1
/
5

\社員インタビュー動画✳︎7本公開記念!/ 採用を支える動画チームへインタビュー&撮影の裏側公開!

こんにちは!人材事業部 採用担当の龍田(タツタ)です。

今回のインタビューでは『メディア事業部 動画チーム』の小池さんと内藤さんに話を聞きました!
日頃から動画で採用面のサポートをしてくれており、個人的にも「感謝の気持ちでいっぱい…!」ということで、今回2人の活躍をストーリーにまとめることにしました。

動画チームと人事の共同プロジェクトである『社員インタビュー動画』の制作に関する裏話や、2人の動画にかける思いなどをお伝えしていきます!

○●------------------TALKテーマ------------------●○
1. 社員インタビュー動画に挑戦したのはなぜ?
 1-1.動画市場の成長性
 1-2.採用における動画の活用

2. 社員インタビュー動画制作に関する裏話

3. 動画にかける思い (インタビュー)
 3-1.エクスコアの動画チームってどんなチーム?
 3-2.インタビュー動画を振り返って
 3-3.今後の目標は?
○●----------------------------------------------------●○

ー 動画チームのメンバー紹介

専門学校でプロダクトデザインを学びながら、趣味として動画編集を独学で勉強。
「編集を仕事にした方が良い」という周囲からの薦めもあり、卒業後は動画編集の道に進むことを決意し映像系の会社に就職。 PVやサービス紹介動画の撮影方法を学び、様々な経験を積んだ後に、2019年8月からエクスコアで動画クリエイターとして編集業務に従事。


大学時代はアニメーションを中心に動画編集を学ぶ傍ら、アルバイトとして結婚式の映像編集なども経験。 2020年4月に新卒でエクスコアに入社し、動画チームの一員として社内外の動画編集業務に従事中。

1. 「社員インタビュー動画」に挑戦したのはなぜ?

ー 動画市場の成長性

コロナ禍で「おうち時間」が増え、娯楽がインターネット中心に移り変わったことから、動画のニーズは近年急増中。さらに5Gの普及に伴い、今後もさらに動画市場に注目が集まることが予想されております。(5G回線は4Gの20倍の通信速度とも言われていますよね…!)

ー 採用における動画の活用

採用市場においても、選考のオンライン化に伴い社員の雰囲気をよりリアルに伝えることができる動画の活用に注目が集まっているように思います。だからこそ「専属の動画チームがいるエクスコアが挑戦しないわけにはいかないだろう!」という思いで、このプロジェクトを発足しました!

実はこれまでも会社の歴史や事業説明、福利厚生などをまとめた約30分の動画を採用の事前資料として使用していました。ただ、2022年4月で10期目を迎える弊社は今まさに『変革期』に差し掛かっており、多くの変化に対して柔軟に対応していくことが求められる環境です。複数のコンテンツを1つの動画として公開している場合、部分ごとの修正がしづらく情報を最新に保てないという課題がありました。

また、TikTokの流行やInstagramのリール機能、Youtubeショートなどの誕生からも分かる通り、1つの動画にかける視聴時間は短縮傾向にあります。さらにYoutubeでもタイムスタンプ(概要欄に掲載されている目次と開始秒数)を用いて気になるところだけ視聴するということが当たり前になってきているように思います。今この記事を読んでくださっている皆さんも気になるところまで飛ばしながら動画を視聴することが増えたのではないでしょうか?

今回の動画は多くの方に視聴していただきたいと考えているので、より見やすいように1つ1つ独立した動画として編集してあります。なお、候補者の方々とお話をさせていただく中で一番多く寄せられた声が「現場社員の声を直接聞きたい」というものだったため、第一弾では『社員インタビュー』を動画にしております!気になる社員・気になる項目からぜひご視聴くださいませ!

2. 社員インタビュー動画制作秘話

さて、このようにスタートした『社員インタビュー動画の制作プロジェクト』ですが、計7本の動画を制作していただき、トータルで約1ヶ月間のプロジェクトとなりました。

インタビュー動画制作は、以下の流れで進めました!
○●----------------------------------------------------●○

  1. 質問の検討・選定 (龍田)
  2. インタビュイーの方々へ質問を事前共有 (龍田)
  3. 動画撮影 (小池・内藤)
  4. 文字起こし (小池・内藤)
  5. 構成検討 (龍田)
  6. 編集 (小池・内藤)

○●----------------------------------------------------●○

ー 1,2.質問選定

以下の質問をベースにしつつ、1人1人に合わせて深堀りした質問を行いました。
他にも動画を見てくださった方へのメッセージなどを盛り込んであります!

◼︎就職活動について
・就職活動の流れ
・エクスコアに入社を決めた理由
・入社前後のギャップ

◼︎入社後の業務について
・現在の仕事内容
・入社して一番のやりがい
・苦労したことと乗り越え方
・仕事をする上で大切にしていること

◼︎エクスコアについて
・社員の人柄とコミュニケーションの取りやすさ
・会社の好きなところ

ー 3.動画撮影

小池さんが質問と撮影、内藤さんが照明と音声を担当しました!

▼撮影時は11月だったので暗くなるのが早く、18時前でも雰囲気のあるシックな映像が撮れました!

▼内藤さん(写真右下)が照明と音声を確認しつつ、テスト撮影中です!

ー 5,6.構成検討・編集

特に構成検討と編集のフェーズでは、動画チームと人事がお互いにフィードバックをしながら細かいところまで何度も修正を重ね、より良い動画にしていこうという思いで進めていきました。

ー 余談

プロジェクトを進めるにあたりWantedlyさんの『Pulse』をたくさん活用させていただきました✨
進行中からそれぞれの成長を褒めあったり、感謝を伝え合っていたことでチームメンバー全員がいつも以上にモチベーション高く取り組むことができたのではないかと考えております!

           ▼実際のPulseのメッセージです!

3. 動画チームの2人が動画にかける思いとは

Q. エクスコアの動画チームってどんなチーム?

ー メディア事業部 動画チームが出来上がったのはいつ頃?

小池:チームという形になったのは内藤さんが入社してからなので、2020年4月からです。今、チームが出来上がって2年弱くらいになります。

内藤:私は新卒で入社したので、正式な入社日は2020年4月ですが、実は2月中旬から3,4回ほど内定者インターンに参加していました!なので、正確にいうと2020年2月がチーム発足日かもしれません。

小池:確かにそうでしたね。最初は内藤さんの研修を行いつつ、僕自身は会社説明会用の動画制作を担当していました。今回のテーマである『社員インタビュー動画』制作以前に候補者の方々にご覧いただいていたものです!当時は入社してすぐだったので、採用に関わる重要な役割を任せていただけたことに非常に驚いていました。

ー お客様の動画制作はいつから?

内藤:受託案件は私が入社してからスタートしました。初めての案件が文部科学省の方からの依頼だったので、単純に「え!すごい!」とテンションが上がっていたのを覚えています。笑

小池:あの時は本当に嬉しかったですね!これまでの実績でいうと、他にも教育系やクラウドサービスを展開している企業様のサービス紹介動画などを制作させていただきました。
(詳細は『動画制作サービスサイト』で紹介しているのでご興味があればご覧ください!)

内藤:お客様の案件ではないですが、コンクールにも出場しましたよね!

小池:そうですね。エクスコアという会社と僕たち動画チームの認知を拡げていくために、何か良い方法はないかと日頃から考えていて、たどり着いたものの1つが『若者の投票率をあげるための動画コンクール』でした。鈴木取締役に相談して「ブランディングに繋がるなら任せるよ」と言っていただけたので、挑戦することができました!この経験を通して技術力もまた大幅に進歩したと感じています。

Q. 動画チーム発足から2年弱。当時のお互いの印象は?

内藤:すごく話しやすい人だと感じました!内定者インターンとして入社した時は、正直不安が大きかったので「ちゃんとやっていけるかな?」と思っていましたが、小池さんに会って一緒に仕事をしてみて、色々と質問しやすい先輩だったのですごく安心したのを覚えています。

小池:内藤さんは最初から優秀な印象が強かったですね。実際優秀ですし、話してみると親しみやすさもあったので、2人のチームですがうまくやれていると思っています。ただ、2年くらい一緒に仕事をしていて「性格が真逆だな」というのは常々感じていますね。笑

内藤:それは本当にそうですね!小池さんは常に気を遣ってくださったり、色々慎重に考えているタイプですが、私はやや楽観的で直感的に行動していることがあったり…動画もそうですがクリエイティブ要素が強いものは明確な正解がないので、片方はAという方法が良いと思っていても、もう片方はBが良いと思っているということが結構ありますよね。

小池:たしかにそうですね。ただ仕事においては意見が違っていて、ぶつかることはすごく良いことだと思っています。内藤さんも僕も「良いものを作りたい!」とか「良いチームを作りたい!」という思いは同じですし、全く違う視点を持っているからこそリスクヘッジができたりより良いアイデアが生まれていると感じています。

Q. インタビュー動画を振り返って

ー 約1ヶ月間のプロジェクトお疲れ様でした。振り返ってみて率直な感想を教えていただきたいです!

内藤:実写の撮影から編集までしっかりと携わるのは初めてだったので大変でしたが、その分成長できたなという実感も大きかったです!

