1
/
5

「今がベストシーズン」製品も開発組織も0から考え創れる環境に飛び込んだエンジニア

K.Ueno(エンジニア)

2022年8月からFastLabelにジョインしたエンジニア植野にインタビューしました!

Q.FastLabel入社理由

前職時代に、同じチームで働いていたCEO上田からの声かけがきっかけで、はじめは副業で手伝い始めました。

当時から懇々とオファーし続けてくれていたのですが、この度入社しました。

FastLabelはモダンな開発環境で、元エンジニアのCEOが率いる会社です。自分がエンジニアとしてやりがいを持って働ける環境がある、そしてこれからも創れると思ったことが、入社決断の決め手です。

例えば、「こういう言語、フレームワークいいな。自分達の組織手法として取り入れてみたいな。」と思った時、組織の規模によってはチーム内ならまだしも全社展開には道のりが長かったりしますよね。

今のFastLabelであれば、それもスピード感を持って取りいれることが出来ます。むしろ自分達でそれを決めて、創っていかなければならないフェーズです。

エンジニアとして、常に最新の技術情報をキャッチして必要とあらばそれを開発に取り入れる行為はこれまでもやってきたし、エンジニアの働き方としてあるべき姿だと思っています。

前職も周りには優秀なエンジニアがいて、大規模ながら開発組織の環境改善も日に進化していたのでとても悩んだ末ではありましたが、タイミングもあり少し環境を変えてみることにしたんです。

Q.担当する仕事内容は?

業務では新規プロダクトの開発をメインで担当しています。

前職時代にスクラムマスターの資格を取得しているので、スクラム開発の推進にも関わっています。

前職に勤めていた10年間で経験してきたマネジメント、エンジニア経験を生かしつつ、若手メンバーの教育にも貢献していきたいと思っています。

Q.これから個人としてはどのような仕事に力を入れていきたいですか?

プロダクト開発だけではなく、経営や組織運営にも積極的に携わっていこうと思います。

その時に、FastLabelのミッションの通りAI開発を10倍にする世界を本気で目指すことはもちろん、「エンジニアにとっていい会社であること」は常に意識していきたいポイントですね。

Q.これから入社する仲間に向けてメッセージ

まずAI開発の経験が現時点でなくとも入社してからキャッチアップできるので心配はいりません。今まさに成長中のAI領域の開発経験を積めるチャンスと考えていただいたらいいと思います。

そしてこれが自分にとっては参画の決め手となった理由でもあり、特に伝えたい点なのですが、「入るなら今しかない」です。

自分達の手で良いものを考えて、作っていくということをやらなくちゃいけないし、やれるフェーズにある、FastLabelでエンジニアリングを楽しむならベストシーズンだと思います。

すでに完成されたものがあって、後から「こうだったらいいのに」と思っても、その改善はやりにくかったりします。

日々進化していく急成長中の今、迷っていて入るなら早いほうがいいです。

前職に不満はなかった私もその環境を出ていくか行かまいかとても悩んだ末、「行くなら今行かなきゃ、チャンスを逃がしてしまう」と思って決断をしました。

少しでも興味があれば、気軽にコンタクトをください。

最新の採用情報をぜひご覧ください!

FastLabel株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings