1
/
5

ビジネスパーソン引退を決めていた私がUrbanbaseで新たなチャレンジを決めた理由

こんにちは!Urbanbase(アーバンベース)のマーケティング&コミュニケーションのアスカです

私のUrbanbaseでのミッションは、3Dインテリア シミュレーションサービスとして知られる「Urbanbase Studio」をはじめとしたプロダクトを、たくさんの人に知っていただき、たくさんの人に体験を感動に変えていただくことです。
今回は、ビジネスパーソンとしての引退を決めていた私が、なぜUrbanbaseに参画し、新しいチャレンジを決めたのかについて、赤裸々にお話ししようと思います!

もうラクしたい! 朝からジム行って、昼からビール片手にお寿司つまみたい!

よくないですか?こんな暮らし!
ジェンダーレス社会実現に向かい、女性の社会進出が当たり前になろうとしているなか、時代に逆行した「昭和」な考えのようではありますが、
実際に、内閣府が実施した「結婚・家族形成に関する意識調査」では、約7割の女性が
「夫に養ってもらいたい」と回答したそうです。

養ってもらえるなら、ラクしたい!遊んで暮らしたい!ですよね(笑)
ぶっちゃけ女性・男性関係なく、心のどこかで、そうできればいいな〜なんて思っているのではないでしょうか。


13億調達? 3Dインテリア シミュレーション サービス? ?

そんななか「Urbanbaseが約13億の資金調達」という記事を見たのが、Urbanbaseとの出会いでした。
実はそれまで、Urbanbaseはもちろん、「3Dインテリア シミュレーション サービス」というプロダクトを知りませんでしたが(秘)、Urbanbaseを開発した本国ではポピュラーなサービスなんだそうです。

13億の資金調達にも驚きましたが、「テクノロジー×空間」で未来を創る、そのUrbanbaseが、マーケターを探していると聞いて、インテリア、VR、AR、マーコム、大好き人間の私は、居ても立っても居られなくなり、代表の大野へ直接メッセージを送りました。
ビジネスパーソン引退を決めていたにもかかわらずです(笑)


「老後の資金」と「老化」リアルを知ると、引退してる場合じゃなかった!

ここからは、なぜビジネスパーソン引退を決めていたのに、UrbanbaseへのJoinを決めたかをお話ししますね。

まずは「老後の資金」!
お買い物大好き、外食大好きな私が、今の生活を維持するために、引退後に必要な貯蓄額を計算してみて、真っ青に。

あとは「老化」!
いつまでも若々しい心と体、維持したいじゃないですよね
そのためには、お高いコスメとメンテナンス、そして「ワクワク」が必要。
ですよね(笑)

朝からジムに行って、昼からビール片手にお寿司つまむには、まだまだビジネスパーソン引退なんて時期尚早。

アグレッシブに働いて、金曜日にはハッピーアワーを楽しみたい!
そして、土曜はぐっすり眠ってリフレッシュ。日曜日はジム&お寿司!

そうです。
徹底的にワクワクし続けながら働くために、Urbanbaseへの参画を決めたのです!


メタバース領域への参入!どこまで進むの?アーバンのテクノロジー。

Urbanbaseのテクノロジーは、日々驚くほどの進化を遂げています。

三菱地所様やニトリホールディングス様といった企業でのご導入いただいていて、もしかしたらもう既にUrbanbaseのテクノロジーに触れているかもしれませんね!

B2BはもちろんB2C、そして、メタバース領域への参入…
まだお話できないこともたくさんありますが、
そのロードマップには、ワクワクが止まりません!

「ワクワク」

Urbanbaseでの毎日は、その一言に尽きます。

URBANBASE株式会社's job postings
17 Likes
17 Likes

Weekly ranking

Show other rankings