1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

入社したら何するの?CARROTアプリディレクターの1ヶ月の動きを紹介

今回はCARROT株式会社のディレクター内野にインタビュー。

CARROTのアプリディレクター職について、入社1ヶ月目の動きやサポート体制を網羅的にご紹介します!

お客様視点でロジックを組むアプリ開発

ーーCARROTが積極採用したいのがアプリディレクター職ですよね。現在は内野さんが兼任していますが、このアプリディレクター職のミッションやKPIを教えてください。

内野:アプリディレクター職なので、ミッションは素直に「アプリをもっともっと良くすること」ですね。

CARROTはざっくり「ライバーサポート 」「公式生放送番組制作」「アプリ改善」の3チームで成立する組織です。アプリディレクターには「アプリ改善」の部分をまるっとお願いしたいです。お客様同士のコミュニケーション活性化やサービスの利用体験を向上させ、リテンションレートを上昇させていくことが実質的なKPIになります。

ーー実際の業務内容は、例えばソーシャルゲームのアプリディレクターと大差ないですか?

内野:似ていますが、考える頭が違う部分もあります。

既存データの分析、データに基づく企画発案、仕様書への落とし込み、その後デザイナーやエンジニアを動かしながらアプリをリリースするまでがアプリディレクターの業務内容です。企画から入れるので裁量は大きく、その分自分自身の業務遂行能力が求められます

ソシャゲのアプリディレクターと違うのは、『#私を布教して』の企画はソーシャルゲームと違い、ゲームサイクルやバランス設計がないところ。その分、裏側のロジックの企画やコミュニケーションの企画が肝になります。お客様の導線や動かし方を意識しながら仕様に落とし込まなきゃいけないので、ソシャゲのアプリ開発とはまた違う楽しさがありますよ。

オンボーディング体制も万全

ーーアプリディレクターに採用された場合、入社1ヶ月間はどんな働き方になりますか?

内野:まずはアプリに関する数字を全部頭に入れてもらいます。また、とにかくライバー面談やお客様のヒアリング会に同席してもらいます。営業会社で言うところの営業同行みたいなもので、実際にライバーとコミュニケーションする中で、お客様像を徹底的にインプットしてもらいます。

インプットが出来てきたら、実際に機能の仕様を作ってもらうためのキックオフミーティングに参加していただきます。CARROTでは粒度が高い状態でエンジニアと一緒に話を進めることが多いので、ミーティングの中身を仕様書に落とし込んだら、その後もがっつりディレクションしていくような働き方になるかなと。

ーー入社後のオンボーディング体制は、どのようなサポート環境になりますか。

内野:そうですね。今は私と代表の栗原がアプリディレクター兼任なので、基本的には代表の栗原が側についてサポートする形になります。開発の部分はCTOの大友なども見てくれますね。

求むはスポーツのように仕事ができる経験者

ーーアプリディレクター職の必須要件・歓迎要件を教えてください。

内野:必須要件としてはアプリディレクター歴2年以上。仕様書書いて開発者動かして、アプリの一機能をリリースした経験があるのは必須ですね。あとはコミュニティサービスが好き、お客さんが好きな人かなと思います。

歓迎要件としては、分析や数字に強い人。データはGoogle BigQueryに入っているので、クエリを扱ったりしてデータが見れると好ましいです。また、できれば同じようなサービス出身の方だとありがたいですね。ソシャゲ出身の方でも受け入れ可能ですが、先程言ったように少し違う頭の使い方をする部分もあるので。

ーーなるほど、求められるスキルとして具体的なものはありますか?

内野:ある程度開発知識があり、サーバ/クライアント通信がある開発案件のディレクションをしたことがある人であれば、経験としては十分です。ただ、CARROTの場合は1からアプリを制作しているので、開発知識が無いと結構大変だと思います。

ーーマインド的に「こういう人に来てほしい」ってありますか?

内野:うーん。スポーツのように仕事ができる人。特に短距離走選手ですかね。

ーー短距離走?

内野:CARROTの開発チームはほぼソシャゲ出身なので、開発スタイルもソシャゲっぽいんですよね。「間に合わせるときは絶対に間に合わせる」というマインドの元、審査出しやアップデート前は比較的長い労働時間になることもあります。このスピード感に慣れてないと最初は驚くかもしれません。長距離走のようにずっとタスクがあり続ける働き方というよりは、短距離走やって、休んで、また短距離走やって……という働き方に近いので。スポーツのように仕事できる人がアプリディレクターだとありがたいですね。

成長できる環境で、ゆくゆくはCPOへ

ーー最後に、未来の仲間に向けて一言お願いします!

内野:今、CARROTでのアプリ開発はすごく成長しやすい環境にあります。社内の開発ラインは全部で3本ありますので、アプリディレクター職で採用になった場合、2ライン3ラインを同時に動かしていただくことになります。もちろん大変ではありますが、アプリディレクターは「何かを制作して・リリースして・フィードバックを得る」という流れでしか経験値を積めない職業なので。同時に数本の企画を走らせて世に出せるところは最大の魅力であり、期待できる成長観点かなと思います。

ゆくゆくはアプリ側の責任者、チームプロダクトオフィサー(CPO)をお願いするかもしれません。CARROTは組織の成長と一緒に自分自身も成長できる場所です。一緒に働ける日を楽しみにしています。

CARROT株式会社's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings