1
/
5

【社員インタビュー】自分のスキルを活かして世の中の役に立ちたいと思い、LINKを選びました

LINKの社員インタビューシリーズ。今回は2021年6月入社の穴澤康裕さんにお話を伺いました!

(オンラインにてインタビューを実施!)

自分のスキルでどう世の中に影響を及ぼしていけるのかを考え、LINK入社を決意

ー LINK初のエンジニア社員の穴澤さん!LINKに入るまでどんな経歴を歩まれてきたんですか?

元々はパソコン講師をしていました。エンジニアとして働き始めたのは20代後半ですね。プログラミングに興味があったので、それを仕事にするためにキャリアチェンジしました。基本的には自社サービスを提供している会社に所属してきました。


ー LINKに入社を決めたきっかけはなんでしょう?

僕の会社選びの基準の一つとして、”世の中の役に立ちたい”というのがあります。その中でも自分に関係のあるもの、自分にとって良いことが起こるものを中心に会社選びをしてきました。介護はいずれ自分も世話になる。自分だけでなく親や友人も通る道です。自分のスキルでどう影響を及ぼしていけるのかを考えて、介護業界であるLINKに入社しました。

ー それでは、現在の業務内容を教えてください。

入社1ヶ月ほどは既存サービスのキャッチアップを進め、ある程度把握できたタイミングで新機能の開発専属になりました。キャッチアップについては開発環境の構築手順が既にあったので大変ではなかったです。あとはローカルで環境を動かしながら、機能の確認を進めていきました。また、代表の水野さんが設計・仕様書を用意してくれていたので、助かりましたね。
今はエンジニア用のオンボーディング資料も作成したのでこれから入る方は安心してください!



ー オンボーディング資料の作成ありがとうございます!当社初のエンジニア社員として、やっぱり入社の不安はあったんでしょうか?

いえ、不安は全くなかったですね。経験上、エンジニア一人の環境で働いたこともあったし、少数の組織から拡大していくっていうのは過去に経験したこともあるので特に1人目だからといってハードルに感じることはなかったです。

ー それならよかったです(ホッ…)。実際LINKに入社しての感想は?

入社前は人数・規模・運営内容など具体的な様子が見えなかったので、正直どベンチャーのようにその場しのぎでやってるのかと思ってたんですが笑、入ったら違いました。打ち合わせやドキュメント残し等の文化がきちんとあって、コミュニケーションロスによる問題は発生しにくいと思いました。


ー 思ってたほどカオスじゃなくて良かったですw!実際に働いてみて、募集要項には書いてないけどLINKで働く上で持っているべき開発スキルなどはありますか?

そうですね、やっぱりベンチャーかつ少数なので、しっかりした仕様を作ってもらわないと動けない人は今のフェーズでは難しいかもしれないですね。UI・UXとして使いやすいものをエンジニアから発信・実装する力がある程度求められます。
今後メンバーが増えるにつれてイチロウもどんどん進化していくので、それに伴うUI・UXの改善提案にも興味のある人がいいですね。一方、インフラに関しては経験・興味があればOKだと思います。

ー なるほど〜。穴澤さんは、今後どんな開発チームにしていきたいですか?

技術的にどういうチームであるべきとかはあまりないですけど、互いに尊重できるチームであって欲しいなと思います。基本的なことですが、リモートでのコミュニケーションが中心になるので、攻撃的にはならないで欲しい笑。

どの職種にも言えると思いますが、達成感いっぱいで終われる日って、毎日あるわけじゃないと思うんです。当然うまくいかなかったり、悩んだりする日もある。そういう時に誰かに声をかけてもらったり、話を聞いてもらうだけで全然違うので、それがお互いにできるといいですね。

ー うんうん、開発だけでなく会社全体そういったカルチャーにしていきたいですよね!さて、今後開発チームは人が増える予定ですが、未来のLINKエンジニアにメッセージをお願いします!

二日酔いの時はちょっとテンション低いかもしれませんが、怖くはないのでどんどん聞いてください笑。イチロウはまだまだ改善の余地があるし、新機能の開発予定もドシドシあります。今のフェーズだからこそ、保守だけではなく新たに何かを作ることができる環境なので、色々なフェーズが好きな人がそれぞれに活躍いただけます。
自分がどういうフェーズが好きでどういう仕事がしたい、と言うのを表現いただければ活躍の場を十分に提供できますので、仲間が増えることを楽しみにしています!

ー 穴澤さん、ありがとうございました♪

株式会社LINK's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more