1
/
5

IT業界で成功するための五つのコツ



こんにちは!見習いエンジニアの倉持です。

今回はIT業界で成功するための五つのコツをサクセスストーリーの魅力と共にご紹介いたします。

「成功」とはそれぞれの目標を叶えて幸せになることであり、一概には言い表すことができかねます。

しかし、エンジニアで活躍することはそれぞれの目標達成のために必要なステップであるとも考えるので、今回はエンジニアとして活躍するためのスキルやマインドについて五つの項目で記載いたします。



1.コミュニケーション能力の向上

➡成功のためには情報技術だけでなく、意思疎通をする能力が必要となります。

なぜならば、ITエンジニアは技術的なスキルだけでなく、他者とのコミュニケーション能力も求められます。

近年では「IT」と括るのではなくITを包含した「ICT(Information and Communication Technology)」が使用される傾向にあり、国際的にはICTの方が定着をしています。言葉に含まれている通り、情報技術だけでなく「コミュニケーション」が前提として必要な職種となっております。

また、プロジェクトの参画・成功には、わかりやすいコミュニケーションが不可欠です。自身の意見を的確に伝えて他者の意見や上司・現場上長のフィードバックを受け入れ、協力して課題解決に取り組むことが必要です。

つまり、コミュニケーションスキルを磨くことで、プロジェクトの効率性と成功率を高めることができるのでエンジニアとしての成功に近づきます。



2.経験の積み重ね

➡上記は、実際に現場での実務経験をすることで更に新しい業務に繋がることで市場価値の高いエンジニアに近づきます。

もちろん座学で理論を学ぶことは重要ですが、実際のプロジェクトに参加することで、その知識を実践できます。また経験できる要素として、チームワーク、問題解決、コードの品質管理など、多くの実践的なスキルを磨くことができます。実戦経験から理論だけでは得られない貴重な学びを得られます。

そしてSESの企業では上記の「経験」をたくさん得られる機会があります。サクセスストーリーでは様々な案件を扱っているので実践するチャンスがあります!


3.エラーを恐れない

エラーとはミスや失敗として記載しております。もちろんエラーとは避けられない部分がありますが、それを恐れずに取り組むことが大切です。

失敗から学ぶ行為は、新しい視点や解決策を見つけることに繋がります。エラーに遭遇したとき重要なことは、原因を分析し、必要な改善を行い、次に活かすことでより成長できるエンジニアとなります。実体験でもありますが、サクセスストーリーではエラーから学ぶ論理的思考は、実際にカリキュラムを進めていく際に何度も起きるトライアンドエラーの繰り返しで育まれるスキルです。


4.自己学習の重要性

➡IT業界は日々進化しているため、新しい技術やトレンドに適応するための学習は欠かせないということです。

例えば、スマートフォンの普及を考えた時、数年前までは存在すらしていなかったものが「世界の常識」になることも大いに考えられます。つまり、新たな知識を学ぶと業界にともいえます。

したがって既に使用されている技術に追いつくためと、これから発展していく技術の変化に置いていかれないためにも、常に業界のトレンドを学び続ける必要があるのです。

オンラインのコース、書籍、セミナー、ワークショップなどの要素を利用して、自らスキルを磨くことが求められますが、サクセスストーリーでは独自のカリキュラムからエンジニアになるまでのチャンスがあります。



5.継続的な自己啓発

➡自己学習と重なる部分もありますが、自己啓発も重要な要素です。

IT業界の変化は速いため、新しい技術や手法について常に学び続けることが必要です。業界のトレンドを追って自ら進化し続けることで、キャリアの成長と業界での競争力を維持・向上させることができます。例えばセミナー参加や書籍の購入がありますが、我が社では定期的な「勉強会」や「電子書籍購入サポート」等のモチベーションアップの制度があります!


上記のように、エンジニアとして必要な要素と我が社での取り組みを併せてご紹介いたしました!
ご質問、ご連絡お待ちしております。



株式会社サクセスストーリー's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社サクセスストーリー
If this story triggered your interest, have a chat with the team?