1
/
5

お客さまにとって”心地よいお買い物”を支える仕組みを作りたい。

【社員インタビューシリーズ】

今回は、2022年1月にEC・デジタルサービス部に入社した篠原佳名子氏に入社経緯や会社への想いについて聞きました。EC・デジタルサービス部は、ECと無印良品の各種デジタルサービスを成長させていくことをミッションに、サービスの企画・デザイン・制作・運用を担っている部署です。


—- これまでのキャリアを教えてください。

1社目では、スタートアップ企業で様々な動画制作と動画関連のWebプロダクト業務を担当しました。エンジニアとアジャイルにプロダクトを作り上げることで、スタートアップならではのスピード感を経験しました。2社目は、その経験をいかしつつ、よりグローバルな環境を目指し、Twitter Japanに転職しました。広告営業として、消費財からアプリサービスまで多種多様な企業のデジタルマーケティングをサポートしながら、広告プロダクト改善も行いました。その後、今度は自分でビジネスの責任を担いたいと感じ、大手外食チェーンのグローバルマーケティング担当にキャリアチェンジしました。国内外の各業態のマーケティングコミュニケーションや、海外ブランドを日本に上陸させるためのマーケティング戦略の立案と実行を担当しました。現在は、良品計画のデジタル事業を担うEC・デジタルサービス部にて、コミュニケーションとテクノロジーの両方の側面から”デジタル”を駆使し、様々な部署を横断しながらOMO(Online Merges with Offlineの略語。オンラインとオフラインが融合した世界のこと)を実行する役割を任されています。職種や業界は異なりますが、私が伸ばしたいと思っている3つの柱を軸に持ちながら、一つのストーリーを繋いでいくように、キャリアを広げてきました。


—- 篠原さんの大切にしている、キャリアにおける3つの柱について教えていただけますか。

「デジタル」「ライフスタイル」「グローバル」です。
1つ目の柱のデジタルは、コミュニケーションとしてのデジタルと、テック領域としてのデジタル両方の知識を磨き、いかしながら挑戦していくことです。 2つ目のライフスタイルは、言葉の通り、生活者の日常生活にあるサービスや商品に関わることです。誰よりも本気でお客さま目線を持ち、時にはそのお客さまになりきって商品・サービスを作ることを大切にしています。 3つ目のグローバルは、自分がビジネスで向き合う人を日本人だけに留めず、世界中のお客さま、全てのステークホルダーと関わりたいと考えています。国や地域ごとの歴史的・文化的背景から起きる違いを理解し、受け入れ、企業の成長に貢献する方法を考えて業務を行うことを大切にしています。


—-良品計画に入社すれば、3つの柱を軸にキャリアを広げていけると感じたのですね。

はい。お客さまの衣食住を支える事業、かつグローバルで「MUJI」として親しまれていることに、とてもワクワクしました。調べているうちに中期経営計画の「感じよいオンライン」というキーワードたどり着き、そこで描かれている”余白”の美しさに共感し、ここで働きたいという想いが強く芽生えました。コロナ禍を経て、様々な業種でゲームチェンジが起きた状況下において、個人的には、本気で変わっていくのだと意思表示する企業と、そうでない企業と二極化したように思います。どちらが良いということは決めらませんが、中期経営計画や社長の堂前・部門長の山内との面談で、第二創業で本気で変わろうとしていることをひしひしと感じ、入社を決めました。従業員に求められることも大きく、これまで私が大事にしていたキャリアのストーリーを更に広げながら、お客さまや会社にとっても、自身にとってもより大きなインパクトを残せるのでは、と感じたことから入社に至りました。


—- 良品計画のビジョンと本気度にも共感したのですか。

そうですね。中期経営計画にあるビジョンや想い、生活者の役に立ちたいという社風にも共感しています。権威やブランドを振りかざさず、地域社会など身の回りの方々と手を取り合い、共に成長していきたいという器の大きさと謙虚さがある企業だと入社してからも自慢したくなってしまいます(笑)。また入社してからは「本気で地球や環境のことを考えている」ところが、他社と違う点であると感じています。良品計画の行動基準の考え方には「地球大の発想」という言葉がありますが、私や部門担当が考える企画やサービスも、本当に地球にとって良いのか?社会を良くしているのか?と当たり前のように問われます。昨今、SDGsに関する取り組みがよく取り上げられていますが、こんなにも創業当初から当たり前のように実行していている会社は他にないのではと感じます。「時に地球に負担をかけることは人間の利便性の向上に繋がるが、それだけで私たちは選ばない。」といった思想は私自身勉強にもなりますし、実際のサービスや施策を通してお客さまに伝えていきたいです。



—- 現在取り組んでいる業務について教えてください。

OMO構想を進めるためのプロジェクトを担当しています。OMOというのは、オンラインとオフラインが融合している状態のことを言いますが、良品計画では、お客さまがオフライン(店舗など)とオンライン(サイトやアプリなど)どちらでも同様に、そしてシームレスに無印良品と接し、買い物できることを指します。もしくは、デジタルの力によって時間と距離を超えて、地域の方々をお繋ぎしたり、オフラインの体験をより豊かなものにしたりしていくことを想定しています。それを無印良品のアプリ『MUJI passport』を中心に、各種デジタルサービスを使って実現していきたいと考えています。OMO構想を実現するためには、「今足りないサービスを作り・補うこと」「お客さまがOMO社会で生活していることを想像しながら必要な接客と裏側の仕組みを変えること」「それを無印良品らしく、一つのストーリーにしてお客さまにお伝えする」の3つの要素を全て達成する必要があると考えています。部門長や経営陣、関係部門、そしてもちろんお客さまとの対話を重ねながら実現していきたいと考えています。



—- これからどのような方に入社してほしいですか。

オーナーシップがある方ですね。課題を発見し解決のアイデアを自由な発想で検討でき、よりよいサービス実現に向かって最後まで責任を持ってやり遂げられる方です。もちろん、様々な意見がぶつかり合いうまくいかないこともあります。それをトライ&エラーしながらお客さまの笑顔や地域貢献になることを心の支えに、完遂していただける方がマッチすると思います。 もう1つは、自分自身のできること・やることの範囲を決めない方です。自分の守備範囲を越えてどんどんチャレンジしていける環境が用意されているので、スペシャリストより、スペシャリティがあるジェネラリストになり、部門内外の様々なメンバーと対話ができる方が活躍できるのでは、と思います。


—- 最後に、おすすめの無印良品の商品を教えてください。

どれもお勧めしたいところですが、やはり食べることが好きなので(笑)冷凍食品を紹介させてください。特に、最近発売した「うなぎ巻き」は590円とは思えないふっくらとした食感と旨味がじゅわーと口に広がります。是非召し上がってみてください。


また、フライパンで作るミールキットシリーズもリモートワーク中心の皆様におすすめです。10分間で、ササっとおいしい一品が作れます。普段買わないような食材・彩り・味付けで、短い時間で贅沢気分が味わえます。いろんな種類を用意しておりますが、私の一押しは、「さわらのトマトバジルソテー」です。
(以下写真で掲載しているのは、篠原さんが作った「たこのアンチョビトマト煮」です。)


株式会社良品計画's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社良品計画
If this story triggered your interest, have a chat with the team?