1
/
5

【人事インタビュー】高校中退、パーソル、起業を経た人事が語る、”今のフェーズ”のMATESの魅力とは

「自分もこんな会社に入りたかったですよ」と話すのは、MATESで社外人事をしている泉澤恵一朗さん。自身の会社を経営しながら、自身の希望でMATESへのジョインを決めています。

会社員時代から採用に携わってきた彼が、自ら希望してまで関わりたいと思うMATESの魅力は何なのか。泉澤さんの経歴をたどりつつ、社外人事だからこそ見える当社の魅力を伺いました。

泉澤恵一朗 / 人事

2018年、桃山学院大学卒業後、パーソルキャリア株式会社(旧インテリジェンス)に入社。 インサイドセールスの立ち上げに携わり、その後、媒体新規開拓営業、大手既存営業の3部署を経験し、独立。 採用、営業領域において、社員数500名規模の中小企業から社員数10名のベンチャー企業の顧問に従事。その後、株式会社デザイナーの代表取締役に就任。 MATESでは社外人事として採用戦略設計や面接などの人事業務全般を担当している。

個人として応援したい。自ら希望してMATESへジョイン

ーー泉澤さんはどのような経緯でMATESの社外人事となったのですか?

代表の新名を紹介してもらい、仲良くなったのがきっかけですね。

僕が経営している株式会社デザイナーという会社が、株式会社クオーツのグループ会社となり、そこで関連会社の一つでもある株式会社MATESの代表、新名を紹介してもらいました。オフィスも同じなので非常に距離が近かったし、主体性のかたまりで勢いがあるところや思考が似ていて、自然と仲良くなりました。

MATESへのジョインを提案したのは僕からです。新名と話をしていて、個人として応援したい気持ちが大きかったですね。これから成長して大きくなる会社だと思いますし、そこに自分も関わりたいという思いもあり、社外人事になりました。現在MATESでは、採用戦略設計とフロント業務を担当しています。面接もしているので、選考希望の方にはお会いする機会もあると思います。

学生時代から”お金を稼ぐ”経験を通して学んだ「ビジネスの仕組み」

ーー泉澤さんの歩まれてきた学生時代からの経歴を教えてください。

高校中退から始まり、人とは違う経歴をたどってきました。

部活のトラブルで、高校をたった数か月で中退したんです。その後、高卒認定は取得しておきたかったので定時制の高校に入り、土木工事の仕事と週1,2回の学校に通う生活を送っていました。定時制の学校ということもあって、自分の身を守る目的でジム通いと土木作業の仕事を始めました(笑)。高校に通っている友達とは時間も合わず遊べなかったので、ひたすら体を鍛えてお金を稼ぐ生活でしたね。

高校3年生からは、大学受験をするために塾に通い始めました。元々実家が裕福な方ではなく、お金に対して人一倍憧れがあったため、「お金持ち=大卒で大きな会社に勤める」という考えも持っていました。土木作業員をしていた頃は月20万円ほど稼いでいたので、そのときの貯金で塾に通って高校3年間の勉強を一気に取り戻しました。勉強が苦手だったのでかなりハードでしたが、人生を変えたい思いで相当頑張った時期ですね。

ーーどのような大学生活を過ごしていましたか?

無事に大学に合格した後は、サークル活動に打ち込みつつ、空いている時間でブランド物の転売をしていました。先ほども伝えましたが実家が裕福ではなかったので、自分でお金を稼がなければならなかったんです。高校時代に稼いだ貯金を元手に商品を入荷して販売していました。転売をして学んだのは、「ビジネスのほとんどは仕入れと売値の差分でできている」ということです。ビジネスの根本の考え方はここで身に付けたような気がしました。どの仕事も、提供したサービスや労働時間に対してお金をもらうといった仕組みです。この学生という早期の時期に気付けたのは自分の人生において大きかったと思います。

ーー大学生時代はサークルとビジネスに打ち込まれていたんですね!

それに並行して、もともと大学に入学した理由でもある「大企業に入り安定した収入を得る」という理想を叶えるため大学2回生から就職活動を始めました。人と同じことをしていても大企業には入れないと考えた結果、人より早く就活を始めることにしたんです。世の中の名が知れている大手の会社はほとんどエントリーしていたと思います。

就活で学んだことは、その会社で働きたいという熱の源泉である志望理由の大切さです。180社応募し、80社面接を受けたにも関わらず、内定をもらったのはパーソル1社だけでした。最終面接までは進んでも、「それなら、ほかの会社でもいいのでは」と言われてしまうんですよね。大手でお金をたくさん稼げればどこでもいいという思いだけでは厳しいということを身をもって知りました。

ベースは自力で稼ぐために身に付けてきた「関係づくり」と「巻き込み力」

ーーパーソルに入社してからはどのような業務を担当してきたのですか?

始めはインサイドセールス、その後異動して中小企業の新規開拓営業をしていました。新規開拓営業になってからは、8か月連続目標数値100%以上を達成していて、採用支援大賞という賞をいただくなど成果もあげていました。成果を出せたのは、自分の強みを活かせる職種だったことが大きかったと感じます。逆に、アポイントを取るところから受注までを一貫して、非対面で行うインサイドセールス時代は1年ほどまったく成果を出せない人材でしたから。

ーーその中で身に付けたことはありますか?

パーソルで身に付けたのは、「関係づくり」と「巻き込み力」です。

担当エリアが大阪だったのですが、大阪は関係が築けると営業がしやすいという特徴があるエリアだと感じています。ですので、まずは関係づくりに主眼をおき、事前に顧客研究をしっかりして共通点を探し、お客様のタイプに合わせた営業を行っていました。担当者のFacebookを見て、出身地などは必ず調べていましたね。それくらい、共通点探しは重要だと感じています。

同時に、部署をまたいで紹介してもらうことも意識的に行っていました。同期に「こういう成果を出したいから、紹介してほしい」と直接素直に言葉にして伝えたり、他部署の事業部長クラスの先輩に飲み会に連れて行ってもらい、紹介を頂く関係性をつくったり。ほとんどの方はLINEや社内のすれ違いざまに”軽く紹介を依頼する”程度なのですが、僕のように足を運んでしっかり時間をかける人は少なく、このアプローチが功を奏したと感じています。そんな形で自分の部署とまったく関係ないところから受注することもあったので、直属の上司は混乱することも少なくありませんでした(笑)。

ーー営業で成果を出してかなり順調そうですが、その後退職して起業したのはなぜですか?

退職して起業したのは、「一緒に起業しよう」と焚きつける同期の存在がきっかけです。

10年は勤めようと思って入社していたし、起業したいなんて考えてもいなかったのですが、同期の話を聞いているうちに心を動かされてしまったんですよね。結果、彼は転職することになったので一人で起業したのですが。

起業した株式会社デザイナーでは、採用支援の事業と、起業支援の事業をしています。長期の目線で投資関係のサポートをし、短期目線で人材・採用の支援をしている座組みです。

社外から見えたMATESの魅力は、熱量の高い代表やメンバーと会社の成長フェーズを経験できること

ーー採用支援業務に携わり様々な企業を見てきた泉澤さんが、自身でジョインしたいと思うほどのMATESの魅力は何だったのでしょうか?

まずは代表の熱量ですね。新名は、カリスマだと思いますよ。

根本、人思いで、その人の目的に対して愛を持ちつつ合理的な発言・アドバイスをくれて結果にコミットします。飽くなき向上心をもっている点や、頼れる兄貴肌なところも、ついていきたいと思ってしまう要因ですね。そういうところが、まだ小規模の会社でありながら名だたる大企業から仕事を依頼されていることなどに現れていると感じます。

メンバーの良さも魅力のひとつですね。グループ会社含めて年齢が近くて仲が良いですし、垣根がなく風通しがいいです。遊ぶときは遊ぶけれど、仕事に対する意識の高さも一流です。全員が主体的にコミットするし、自信をもって自分の仕事をしています。そういう向上心や意欲のある人に囲まれて仕事ができるので、成長に繋がる環境だと言えるのではないでしょうか。

僕は社外人事という立場ではありますが、創業当時の辛い時期も見て、相談に乗ってきました。社内メンバーには見せられない面を、社外メンバーだからこそ聞いてきたことも多くあります。だから、実は誰よりMATESを知っていて、誰よりMATESという組織を良くしようと考えているんじゃないかと自負しています。

ーーMATESを知り尽くしている泉澤さんが思う、今のMATESにジョインする良さは何ですか?

成長フェーズの今だからこそ、多くを任せてもらえることですね。まだまだ上のポジションが空いているので成果次第では早々にマネジメントポジションに就けるでしょうし、大企業の案件などを任せてもらうこともできる環境があります。取引先の全インスタアカウントのマーケティングデータなども見ることができるので、それだけでも十分学びになりますよ。

また、インターンを考えている学生にとっても大きなメリットがあるフェーズだといえます。それは今のフェーズからくる役員陣との距離の近さです。基本的に同じ島に役員陣がおり、相談相手も役員陣ということも珍しくありません。プロフィット領域(主に営業)のみを経験した方だけではなく、経営という上流の思考をもったメンバーからフィードバックを貰える環境はなかなかないのではないでしょうか。また、仕事に対する基本スタンスを学べるのは一生役立つ経験になると思います。キャリアの初期段階で一切の妥協を許さないスタンスや、満足ではなく感動を届けるコミット力など、基礎であり、どこの会社でも通用するスタンスを身に付けることが可能だと感じています。また、本当に社員同士仲が良く、ご飯やサウナ、遊びなどによく行くのですが、そういったところに参加し、コミュニケーションを取れることも副次的なメリットとしてあげられます。

ーーMATESの採用時に大切にしているポイントは何ですか?

本当に月並みですが「素直さ」と「主体性」ですね。

「できない」ことが前提だと思うのですが、その「できない」を認めらるれるかどうかが最も重要だと感じています。そこを認めないと「何を」改善してよいかもわからないと思いますし、何よりそういった方に対してフィードバックをしようと思わないので。

また、主体的に仕事を取りに行こうとする人はすごくいいですね。仕事の幅が広く行う仕事が決まっていないため、自身で仕事を取りに来ないと逆に行う仕事がないほどのカオスな環境がベンチャーの醍醐味だとも思っているので。

併せて、根拠はなくてもいいので「自信」があること。これさえあれば他に何もいらないですし、そういう人なら何者にでもなれると思っています。

僕自身、こんな会社でインターンをしたり、20代前半のキャリアを積みたかったと思っています。MATESのビジョンに共感し、一緒に挑戦してみたいというメンバーを増やして、採用の面から会社を成長させていきたいです。

株式会社MATES's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings