1
/
5

CTO村上に聞く、業界の課題を解決できる「新SaaS」とは

こんにちは、ヴァージニア人事部です。
実は4月に新SaaSのリリースに向けエンジニア組織が立ち上がりました!

今回は新しいサービス、環境を牽引しているCTOの村上直也から本音をお聞きします。

村上直也 Murakami Naoya / CTO

東京大学大学院を卒業後ヤフー株式会社に新卒で入社。大規模分散データ処理をする新システム立ち上げに従事後リーダーポジションを経験。その後Buysell Technologiesで新規システムのためのウェブ開発(BE、FE)に携わり、GCPを用いたマイクロサービスをアーキテクトとして構築。21年4月に株式会社ヴァージニアCTOへ就任。

顧客満足度の最大化、美容/医療業界の大きな課題を打開するCRM

───まずは新SaaSの開発のきっかけを教えてください。

弊社では昨年、大手美容クリニックのシステムを新規開発したものに置き換えました。

その際にただ置き換えるだけではなく、LINEを使って予約のリマインドをお客様にお送りしたり、契約書へのサインも含めて電子化したりと、顧客管理・予約管理に留まらない機能を追加しました。その新システムによるスタッフの業務効率化、お客様の利便性向上化は、美容・医療業界の他の企業でも通用するのではと弊社では考えました。

既存システムのアーキテクチャとして複数企業に使用いただくことを想定していないシステムのため、新たにSaaS向けのシステムを開発することとなりました。

───今回開発されているSaaSを用いることでどのようなインパクトを生み出せるのでしょうか?

DXという言葉が昨今よく取り上げられていますが、この業界も今取り組んでいるまたはこれから行う企業が多いと思われます。

弊社でもクライアント様の業務効率化とともに、そのお客様の体験も向上出来るようなシステム開発に取り組んでいます。ですので、クライアント様のビジネスに大きく貢献出来るようなSaaSにしていきたいです。

チームの鍵はオーナーシップ、これからのカタチを一緒に決めていく

───いいサービスを作るにはいいチームも必要かと思いますが、どんなエンジニア組織を目指されていますか?

ひとりひとりが必要なことやできることを考え実行し、いい意味で補い合えるチームにしたいです。
立ち上げフェーズということもあり、やるべきことや携われる領域は多岐にわたります。

また、プロダクトを作る上で正解がわからないことの方が多いので、ベストな選択は何かを自分なりに考える必要があります。自律的に動けてかつそのような環境で成長出来る人が集まる組織にしたいですし、それをサポート出来るようなCTOになっていきたいです。

───村上さんが思う立ち上げフェーズの面白さはなんですか?

制約が少ない状況で、自分たちが思うベストを実現することに挑むことが出来ることだと思います。
良いと思える技術ややり方を使っていきやすい環境です。

とはいえ自分たちでこのあと運用・グロースさせていくわけなので、後のことも当然考える必要はあります。また、期限や予算などは勿論考慮しなければいけません。

それでも自分で考えて実行するのが好きな人は楽しめると思います。

ヴァージニアがパイオニアとなりさらに業界を盛り上げたい

───最後にプロダクトの魅力を教えてください。

今の状況・段階は客観的に見て、面白い・珍しい段階にあるのではと思います。

まず、大手美容クリニックのシステムは現在使用していただいており、企業の方から日々様々なフィードバックを頂いています。ですので既存システムの運用・エンハンスが経験できます。

その一方でSaaSを開発中で、そのSaaSはtoB, toC両方の機能を持ちます。既存システムとSaaSは同じ目的のシステムなので、一方で得た知見をもう一方に取り込んだり、先行して試すことも出来ます。

その分やるべきことも多いですが、エンジニアとしては多様な経験が積むことが出来ると思うので、是非一緒に働きましょう。

株式会社ヴァージニア's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more