1
/
5

無印良品のリアル店舗のような「感じ良いネットストア」をつくりたい。


2021年10月にITサービス部門に入社した高林貴仁氏に良品計画への入社の経緯、現在の仕事、現在どんな想いで仕事をしているのかをききました。


---これまでのキャリアと良品計画入社への想いを教えてください。

私はWEBのエンジニアとしてヤフー株式会社などWeb企業でキャリアを積んできました。その後リクルートに転職し、検索エンジンの開発や、産学連携にも携わることができました。その後、広告領域に興味をもち転職し、インターネット広告やマーケティングの分野で開発や広告運用についてキャリアを積みました。2021年に良品計画に入社したのですが、これまではインターネットでしか業務に関わってこなかったので、「地域の土着化」といった実店舗を持ちながらネットストアに関わることができることを楽しみ、無印良品の店舗で表現されている空間をうまく作り出していきたいと思っています。

---今取り組んでいることについて教えてください。

自分のメインミッションは、一部の業務の内製化です。今までベンダーにお任せしていた業務を、社内でも一部内製化して開発するというだけではなく、中期経営計画に記載されている良品計画の世界観を、当社社員もベンダーも一丸となって実現したいという思いで取り組んでいます。また、今後自立していく過程で自分たちが良品計画らしさをどう表現していくかということが大事だと考えています。

現状は、データ一つとっても、蓄積はあるものの使い切れていないデータも多いので、可視化することで部門の方針決定に役立てるなど、よいサービスを提供できるような土台を作っていきたいと思っています。

---今まではWeb企業での就業だったと思いますが、店舗もある良品計画で働くことについて違いは感じますか。

店舗がある仕事と店舗がない仕事では、考え方が全く異なると思っています。今までの仕事ではインターネットだけで、リアルなユーザーとのつながりを持つことはできませんでした。一方で良品計画では地域への土着化を目指しており、これが実現すると店舗が地域の一つのコミュニティになると思います。こういった店舗自体がプラットフォームになり、コミュニティのハブになる世界を作ることが出来ればオンラインの世界も広がると思っています。リアルな実店舗を持っているからこそ、オンラインの世界だけではできない新たなサービスの提供ができ、デジタルの領域から関われることが面白みだと思います。

店舗は無印良品の世界観が確立できていることがとてもよく、これをデジタルの世界でも表現していきたいですね。今まで地道にブランド力を高めた結果だと思います。紙袋を見ただけで無印良品ってわかるブランド力、すごいと思います。



---IT担当としてこれから注力して取り組んでいきたいことは何ですか。

店舗で感じるようなワクワク感をオンライン上でも生み出していくために、ネットストアやMUJI passportをよりよくしたいと思います。無駄を省いてシンプルな作りにしていますが、まだまだ無印良品らしさを表現しきれてないと感じています。無印良品の店舗の世界観を気に入ってもらっているお客様がネットストアでも無印良品らしさを感じとってくれたらいいなと思っており、特に、ネットストアのアーキテクチャとフロントエンドの見直しをしていきたいと思っています。

---これから、どんな方に入社してほしいと思いますか。

無印良品の商品を好きになることができて、よりよいサービスづくりを一緒に議論しながらこの変革の時期を共に乗り越えられる人。そして自分もサービスも変えていける人がいいですね。単にシステムを開発したいだけではなく、変化を楽しみながら一緒にサービスを作っていける方に仲間になってほしいなと思います。無印良品が大好きなプロ社員とITのプロ社員が共にイノベーションを起こしていく世界に興味のある方、是非入社をお待ちしています。



---最後に、おすすめの無印良品の商品を教えてください。

うーん、色々あるので迷いますが・・・そうですね。子供が生まれてサムエルパンツをはかせているんですが、おしりがとってもかわいいのでお勧めです。

らくらく動けるデニムサルエルパンツ(ベビー)


脇に縫い目のない 二重ガーゼお着替えパジャマ





高林さん、ありがとうございました!

株式会社良品計画's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社良品計画
If this story triggered your interest, have a chat with the team?