小池:内藤さんは今回のプロジェクトを通してできることが本当に増えたなと感心しています。これまで内藤さんが専門的に学んできたのはアニメーションなので、僕としては内藤さんにもたくさん撮影経験を積んでもらいたいと常々思っていました!なので今回はちょうど良い機会になりましたね。

内藤:はい!実写経験を積むために、大学時代は結婚式の映像編集のアルバイトに挑戦したりもしていましたが、時間をかけて編集する方法は小池さんを見ながら学んだり、直接教えてもらって身につけていきました。基礎は理解していましたが、しっかり実践する機会は今回が初めてだったので、やってみて改めて気づくことも多かったです。

小池:僕にとっても再確認できることが多いプロジェクトでした。例えば、撮影時刻によって太陽光の入り方は異なるので、ライティングも調整が必要なのですが、撮影しているカメラと編集するモニターでは色味がやや異なっており、より映像のクオリティーを追求していくためにはまだまだ改善の余地があるなという悔しさや発見もありました。

内藤:撮影時のライティングの大切さは私も痛感しました!カラグレにも初めて挑戦させていただきましたが、撮影時のライティングによって完成度が大きく変わることを体感することができました。

ー チームとして良かったと感じることはありますか?

小池:一言で言うと『チームの結束力が高まったこと』ですかね。これまでもいろいろな案件に携わらせていただきましたが、実際の編集はそれぞれが分かれて行うことが多かったんです。

内藤:たしかに本格的に2人で協力しながら1つのものを作り上げていく経験はこれまで少なかったので、チームとしての意識も以前よりさらに高まったように感じています!

ー 今回『成長』が1つのキーワードになっていますが、日頃はどのようにインプットしていますか?

小池:内藤さんが気になったことやお互いが学んだことをアウトプットするために、月1回程度勉強会の時間を設けています。

内藤:ちょうど今日も私が主体となって勉強会を開催していました!他には小池さんが参考になる記事や動画をslackで共有してくれるので、そこでインプットしています。

小池:僕は毎日チェックしているサイトや登録しているYoutubeチャンネルがあって、そこから情報を得ていますね。5つくらい固定のキーワードを決めていて、そのキーワードに関連する内容で24時間以内に更新された記事がないか日々情報を追っている感じです!時には海外の記事からヒントを得ることもあります。

Q.今後の動画チームの目標とは?

ー 直近で目標として掲げていることは何ですか?

小池:現在注力しているのが『Pinterestの運用』なので、まずはそこでノウハウを蓄積していくことを第一目標に掲げて取り組んでいます!これから日本でも動画広告事業を始めるという発表がありましたし、コロナ禍の影響もあって今ちょうど伸びてきているサービスなので、取締役と協議した上で積極的に着手していこうという流れになっています。

内藤:小池さんと協力しながら現在までに7本の動画を公開したのですが、正直伸びている動画と思うような成果が出ていない動画がそれぞれある状態です。今後は両者を比較して仮説を立てながら運用に反映させていきたいと考えています!

小池:一般的なSNSは過去や現在の出来事を共有するものですが、Pinterestはこれからやりたい未来のことを集められるという独自性があるものなので、早期から着手することで将来サービス化できるような情報を収集していけたらと考えています。
(エクスコアのPinterestアカウントでは「動画制作のコツ」を発信しているのでぜひチェックしてみてください!)

ー 将来的な目標はありますか?

小池:スケールの大きな話ですが、最終的な夢はチームを拡大していき『分社化』することです!そのために現在はできることを探してどんどん挑戦しながら、事業部の基盤を作っているところです。自分自身も取締役の影響を受けて、内気な性格から主体的に発信していける性格に変わっていったので、マインド・技術ともに教育ができる環境だと自負しています!期待を込めて入ってくれた人たちの期待を超えたいという思いでやっているので、将来的にチームをまとめて引っ張っていくポジションを担えたらと考えています!

内藤:私は小池さんみたいに大きな目標というわけではありませんが、入社当初から変わらず「動画を通して人の役に立ちたい」という思いを強く持っています。これからも自分の強みを活かしながら人の役に立つ動画を作り続けていけたらいいなと考えています!

ー 最後に読んでくれた方々へメッセージをお願いします!

小池&内藤:丹精込めて作った社員インタビュー動画ですので、この動画を通して弊社のことをより深く知っていただけたら嬉しいです!

最後に…
今回制作した社員インタビュー動画は、全てこちらから視聴することができます!
▶︎https://xscore.co.jp/recruit/movie.html

就活中の大学生の方もエクスコアが気になっているという社会人の方もぜひご視聴ください!
1本あたり7~10分ほどの動画になっております。
右下のYoutubeボタンを押していただければ、タイムスタンプも表示されるようになりますので、気になるところからご覧いただくことも可能です。

今後も様々なポジションで活躍するメンバーにインタビュー予定ですのでお楽しみに!

**********************************************************************************
ー その他の情報はこちらからご覧下さい!

▼Web制作実績

▼Pinterest
https://www.pinterest.jp/xscore2013_Webma/_created/

*********************************************************************************

株式会社エクスコア's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more