Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

自己肯定感を向上させる個人面談

駿英ゼミナールでは、月に1回以上は生徒と1対1で個人面談を行っています。

目的は2つあります。

一番大切にしているのは、勉強以外の側面を評価するために行います。


まずは「県大会にいけることが決まった」「レギュラーがとれた」「最近はYouTubeで◯◯を見る」などといった,学校や部活動の様子や生徒個人に関して聞いていきます。

学習塾なので,普段は勉強のことばかりを指導してしまいがちですが,駿英ゼミナールでは,自己肯定感を高めていくために,勉強以外の面も評価していくのも大切な指導の1つと考えています。


2つ目は、もちろん「勉強」に関してです。

これは当たり前のことではあるのですが、我々は、勉強の「目標」を設定することに力点を置いています。

特に中学3年生に関しては,中間テストや期末テストで,「どれくらいの点数」をとって,「どれくらいの内申を獲得できるか」を話し合い,自分で決めてもらいます。

中3の内申点は公立入試,私立入試,どちらにおいても大切です。
公立入試では,中1・中2の内申の3倍を点数化することや,私立入試ではとれた内申によって合否が決まります。

そういった意味で,自分の行きたい高校は「どれくらいの内申が必要」なのか,
そのために中間テストでは「どれくらい」取ればいいのか考えてもらい,
中間・期末テストの目標を定めてもらいます。


ひとり30分程度話していると,
友達の前では言えないけど,本当は将来の夢にアツイ志を抱いていたり,
授業ではフワフワしている子でも,本当は勉強を頑張りたいのに勉強方法がわかっていない人がいたり
勉強を頑張りたいけれど,自分で計画を立てられないので,どうすればいいか など,
悩み事や自分の内に秘めている思いを「ぼそっと」話してくれる場としても,個人面談は大切な時間です。

駿英ゼミナールでは,引き続き個人面談を行っていきます。

株式会社 中山ゼミ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings