1
/
5

リモートワークのお悩みを解決!VITAリモートワーク相談所

Photo by XPS on Unsplash

こんにちは、VITAの加藤です。

今月より「ゆるネタ」から「がっつり記事」までストーリーとして書くことになりました。

自己紹介はプロフィールを見て頂くとして、今回は「リモートワーク相談所」をやりたいと思います。

コロナ禍も2年目に突入して、色々とリモートワークついて議論されていると思いますが、

その中でよくある悩みについて答えてみようかと思います。

上司や先輩に気軽に質問できなくて辛い

これはもう「そりゃそうよ」でしかなくて、目の前にいないんだから当たり前です。

答えになってない!と思うかもですが、リモートワークはある意味イノベーションなわけで、今までと違うのは当たり前です。最初はみんなスマホに抵抗あったでしょ?

それに正直気軽に聞けるかは「相手との関係性」が大事なので、リモートワーク特有の問題か?という疑問もあります。出社していても相談しにくい人はしにくいですよね?

リモートワークする側の姿勢として、新しい働き方に適応していくように取り組む必要があると思います。

とはいえ、それでもやっぱり相談がしにくいというのであれば、

定期的に相談ミーティングをセットしておく、というのは効果的ではないでしょうか。

仕事とプライベートの切り替えが難しい

これは難しい問題ですね・・・。

大半の人は出社することで仕事のスイッチが入っていたのが、家の場合はそういかないと。

正直これもリモートワークに適応するしかなくて、何とか出社の代わりの「スイッチ」を作るのが一番の解決策です。ただ、そう簡単にいかない人もいますよね。

参考になるかは分かりませんが、私のスイッチの入れ方を紹介します。

  • 物理的な仕事スペースを作る
  • 音楽を聴きながら仕事ができるって何て素晴らしいだと感じながら仕事する
  • 仕事開始時と終了時に予定と実績を上司に報告する(新人じゃなくても敢えてこれを毎日する)

1点目は、まぁよくある回答かな?部屋にスペースの余裕があること前提なのが欠点。

2点目はネタっぽいですが、意外と大事だと思うんですよね。

リモートワークだからこそできることに目を向けることで、前向きに働けるんです!

3点目は「覚悟」の話。敢えて予定と実績を報告することで、「集中して終わらせないと!」という気分にするってことですね。

これは私の管理するメンバーたちには、全員にさせています。

終わりに

意外と長くなってしまったので、今回はこれで終わりにします。

リモートワーク問題は、よくツールで解決することが先に会話されることが多いですが、

「リモートワークに適応するぞ!」って姿勢がまず必要だと思うんです。

じゃないと、いくらツール利用したところですぐ破綻します。


ということで、少しでもお役に立っていれば、と思います。

ではまた!

株式会社VITA's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more