1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

垣根を越えて「みんなでつくる文化」がここにある。CTO大友が語る、CARROTで働く魅力のすべて

今回はCARROT株式会社のCTO大友にインタビュー。

親会社であるココネの8年戦士だった大友に、CARROTを選んだ理由、チーム全体の雰囲気、働きやすさについて話を聞きました。

音声ライブ配信の可能性と新たな挑戦を求めてCARROTへ

――大友さんのこれまでの経歴を教えてください。

ココネに入る前は広告代理店のサーバーサイドエンジニアでした。会社の倒産を機に転職活動を始めた際にココネを知り、前職よりも大きいことが出来そうだなと感じたのでエントリーしました。その後ココネには7~8年在籍していたことになりますね。

ココネでもサーバーサイドを主に見ており、チームリーダーとしてメンバーのマネジメントを担当した後、CCPジャンルアプリ「ポケコロ」の開発リーダーも務めました。ココネで周囲から頼られる存在になれたかなという自負が出てきた頃に、新規事業「#私を布教して」の開発にジョインしないかと誘われて。今まで音声ライブ配信にまったく携わったことがなかったので驚きましたが、そのぶん一から手探りで開発できる面白さ、新しい知識を取り入れて成長できそうな環境に惹かれ、快く承諾しました。

1年近くはココネの新規事業部として動いていましたが、今回分社化の話が出て、栗原さんに「CTOとして開発を見てください」というお話を頂いたんです。自分自身、音声ライブ配信はこれから伸びる分野だと思っていますし、自分への大きな挑戦として「やりたい」という気持ちが強かったので、すぐに頷きました。


垣根を超えてみんなで作る文化、すべてはお客様のために

――他社と比べ、CARROTや開発チームの特徴は何だと思いますか?

エンジニアが協力的なところでしょうか。 他社から転職してきた人からは特に「エンジニアもコミュニケーションをとりやすい文化にビックリした」と感動されますよ。

もちろん何でも依頼を飲み込むというわけではありませんし、お客様視点に立っていないと感じたものには開発側からストップをかけますが、お客様が喜ぶ魅力的な依頼は全力で実現したくなるんですよ。実現させるための努力や勉強はみんな惜しみません。テックカンパニーだと開発優位性が高いところがあると思いますが、うちはどの部署もフラット。デザイナーやエンジニア、運営の垣根を越えて、全員「お客様が喜ぶものを届けたい」という想いが強いのだと思います。

たとえば生放送配信も配信者である営業サイドの人間だけで実行するのではなく、エンジニアサイドでも新しい手法を試したかったので、生放送中ずっと横でモニタリングしていたり。普段のコミュニケーションも含め、みんなで作る文化が強い傾向にあるのではないでしょうか。

――社内のコミュニケーションで、特徴的なものがあれば教えてください。

お客様からの問い合わせは、運営もエンジニアも同じSlackで即時確認しています。バグ報告が共有されたら直せる部分はすぐに直しますし、時間が掛かりそうであればバグ報告のお知らせを掲示する流れに持っていけるように動いていますね。開発者とお客様はかなり近い位置にいると思います。

また、開発依頼内容に気になるポイントがあった場合は、企画者やデザイナーに意図を確認し、今後の方向性を全員で探るようにしていますね。CARROTのエンジニアは現在6名、全体の約1/5に相当しますが、他職種のメンバーとの距離も他社に比べて近いほうだと思います。

――働きやすい環境づくりとして、何かしていることはありますか。

裁量労働制を取っているので、働く場所や時間はある程度自由です。まだCARROT独自の路線は出せていませんが、親会社のココネを踏襲して、月12回まではリモートワークもOK。働きやすさは大分いいんじゃないかなと思います。

また、人材育成の一貫として、親会社のココネと合同で、AWSの方を呼んで毎月勉強会を開催しています。Amazonの技術に触れられるだけでなく実務に活かせるということで、次回開催希望者は毎回ほぼ100%なので、今後も続けていきたいですね。

現状に留まるのではなく、新会社ということもあるので皆さんの意見を取り入れ、開発手法等を柔軟にアップデートできる社風です。


開発主体でも自発的に企画提案できる未来へ

――エンジニアサイドの今後の展望を教えてください。

短期的な課題としては、サービスが急激に伸びたときに障害が起きないように開発を進めること、お客様に安定的に楽しんで頂けるサービスを提供することですね。実際に「#私を布教して」のお客様の配信を聞きながら仕事するエンジニアも多く、常にお客様視点での開発ができるよう心掛けています。今はまだライブ配信に関するノウハウを蓄積しているフェーズですが、中長期的にはレイテンシーを無くしたり、複数人数でコラボできるといった付加価値も、開発主体でどんどん企画提案できるようにしたいと考えています。

――最後に、未来の仲間に一言お願いします!

開発のミッションは「CARROTがお客様に提供したい価値をすばやく届けること」。自分の意見を論理的に伝えられる人、自主的に動ける人とはぜひ一緒に働きたいです。他の人の仕事を奪うぐらいの勢いで動ける人に来てほしいですね。

始まったばかりのサービスなので、改善しなければいけない部分、もっと手を広げていきたい部分が山ほどあります。新規サービスの育成に興味がある人、各分野で仕事を自らキャッチアップしていける人は、毎日ワクワクできると思います。ご応募お待ちしています!

CARROT株式会社's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings