1
/
5

未経験からWeb広告業界へ!研修にチーム史上最速合格した彼が語る“CyberACEの魅力”とは?

こんにちは!広報の木下です。この度CyberACEで、一緒に働く仲間や会社の魅力に迫る“社員インタビュー企画”をスタートします。

今回はFacebook広告運用コンサルタントとして2022年9月に入社した長南さんにインタビュー!入社後研修にチーム史上最速で合格し、「Facebookチームの柱になる」と奮闘している長南さん。ジョインの決め手や研修・実務を通して感じたCyberACEの魅力についてお聞きしました!

プロフィール

長南 憲汰(ちょうなん けいた)

大学卒業後、新卒で不動産会社に就職。岩手で一戸建ての飛び込み営業を1年経験する。その後、兼ねてから興味があったWeb広告業界への転職を決意し、2022年9月にCyberACE入社。広告運用コンサルタントとして Facebook広告運用を担当。実務前に取り掛かる研修をチーム史上最速の10営業日で合格し、既に戦力となっている。趣味は漫画や映画、時々ゴルフ。

“圧倒的成長スピードの可能性”に惹かれジョイン

——CyberACEへのジョインを決めた理由を教えてください!

成長スピードの速さが一番の決め手です。面接で「1ヶ月でこのような案件を受け持ってどんどん進めていきます」「入社3ヶ月の方がこのくらい活躍しています」と教えていただき、具体的な時間軸で共有いただけたので入社後のイメージもつきました。

前職とは一味違うスピード感が魅力でしたね。業界も職種も変わるので、最初は「自分にできるのか」という不安がありました。でも、以前から挑戦したいと思っていた業界でしたし、僕自身がスピード感のある環境を求めていたので大きな不安要素にはならかったですね。

——実際に入社して、CyberACEのスピード感はいかがですか?

想像していたよりも早いスピードで成長できそうな環境だと感じています。まず、仕事を進めていくうえでの“待ち時間”が圧倒的に少ない!入社したてで覚えることが多いということもありますが、ひとつタスクが終わるとすぐ次のタスクが入ってくるんです。

タイムラグがないので仕事のリズムが整いやすく、入社して間もないながら成長の実感もあります。全員のスピードに合わせて足並みを揃えるのではなく、個人のスピードに合わせて進められる環境と教育体制が僕には合っていると改めて感じました。

研修最速合格の要因は“ハングリー精神”と“トレーナーの手厚いサポート”

——CyberACEには入社後研修がありますが、どんなことをしましたか?

【クエスト】と呼ばれるCyberACE独自の研修をおこないました。過去案件の数ヶ月分のデータを見て次月の改善案をプレゼンするテストをします。

資料はクライアントに提出できるレベルまでブラッシュアップし、データも実際の案件のものを使用するためかなり実践的です。何度も先輩にプレゼンを見てもらい、フィードバックをもとに改善を繰り返していきます!

専門用語を覚えることや、システムの使い方を習得することも研修内でおこないました。すべてが新しい知識なので大変でしたが、共有された動画で用語を覚えたり、マンツーマンでサポートしてくれるトレーナーに聞いたりして慣れていきましたね。

——長南さんは研修をわずか10日で合格したとお聞きしました!Web業界はおろかコンサルも未経験ながら、強みが活きた要素はありますか?

Web業界もコンサル業務もまったくの未経験だったので、わからないことはとにかく自分で調べて吸収していこうという姿勢を心がけました。「何がわからないかわからない」状態が一番もどかしいので、それは避けたいと思っていましたね。

また、入社後3ヶ月間ついてくれるトレーナーさんが親身になって教えてくれたのも大きいです。僕が質問しにいくとその都度手を止めて聞いてくれて。仕事をするうえで「不明点を聞くこと」は当たり前かもしれませんが、忙しかったり余裕がなかったりすると聞きにくいこともありますよね。

でもどんなときも毎回時間を作って向き合ってくれたので非常に聞きやすかったです。だからこそ研修もFacebookチーム歴代最速で合格できたのだと思います!

——研修では逆に「もっとこうできたら」というウィークポイントも発見もできたとか?

そうですね。僕はどちらかというと内向的な性格で、周囲と積極的にコミュニケーションをとることが苦手です。研修内ではトレーナーさんだけでなくほかの先輩や同僚にも意見をもらって、アウトプットの質をより高めることも求められます。いわゆる「巻き込み力」ですね。

「巻き込み力」が足りていない点は周囲からも指摘を受け、自分でも感じていたところです。明確なウィークポイントに気づけたことも研修での大きな収穫でした。これから仕事をするうえでより意識していきたい点ですね。

目的を明確にして仕事の効率UP!ワークライフバランスも整うように

——現在は既存案件を4つ担当しているそうですね。ハードなイメージがある広告業界ですが、ワークライフバランスはいかがですか?

大体9:30〜20:00の間で仕事をしています。定時は10:00〜19:00なので、長時間残業が続いてハードだと感じたことはないです。入社当初と比べて、時間のコントロールができるようになりました。

仕事が終わったら家に帰って映画を見たり、漫画を読んだりして過ごすことが多いです。寝る時間が増えたのも個人的には嬉しいポイントですね(笑)

働き方ですが、僕は入社して間もないこともあり基本出社しています。会社としては月・水・金が出社、火・木はリモートも可能です。ライフスタイルや体調などに合わせて柔軟な働き方の選択ができるのも良いなと感じています。

——仕事をしていくうえで心がけていることを教えてください!

効率よく仕事をしていきたいので、“悩む時間”は最小限にするように意識しています。思考の時間となんとなく悩む時間は別物だと思っていて。分析しているときも考え込みすぎたら一旦リフレッシュして、思考の整理をしますね。

合わせて、仕事のタイムマネジメントと目的も明確化もしています。案件を引き継いだ初日に、「とりあえずデータを見ておいて」と言われた時間があったのですが、どこまで理解しておくと良いのか、何を目的にデータを見ておくと良いのかを確認せずに時間を無駄にしてしまった経験があって……。

それ以来、タスクの目的確認は必ずおこなっています。結果的に仕事の効率化につながりました。

成果を貪欲に求める人こそ、CyberACEに向いている

——長南さんがCyberACEで成し遂げたいことはなんですか?

まずは担当しているtoB向けのFacebook広告運用でコンスタントに成果をあげることです。業界によっても効果的な運用の仕方が変わってくるので、貪欲に情報収集したり分析を繰り返したりして頑張っていきます!

その後は新規案件の立ち上げをするなど、徐々に戦える場を広げ、Facebookチームでできることはすべてやっていければ良いなと思います。直近3ヶ月間の目標です!

——最後に、長南さんが思う“CyberACEに向いている人”を教えてください!

社外の方からすると、CyberACEは外交的な方やコミュニケーションを活発にとれる方が多い印象があると思います。僕もはじめはそうでした。

しかし、実際にジョインしてみると決してそれだけではないなと感じました。今は、内に秘めた熱い想いがある人にこそ向いている環境だと思います。具体的には自分のなかでやりたいことが明確にある人や、成長スピードを上げたいと思っている人などです。

泥臭く努力して成果を出しているからこそ、キラキラして見えるのかもしれませんね。僕も良い結果を出せるように頑張ります!

株式会社CyberACE's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社CyberACE
If this story triggered your interest, have a chat with the team?