1
/
5

【社員インタビュー⑥】テーマパークからベンチャーへ転職、広報の柳町にインタビュー

こんにちは!今年3月末にジョインした広報担当の柳町です。 1994年生まれ、今年28歳になります。今まで広報職に携わったことがなく、まだまだ未熟者のため日々奮闘中です。
今回は、入社して2カ月ほど経った私について、そしてLiNewに入社して感じたことをお伝えできればと思います。 宜しくお願いします!


-前職について

新卒で入社した会社は、テーマパークのグループ会社でした。幼い頃からテーマパークが好きだったため、漠然とその場所で働きたいという想いがあり今まで自分が感じたように訪れる人々の楽しめる瞬間に貢献したい!と思い入社しました。

入社後3ヶ月間の研修期間を経て、現場部門に配属となり現場管理者としてアルバイトの方々のマネジメントを2年ほど経験、その後総務部へ異動になりました。

現場部門では、新卒の22歳の自分より年齢が高いうえに業務知識や経験豊富な方々をまとめあげなければいけないことに、日々プレッシャーを感じていましたね。しかし仕事をする上での学びもあり、相手の話を聞く姿勢やこちらの想いをしっかり伝えれば、立場や年齢関係なく信頼関係を築けました。

総務部では、主に法務関連の仕事や稟議書のチェックを担当していました。経営陣がすぐ傍にいらっしゃる環境だったため、常に緊張感を持って仕事をしていたことを覚えています。経営陣と現場の両方の意見を受けながら仕事をすることが出来たのは、貴重な経験です。どちらも表立ってする仕事ではないのですが、裏側から組織を支えることにやりがいを感じていました。

前職では裏方となり企業を支える経験をしたため、転職活動をする際には人事や広報など表側で仕事をする職種に興味がありました。


ー現在の仕事内容

主な業務は、会社外に向けて発信する社外広報と社員に向けて発信する社内広報です。

社外へ向けた広報活動では、新サービス提供開始などのプレスリリース記事を作成して発信、メディア対応や一般の方が目にする公式SNSの管理などがあります。

社内広報は、オープン社内報(note)の作成や、社内行事の企画、Wantedlyの記事作成にあたり社員インタビューをするといった業務をしています。

【社外広報業務】                        【社内広報業務】
・ プレスリリース                        ・オープン社内報(note)
・メディア対応                         ・ 月例会企画
・公式SNSの運用
・ コーポレートサイトの更新

広報というと人前に出ることが多いキラキラとしたイメージがありましたが、実際は黙々とする仕事が大半です。会社の認知度を上げられるように、noteやSNSで地道に発信し続けることが大切でその先に少しづつ成果が現れていくものだと実感しています。

今後の目標は、会社・自社サービスの認知度を高めていくことはもちろん、LiNewの魅力を発信することで自分もここで働きたい!という方が増えることです。広報活動をしつつ採用活動にも守備範囲を広げていきたいです。



ー入社までの経緯

転職活動中に、営業部門の社員に紹介してもらい入社に至りました。

今だから言えることですが、当時IT業界は視野に入れておらず無知でした。面接が決まってから、DXやエンジニア、AIなどのITに関する単語を沢山調べて面接に望みました。

面接をしてくださったのが代表の西本さんで、面接では私の過去の経歴の話以外にも私自身のことを深堀りしてくださったことが印象的でした。この点が他社とは違い、お話をしていく中でここで働きたいという気持ちが強まりまりました。また事業内容の詳細などを伺い、IT業界の将来性を感じたことが入社のきっかけの1つです。

そして、転職活動をするにあたり「スピード感を持って働きたいという」軸がありました。ある程度の規模の企業ではありがちなことだと思いますが、1つ1つのフローに確認事項が多く発生しやりたいことがあり決済までにかなり時間がかかるため、前職ではもどかしい思いを多々経験したためです。

そのため、自分で考えすぐに行動できる環境で働きたいと思いました。「成長と変化を楽しみたい」という気持ちからLiNewへの入社を決めました。


ー入社前後で会社にどんなイメージを持ったか

渋谷のITベンチャー企業と聞くと、きっとイケイケな方々(笑)が働いているのかなと思っていました。

入社して約2ヶ月経ち思うことは、社員の皆さんはしっかり自分を持っていて真面目で良い意味で想像と違かったです。月に1度の全社会後に運動などのレクリエーションを行うのですが、上下関係を気にせずチームで全力で取り組む企業カルチャーが素敵だと思います。

オフィスは、駅から近く常に音楽が流れていてバーカウンター兼作業場があるのがお気に入りポイントです。働く環境が快適かどうかは、効率の高く質の良い仕事に繋がるとも思います。


ー2ヶ月働いて感じたLiNewについて

入社して間もなく、広報の業務で新たな取り組みや企画の提案をした際に案が通してもらえることがありました。例えば、自社サービス「RedFire」のクラウドファンディングをしたいと広報チームで提案したところすぐに実行させていただけました。

LiNewは誰しもが手を挙げることができて論理的な意見であれば実行出来る、裁量権が皆平等に与えられている会社だと思います。

経営陣との距離が近いことも良さです。全社的に話しやすい雰囲気のため、やりたいことや疑問に感じたことは気軽に相談できる社風です。




―未来の仲間へメッセージ

前職で中規模の企業を経験して感じたことは、部門毎に細分化された業務を担当することで得られる能力には限界があったということです。現在は、業務に垣根を設けず柔軟に対応していくことが多くあるため様々なスキルが身に付きますし、自分の財産にもなります。

柔軟性を持って業務に取り組みたい!マルチタスクで仕事に取組みたい!という方はとても活躍できる環境だと思います。

自分の成長のみならす、会社の成長も加速させていきたい!という方からのご応募をぜひお待ちしています!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
現在、LiNewではエンジニア・営業職で積極採用中です!
少しでもLiNewにご興味いただけましたら、ぜひお気軽にご連絡ください!
株式会社LiNew's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more