすら質問に明け暮れた大学生活
・趣味はミニカー収集。ちなみにインタビュアーは同期ですが、トミカショップに連れていってもらったことがあります
自宅デスク横の専用棚

どのような就活をしていましたか?

広くIT業界を志望していました。先輩や友人の進路を見ていると、総合商社やコンサルなどの大企業、国家公務員に進む人もいるし、スタートアップに行く人も多かったんです。そういうたくさんの選択肢を前に、自分は何がやれるか・やりたいかまだぼんやりしていたというのが本音です。

あと自分は体育会系ではないので、ハードワークでなく、長く働ける会社を希望していました(笑)ただ、社会課題を解決できる企業が良いとは思っていましたね。

広く検討しているなかで、六元素と出会ったと。きっかけはスカウトメッセージだとお聞きしましたが、第一印象は?

正直、異国色が強いなと(笑) どのような面談になるか想像がつかなくて、緊張しました。

実際の面談はどうでしたか?

想定外に会話が弾みました! 聞けば聞くほど『Rakumon』という新サービスはコンセプトがはっきりしていて、惹かれました。スタートアップならではの仕事の密度もあって、学べることが多いと感じました。あと、自分自身も愛媛の実家でオンライン教育を受けていたんですよ。そこから、教育の未来について熱く議論が進んでいったんです。他社のようなテンプレート質問じゃなかったんですよね。続けて話したい・どんどん話したいと感じたし、相手からも同じ気持ちを感じました。

魅力を感じたのは、何よりも人ですね。最終面接で、余社長から「千田さんは首席ですよ!これからどうぞよろしくお願いします!」と言われ、びっくりしました(笑) 首席も入社もまだ決まってないのに! でも、私はそれでやる気が出て、絶対に首席で卒業しようと意気込みました。本当に実現できたのは、社長の言葉があったおかげですね。

首席卒業者に贈られる金の腕時計。すごい……!

実際に入社してみていかがですか?

皆さんとても協力的な方が多くて、お互いに助け合おうというカルチャーを凄く感じます。ギャップはないです。今やっている仕事は、カスタマーサポートのマネジメントや広報活動などです。運営のコア部分で、責任感がありますね。サービスって裏側ではこう動くんだ!と仕組みを知ることができて面白いです。

では最後に、六元素に向いてると思う人を教えてください!

会話が好きな人。何でもいいです。六元素では、話しにくい人に出会ったことがありません。人間、ざっくばらんに話す事は何よりも大切。正直に自分が頑張ってきた事を話しましょう。ITに興味があれば、どんな未来を六元素で描いていきたいのか、お互いに語り合いましょう!

▽『Rakumon』についての記事はこちら

先生と生徒がリアルタイムにマッチングする質問アプリ『Rakumon』 SIerが教育にチャレンジしたきっかけはコロナ禍 | 六元素情報システム株式会社
こんにちは!採用広報担当です。 『Rakumon』は小中高生・大学受験生のための質問アプリです。質問をすると、難関大の学生やプロ講師と5分以内にマッチし、チャット形式で個別指導を受けられます。 このアプリは、 2021年六元素が立ち上げたラクモン株式会社 からリリースされました。 金融システム開発を中心に行っている弊社が教育にチャレンジしたのは、日本の教育に対する強い問題意識と、 ...
https://www.wantedly.com/companies/company_6026386/post_articles/385466
六元素情報システム株式会社's job postings
40 Likes
40 Likes

Weekly ranking

Show other rankings