1
/
5

「書く」で勝つ!

こんにちは!インターン生の渡邊です!

突然ですが、「あなたは文章を書くのは得意ですか?」

と質問すると、おそらく苦手と答える方のほうが多いのではないでしょうか。

実は、私も「書くのは苦手だ」と答える一人でした。(笑)ですが、文字として自分の表現したいことを発信できることは「とても素敵だな、いいな~」と感じることが多々あり、文章をうまく書けたらいいのにな~と嘆く日々を過ごしていました。

こんな感じだった過去の私のように、「文章好きだけど苦手だ」と感じている人にぜひ読んでほしい『書くのがしんどい』という本について紹介したいと思います


まずこちらの著者である竹村俊介さんは、もともと書くこと自体は好きではなく、むしろ苦手だと答える一人でした。

しかし、書籍の編集者という立場で、ライターや著者が書いてくる文章に対して「赤入れ」をしてアドバイスや修正を行う仕事の中で、文章を上手に書くことが出来るようになったそうです。

またそうした活動をしている中で、著者から「文章がうまく書けない」という悩みを受け、真剣に向き合った結果、「しんどい」の原因を見つけることが出来たのです。

それが以下の5つです!


書くのがしんどい

書くことがなくてしんどい

伝わらなくてしんどい

読まれなくてしんどい

つまらなくてしんどい

続かなくてしんどい


しかし、この本を読むことで…

書くのが楽しい

書くことが見つかる

文章がわかりやすくなる

多くの人に読まれる

読み手の気持ちを動かせる

書くことが習慣化する

に変わると断言しています!!!

私的見解としては、この本を読みながら(読み終えてからでも構いません)実践してみることで、この「書くのが楽しい」という状態を手に入れられると思います!そして、書いてあることが難しいことではないのでぜひやってみてほしいと思います!


TwitterでPDCAを回す!

上記にある5つのしんどいを解決すべく、1章ごとに細かく述べられていますが今回は特におもしろいと感じた「続かなくてしんどい」のチャプターを少しだけ紹介しますね。

文章スキルを磨くには、「実際に書いて、みんなに読んでもらうこと」がとても重要になってきます。そこで、使う最適なツールはTwitterだというのです。

きちんとした文章を発信して、PDCAを回す。適切な使い方をすれば、文章力を磨くうえでツイッター程いいツールはありません。

ツイッターで発信していると、フォロワーがいいねやコメントで自然と「編集者」の役目をはたしてくれるようになります。


これからの時代の「書く」

長い文章を書かなくてもいい。立派な文章を書かなくてもいい。一人で書かなくていい。

これまでのライティングは「完成品になるまで書き手の脳に留めておくもの」でしたが、これからの時代は下書きの段階からみんなで共有する部分があってもいのです。

β版の段階で多くの人の目にさらして、そこから磨き上げて完成に近づけていくのです。

「納品主義」→「カイゼン主義」でいきましょう!

私自身、自分の書いた文章をネットにあげたり、学校で出されるリアクションペーパーなどを人に読まれることにとても抵抗がありましたが、読んでもらわないと始まらないということにハッとさせられました。

そして最後に…私の心に刺さった文章を引用したいと思います。

「書く」ということは、誰でも使えて効果を無限大に発揮する魔法なのです。

そして、「書く」ことは人生を変えうる力を持っています!

「書く」というのは、日々の人生を変え、キャリアを変え、人生を変えます。



書ける人が有利な時代に!?

今は書ける人が有利な時代です。なぜなら、インターネットが発達したおかげで「初対面がテキスト」というケースが増えているからです。

この時代において、有利なのは話の得意な人ではなく、書くのが得意な人です。

最初にテキストでその人を判断して「この人、面白そうな人だな」というのがすぐにわかります。

これからは、「書ける人」が有利になっていくのです。



この記事を読んでSORANIKEに興味を持った方は、ぜひ下記URLから弊社のCOOとお話してみませんか?

合同会社SORANIKE's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings