1
/
5

【社員インタビュー】地元・青森の高校から上京して新卒入社6年目。23歳の若さで20名のチームを率いるSVマネージャーに。(株式会社ザイオン・沢目沙希)

こんにちは。株式会社ザイオン採用広報です。

第一回目の社員インタビューでは、23歳という若さながら当社のSV(スーパーバイザー)のマネージャー職として活躍している沢目さんにお越しいただきました!


<Profile>

沢目 沙希 Saki Sawame

年齢:23歳
出身:青森県
社歴:6年目(2016年4月入社)
職種:SV(スーパーバイザー)
役職:マネージャー


本日はよろしくお願いいたします。
まず、沢目さんは新卒でのご入社かと思いますが、学生時代はどんな方だったんですか?

沢目
地元である青森県の高校に通っていましたが、とにかく目立ちたがり屋な性格でクラスの学級委員長とかも積極的にやっていました。特に年間行事には熱く燃えるタイプで、文化祭、体育祭、球技大会などにはクラス対抗で絶対に優勝しよう!と意気込んでましたね。

所属していた学科は情報ビジネス科というところで、PowerPointやExcelなどのOffice環境やパソコン全般に触る授業ばかりを受けていました。

とにかく就職に強いからという理由で、高校2~3年の2年間では約20個ほどの資格を取得しました。Excelの関数とか、簿記とか、デザイン系とか。おかげでタイピングに関してはかなり早くなりましたね。

高校卒業してすぐに上京して就職されるってかなりの覚悟の上だったとは思うのですが、就職活動ではザイオンの他にどういった会社を受けていたんですか?

沢目
実は、ザイオンの選考しか受けていなかったんです。
高校に求人票が来ていたのですが、社員寮が整備されていて、そこそこ給料も良かったので特に迷うこともなく応募しました。

レゲエのBGMが流れている幡ヶ谷のオフィスで前社長と面接をして、交通のこともあって何回も東京に来るのは大変だろうということで1回の面接で無事に内定をいただきました。

「落ちないだろう」という謎の自信もあったので、他社の選考には特に関心もなかったです。

高校時代から資格もたくさん取得していて、自信がついていたということの表れだったんでしょうか。それでは、入社してから今に至るまでどういったお仕事をされていたのか教えてください。

沢目
最初は、お客様に電話してアポイントを獲得するオペレーターのお仕事をやっていました。入社して4ヶ月目に成果を出して、5ヶ月目からは現場の責任者に。

そこから3年ぐらいは、獲得したアポイントの事前確認の業務。あとは新入社員やアルバイトの方の教育にも携わっており、サブマネージャーとして現場の指揮もとっていました。

現在のポジションには2019年7月に異動してきて、本格的にマネージャーと呼ばれる立ち位置に移りました。今ではアルバイトの方のシフト管理、クライアントとの案件の数字管理など含めて、現場における全てのことをやっています。

なかなか結果が出ないメンバーに対して、「こういったトークに変えてみたらどうか」といった提案をしてメンターケアも行い、数字に対して達成、未達成の要因を常日頃から追求しつつ、いかにして効率よく成果を上げていくかを考えながら従事しています。

1ヶ月ごとに目標ノルマが変わっていくので、そこを達成できた瞬間は今の一番のやりがいになっていますね。リーダーとしての立場に移ったからこそ、業務以外の人間性の部分であったり、ビジネスマンとしての基礎を深く学べている。今までは知り得なかったことを新しくインプットできるようになったのは、自分の中では成長できたなと実感できるポイントですね。



なるほど、責任のある立ち位置に就いたからこそ様々な変化を遂げていったのですね。そんな沢目さんがザイオンに入社してから印象に残った出来事などはありますか?

沢目
印象深かったことはたくさんあるのですが、努力が実って今のSVマネージャーのポジションに就いたことが自分にとって一番の大きな分岐点でしたね。

業務内容が一新されたことで自分の中で考え方も変わっていきましたし、毎日覚えることも多くて常にキャパオーバーしていました。

20名のチームを管理していく上で、新人教育や目標達成のためのKPI作成など業務に対する試行錯誤は日々重ねていて、今では当時に比べるとかなり視野は広がったような気がします。

ありがとうございます。沢目さんが仕事をする上で目標にしていることや、大事にしていることがあれば教えてください。

沢目
関わっている人全てに利益が出ることが目標ですね。

ザイオンが盛り上がっていても、クライアントの利益に繋がらなかったら何も意味がない。委託先の企業にも満足していただけるように、常にWin-Winの関係になれるよう意識しながら仕事にあたっています。

改めて、ザイオンの魅力や強みについて語っていただけますでしょうか。

沢目
面倒見がいい人、優しい人が多いのは特徴的かなと思います。悪い意味での縦社会関係がほとんどなく、人見知りしやすい人でも気軽に上長に相談したりしながら働ける環境が整っています。

月に1回社長面談もあって、今後のキャリアビジョンや日々の業務に対する悩みなども気楽に話すことができるんです。

社内の人事制度についても再調整を施している段階で、今後やるべきことや今足りないことが何なのか明確化する作業も経営陣の方で丹念に行っているので、他の会社にはない風通しの良さはあると思いますよ。

今回は今後事業を大きくしていくフェーズの中での大規模な採用となりますが、沢目さんはどんな人と一緒に仕事をしてみたいと感じられますか?

沢目
目標を設計しながら何かしらの努力をしようとしている人です。

ひとえに目標と言っても内容は何でもいいと思ってて、コミュニケーション力を上げたいであったり、今以上に給料を上げたいであったり、経営のことを学びたいであったり。

ザイオンは頑張っている人を応援してくれる環境ではあるので、明確なビジョンがある人であればしっかりやりがいを感じながら働けるとは思います。

自分は高校卒業してすぐに入って全く右も左も分からない状態でしたが、責任者に上がる前までは「やるからには一番になって注目を浴びたい」という強い意志を持って仕事に打ち込んでいました。

役員と近い距離感で面談する時間は多々あるので、自分のキャリア形成について考える機会はかなりあると思います。

結論、ネガティブでなければOK。自分に言い訳をせずに、素直に成長を遂げてみたいという人であれば、ザイオンの風土は向いているかと思います。

最後に、求職者の方に対してメッセージをお願いします。

沢目
当社では、成長意欲があり、クライアントや仲間とともにキャリアアップをしていきたいという方を求めています。同世代の人と比較してみても圧倒的なスキルを身につけられて、頑張った分だけ評価される環境ではあるので、志高く働いていただくことが可能です。

皆さまのご入社を心よりお待ちしております!


株式会社ザイオン's job postings
17 Likes
17 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more