1
/
5

なぜ?エンジニア35歳定年説が囁かれる4つの理由

セールスフォース開発事業及び
エンジニアのキャリアアップ支援を行っております
株式会社CENTOです。

「エンジニアは35歳で定年」IT企業に勤めていたら、こういう言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

この言葉に恐れている人も多いかと思います。

しかし、実際はそこまで心配する必要はありません

エンジニアは市場価値の高い仕事であることは確かです。

35歳で職を失うなんてことはないでしょう。

本記事ではエンジニア35歳定年説が囁かれる4つの理由について解説します。

なぜこんな言葉が生まれるようになったのか、理由を知りたい方はぜひお読みください。

エンジニア35歳定年説とは?


「エンジニア35歳定年説」とはIT業界の間で広まっている、いわゆる都市伝説のようなものです。

あくまで都市伝説ですので、本当に35歳でリストラされる訳ではありません。

着目すべきなのは、「なぜこの都市伝説が生まれたのか」という点です。

火のないところに煙は立たないという言葉がある通り、噂が立つからには何らかの根拠があるはず。

結論から言うと、この都市伝説には「エンジニアにとって35歳は転機である」という意味が込められています。

30代になったら、現場で手を動かす仕事からマネジメント職へのキャリアアップを見据える必要がある、ということ。

つまり、ここで言うエンジニアとは「プログラマー」や「SE」を指します。

「プログラマーやSEとして働く場合、35歳前後から厳しくなっていく」ということです。

「エンジニア35歳定年説」という言葉を聞いたら、こういう意味であると捉えましょう。

エンジニア35歳定年説が囁かれる4つの理由


エンジニア35歳定年説が広まったのには訳があります。

エンジニア35歳定年説が囁かれる理由は次の4つ。

・管理職に就く人が増えるのはこのあたり
・新しいことを学べなくなってくる
・体力が持たなくなってくる
・給料が上がらなくなる

1つ1つの理由について詳しくみていきましょう。

管理職に就く人が増えるのはこのあたり

35歳になると、平均年齢の低いIT企業の場合、徐々に管理職に就く割合が増えていきます。

PLやPMのポジションであったり、係長や部署であったりする人が多くなるでしょう。

40代になると、肩書きを持っていないエンジニアは減っていきます

これが35歳定年説が囁かれる直接的な要因でしょう。

35歳になると、現場で開発する仕事ではなく仕事を管理する立場に変わる人が多いです。

新しいことを学べなくなってくる

年齢を重ねると人は、頭が固くなってしまったり勉強意欲が衰えてしまったりして新しいことを学べなくなっていきます。

しかし、プログラマーは常に勉強し続けなければいけない仕事です。

トレンド技術は移り変わっていきますので、プログラマーはそれに対応しないといけません。

たとえば、プログラミング言語が変わったり、自社サーバーではなくクラウドサーバーを使うようになったりするなど。

22歳から10年以上プログラマーをやっていると、新卒時点で学んだ知識が大抵使い物にならなくなるでしょう

このような理由でプログラマーは学び続ける必要性があるのですが、35歳を過ぎると難しくなっていきます。

もちろん35歳でも勉強意欲が強い方はいますが、若い人の方が有利と見做されやすく転職で不利になりがちでしょう。

体力が持たなくなってくる

35歳になると想像以上に体力が低下してしまいます。

現場で延々と開発作業を行うこと

が、しんどいと感じる方も多いでしょう。

また最近は改善されてきてはいるものの、プログラマーやSEは未だ激務と言われることも。

そのため体力がないとやっていけない仕事と思われやすいです。

このように体力面の観点から考えても35歳以上は不利と言えるでしょう。

給料が上がらなくなる

35歳になると、プログラマー、SEのままでは昇給に天井が見えてくることもあります。

会社側としては給料を上げる理由がなくなってしまうからでしょう。

たとえばPMの場合プロジェクトを成功させれば、自分の成果としてそれを提示できるため、給料が上がりやすいです。

一方プログラマーの場合プロジェクトを成功させても、メンバーの一人として働いてくれた、という評価しかされず昇給に結びつきにくいでしょう。

現場で手を動かす人も会社に貢献していることは間違いないです。

しかし日本の会社の場合、マネジメントを行う側の方が評価されやすいのも事実

35歳定年説を受けてエンジニアができること


35歳過ぎてから、プログラマー、SEとして働いていると厳しくなっていくと解説しました。

35歳過ぎてからも、エンジニアとして高給を得たいなら何かしら対処を行う必要があります。

少なくとも開発スキルだけを淡々と高めても、上手くはいかないでしょう。

35歳定年説を受けてエンジニアができることは次の3つです。

・マネジメントスキルを身につける
・コンサルタントを目指す
・フリーランスエンジニアとして独立する

1つ1つのエンジニアができることについて詳しく解説しましょう。

マネジメントスキルを身につける

1つ目はマネジメントスキルを身につけることです。

現場で手を動かす仕事から、PL、PMへキャリアアップする準備を進めましょう。

マネジメント職は35歳を過ぎてからも、給料が上がりやすいです。

ただし、PL、PMはプログラミング以外のスキルも重要でしょう。

具体的には他人のスケジュール管理や進捗管理といった、マネジメントスキルが必要です。

日々の開発の仕事をこなすだけではマネジメントスキルは身につけることは難しいので、自分で書籍を読んだりセミナーに参加するなどしてスキルを培っていきましょう。

コンサルタントを目指す

マネージャー職以外にもコンサルタント職を目指す手もあります

コンサルタントは、企業の悩みをヒアリングし解決するためのシステムを提案する仕事。

SEと親和性が高い仕事ですので、SEからコンサルタントへのキャリアアップは可能です。

コンサルタントになるには、論理的思考力やコミュニケーションスキル、他業界の知識などが必要でしょう。

フリーランスエンジニアとして独立する

35歳を過ぎてからも現場で開発を続けたい。

そういった方の場合は、フリーランスエンジニアして独立するのも手です。

フリーランスなら、スキルや作業スピード次第で収入を上げていきやすいでしょう。

近年、フリーランスエンジニアになる人も増えてきています。

ただしフリーランスは自分で仕事を取ってくる必要があるため、営業力なども必要です。

プログラミング以外のスキルの重要性が高まっていくのは、どのキャリアを選んでも同じことでしょう。

まとめ:エンジニアにとって35歳は転記と捉えるべき


本記事ではエンジニア35歳定年説が囁かれる理由、について解説しました。

エンジニア35歳定年説はあくまで都市伝説であり、本当に首を切られる訳ではありません。

ただし、完全に無視して良いかというとそうではないのも事実。

35歳定年説が囁かれるのには理由があります。

その理由を把握し適切に対処を行うことが肝心でしょう。

基本的には、35歳を過ぎれば下流工程の仕事は厳しくなっていきます。

30代になったら、マネージャーやコンサルタントへのキャリアアップも、徐々に意識する必要があるでしょう。

弊社ではエンジニア様と同じ目線に立ち
キャリアについて考えています。
弊社事業にご興味ある方は
気軽にお声がけください。

株式会社CENTO's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more