1
/
5

映像授業の予備校は、「講師」と「担任」の最強の分業です。|社員インタビュー②

こんにちは。聖文館です。

先日公開した社員インタビューはご覧いただけましたか?元・若松塾(聖文館が運営する集団指導塾)の生徒が、今は講師として大活躍!という内容でしたね。

さて、今回は当社が若松塾とは別に運営している、東進衛星予備校の運営スタッフにインタビューを実施しました。なんとこの方も、元若松塾の生徒なんです・・・!

今回のターゲットは…



■ 岩國(いわくに) さん 
2021年中途入社
配属:東進衛星予備校
前職:予備校運営

家よりも、塾にいる時間が長かった学生時代

― 岩國さんは、元々若松塾に通っていたんですよね。

そうですね。出身が関西なので、学生時代は若松塾のお世話になっていました。

― 当時の若松塾へのイメージを教えて下さい。

塾に通うこと自体がはじめてだったので、塾=勉強する場所でしかないと思っていました。しかし、通い始めるとそうではなくて、先生が勉強“以外”の部分でもすごく自分を気にかけてくれるんですよね。なので私も学校であった出来事を報告したりプライベートな悩みを打ち明けたり、先生と話すのが大好きになりました。それで最終的には、「家よりも学校よりも、塾にいる時間が長い」なんてことに(笑)

― それはすごいですね(笑)どうしてそこまで好きになれたんでしょうか?

やっぱり、先生と生徒との距離が近いからだと思います。「指導者」というよりは、「よき理解者」であり「導いてくれる人」という印象が強かったです。元々勉強がすごく好きだったわけではないですが、若松塾にいると安心しましたし、教育や塾が好きになったのは若松塾があったからですね。


自分自身も、成長し続ける指導者へ

― 塾に思い入れがあったんですね。就職の際に、講師を目指さなかったのはどうしてですか?

大学時代にアルバイトですが塾講師を経験しました。そのうえで、自分が「教育」を仕事にするにあたって、何が一番したいのかを就活の時はすごく考えましたね。もちろん塾講師は選択肢にありましたし、他にも学校の先生や、野球を長く続けていたこともあって野球指導者として生きる道も考えました。

ですが、勉強やスポーツが「できるようになる」ための指導ではなく、もっと根本的な、人間性を育てる教育がしたいと考え、東進衛星予備校の運営という道を選びました。

― 予備校運営の仕事の魅力を教えて下さい。

担任として、ティーチングではなくコーチングできるのが魅力です。東進衛星予備校は映像授業を各自で受講してもらうスタイルですから、私たちが授業を行うことはありません。生徒の自主性や夢を育むことが仕事です。なので、自然と指導の方針は「答えを教える」ティーチングではなく、生徒の話に耳を傾け、意思を尊重して「気づかせる」コーチングになります。

若松塾に通っていた当時憧れていた先生に近づきたいという想いがあったので、「勉強を教えるだけの指導者ではつまらない」という考えがあったのかもしれません。コーチングを通じて、自分も成長したいという想いがありましたね。


自分が学んだことを、教育に還元できる会社

― 聖文館には、中途での入社ですよね。

はい。新卒では、関東の東進衛星予備校を運営している会社に就職しました。ですが、自分がお世話になった塾(会社)に恩返ししたいという想いがあったことと、聖文館の方が自分がこれまで学んできたことや経験を活かしやすいと考え転職しました。自由度が高い会社なので、想いを実行に移しやすいですね。

― 生徒たちとは、どんなふうに向き合っていますか?

自分は、若松塾の楽しい授業、面白い先生と出会えたことを幸運だと思っているので、自分の生徒にもそれを感じてもらいたくて「どう工夫すれば親しみやすさを感じてもらえるか」というのは常に考えていますね。

― 実際にあったエピソードを教えてください!

学校が終わったらすぐに登校してくる、すごく意欲的な高校1年生の子が居たんですが、スマホを見る回数や休憩の回数が増えたことが気になって「何かあった?」と声をかけたことがありました。そうすると、「実は学校でこんなことがあって・・・」と悩みを打ち明けてくれたんですよね。そういう、なかなか自分から人には言い出せないけど、誰かの助けを求めているヘルプサインを見逃さないために、生徒一人ひとりをよく見るようにしています。


MESSAGE

私は元々若松塾(聖文館)に馴染みがあったというのもありますが、勿論そうでない方も、実現したい教育の形がある方に向いている仕事です。また、“聖文館の”東進衛星予備校だからこそ挑戦できる事も多いので、今の環境にジレンマを感じている教育業界経験者の方や、のびのび教育に取り組みたい未経験者の方も、まずは一度、会いに来てもらえたらと思います!

株式会社 聖文館's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more