1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

パラレルキャリアから見えるもの ー後編ー

こんにちは。株式会社KiZUKAI採用チームです。今回は当社のMarketing/PR Director・高田 竜次氏にインタビューをしました。株式会社KiZUKAIへの参画のきっかけや、前職での経験、これからの展望などを掘り下げていきたいと思います。



経歴

           株式会社KiZUKAI Marketing/PR Director・ 高田 竜次氏。

BPO領域のコンサルティング・WEBマーケティングを経て、2018年より現職。ユーザー解析や方針策定から、多数クリエイターを束ねる制作ディレクション、ワークフロー構築、クオリティーコントロール、WEBコンテンツの収益設計、企画・制作・運営をワンストップで行う。自分の法人も持つパラレルキャリア。

共に戦える仲間×自分の感覚をフルに発揮する

インタビュアー:KiZUKAIでは、どのような業務を担当されているのでしょうか?

高田:メインはマーケティング、インサイドセールス領域全般の管掌と構築です。

DXやBPO領域での豊富な経験を活かして、従来なら外注は不可能であろうスキームの構築、リソースのアサイン、プロジェクトマネジメントを全て任せてもらっています。広報、メディア、トップダウンアプローチなど様々な戦略を用いて、KiZUKAIの認知拡大を図っています。新規施策でのリードも複数創出中です。

インタビュアー:当社に参画して、変化はありましたか?

高田:共に戦える仲間増えたこと、これが一番大きな変化ですね。”社会や仕事に対する価値観を共有できる仲間”に出会えたことは、本当によかったです。

インタビュアー:大企業より、共に戦える仲間は多いですか?

高田:組織にもよると思いますが、いわゆる日本的会社では、私のキャラクターは「ジャックナイフ」扱いされることもあります(笑)しかしスタートアップでは、それが正とされます。小さな違和感を消さずに、自分の感覚をフルに発揮しながら仕事ができるという意味で、共に戦える仲間は多いですね。私にとっては、純粋にビジネスとしてのミッションに集中できる環境です。

インタビュアー:高田氏から見た、CEOの山田はどんな方なのでしょうか?

高田:私が経験則で量と一定の質を担保する「マシンガンタイプ」だとすれば、山田氏は、最小の動きで最大公約数に近い成果を発揮する「スナイピングタイプ」でしょうか。昔から、コンサルティング案件を通して、経営者の考え方・思考に触れることが好きなんですが、”山田 耕造という一人の経営者”の思考に、いま近くで触れることができるのが、すごく楽しいですね。


事業成長スピードが人の成長よりも速い

インタビュアー:これまで様々なジャンルのマーケティング・コンサルティング・マネジメントなどを経験されてきた中で、KiZUKAIならではの”苦戦するところ”があれば教えてください。

高田:「論点が外れた議論」は許されないことですね。性格的にくだらない話も好きなんですが(笑)

あとは、マネジメントをするなかで、適性のない人を見てしまうことでしょうか。よくも悪くも、適性に欠けると一瞬で淘汰される環境です。つまり、スタートアップでは、事業成長スピードが人の成長スピードより勝るということです。

彼らに罪はないのですが、能動的に動けない人は淘汰されざるを得ず、マネジメントとしては辛い部分ですね。なんとか脱落者を出さずに、スキームを組む環境を作るのが今後の目標です。

インタビュアー:KiZUKAIの一員として働く中で、一番うれしかった瞬間はどんなときでしょうか?

高田:ありのままの自分で、最大限のパフォーマンスを発揮できる環境が戻ってきたことでしょうか。目の前のタスクがカオス状態の上場前のいまこそ、自分が一番生き生きできる世界だと思っています。


物や時間を売るのでなく価値を売る

インタビュアー:高田さんが仕事をするうえで大切にしていることは何でしょうか?

高田:質実剛健を旨とする。つまり「物や時間を売るのでなく価値を売る」ということです。ゆっくり時間をかけて実行するPDCAではなく、OODA(ウーダ)ループに近い迅速・正確な意思決定を大切にしています。

これができないと管掌者はぬいぐるみでもいい!くらいに思っています。常に、広い視野、正確な顧客の声の把握、目の前のオブジェクトの把握をいかに早くすることが成果を分けると考えています。これは仮説の質にもつながります。

インタビュアー:プロダクトへの想いをお聞かせください。

高田:CX領域は重要ですが、概念がふわっとしたものでもあります。変革を実施しても、価値提供までスムーズに行き着く具体策がなかなかありません。そこを自分たちの手でITツールを用い、成し遂げられたら面白いですよね。手段は変わるかもしれませんが、ゼロから価値提供できる場をビジネスとして作るのは、ワクワクします。


上場した昔の企業の先輩方の背中を追いかけたい

インタビュアー:今後、事業を通じてどんなことを成し遂げたいですか?

高田:やはり上場を成し遂げたいですね。いま日本を代表する大企業も、かつては小さなスタートアップでした。自分の感覚をフルに発揮し、がむしゃらに努力した結果、上場を成し遂げた…そんな昔の企業の先輩方の背中を追いかけたいという想いをずっと持っています。

インタビュアー:では最後に読者にひと言、メッセージをお願いします。

高田:いましかできないこと、自分にしかできないことを一緒に楽しみましょう!

共に戦える仲間になれる日を楽しみにしています!

ーーー

本稿ではベンチャー企業における働き方の姿勢や様々なポジションを経験した高田氏ならではの仕事に対する姿勢を紹介しました。

当社では高田氏のように、個人の力を最大限活かして仕事をしたい!という方を募集しています。
カスタマーサクセス
マーケット事業開発職

1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings