1
/
5

頑張る人が報われる世の中に!非大卒層キャリア支援事業の社会的意義

こんにちは。株式会社前人未到の藤本です。
今日は「サムライキャリア」の社会的意義について書こうかと思います。

頑張りたい人が報われる世の中に

頑張りたい人が報われる世の中になって来ているし、したいと思うんですよね。

インターネット・SNSの普及によって情報が流通し、個人が目立ち、インターネット上でアピールをすれば元々の地位やネットワークなんか関係なく、何かを手に入れられる・何者かになれる世の中になりました。

それで出現して来たインフルエンサー(広義の意味での)に影響を受けて、成功を間近で感じることができ、挑戦の心理的ハードルは少しづつ下がっています。

ただしこれは一部の行動力がある人たちに限った話で、80%の普通の人たちは自分次第で何かを変えられるという実感がまだありません。
成功者はネットの中にいて、実際に接している家族や友人にはいないと思っているからです。

そして非大卒層がまさにこうした考えのボリュームゾーンで、仕事ですら選べないと思っています
高校の先生から推薦された仕事につき、転職サイトは大卒向け求人ばかり。学歴不問でも実際は難易度が高く、普通の中卒・高卒向けではない求人が多いです。

そんな状況なので諦めている人がほとんどです。

僕たちはその中でも自分の人生を生きる意思がある人を助けたいと思っています。

逆に、極論言えば他力本願な人は非大卒だろうが大卒だろうが僕らがなんとかしてあげたい人には含まれません。
こういう自分勝手さってある意味僕らのアイデンティティでもありますし、大事だと思うんですよね。

仕事も含めて人生を充実させる方法を提示し、それに食らいついて選択の自由を勝ち取る人を少しでも増やしていって、この世から愚痴が減っていけばいいなと思います。

スキルないとやばくない?問題

すでに人不足で困っている会社は多いというのは周知の事実だと思います。
それと同時に人手不足に対応する動きも盛んになって来てます。

AI・RPAの活用により簡単なタスクはどんどん減ってますよね。最近みずほとか事務職3000人くらい減らしませんでしたっけ?

少しづつバイトの時給も高くなっており、もうすぐ人間のコストの方が機械よりも高くつきます

とりあえずそんな世の中なので、人間がする必要がない仕事は無くなり、人間がやるべき仕事に人間は集中します。

そして起きるのが、単純労働者が生きていくのが辛い問題
今よりもっと生き方の自由度が減っていきます。

正直この話って大卒もやばいよって話ではあるんですけど、フリーターとかはやはり中卒・高卒が多いのでここら辺なんとかしないと不幸な人が増えるなと思ってます。

結論、スキルつけないとやばくない?

株式会社前人未到's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings