1
/
5

企画・UI・開発・採用、職種に縛られない挑戦ができる!若手2人が語るWeteamで体験するプロダクトづくりの楽しさとは?

こんにちは!

株式会社Weteam採用担当です!

今回はWeteamで様々な挑戦をされているお二人にインタビューしました!
Weteamだからこそ味わえる経験。
アプリ開発のやりがいなどについてお聞きしました!

ぜひご覧ください!
◇----------------------------------------------------------◇

Q.それではお二人の自己紹介とこれまでの経歴を簡単に教えてください!

鈴木さん:
Weteamではマーケティング×企画ディレクションを担当している鈴木と申します。
本業の方はマーケティングの責任者をやっています。前職のスタートアップ企業でアプリの開発ディレクターを経験していましたので、そこで培ったスキルと本業でのスキルを掛け算してWeteamでアプリのゼロイチを作っています!

羽田野さん:
WeteamでUI・UXデザインを担当させていただいている羽田野と申します。
本業は大手企業でSaaS領域で案件推進やPdM的な業務やデザインディレクターをしています。学生時代からUI・UXを専攻していて、スタートアップ企業のお手伝いやインターンで知り合った仲間と学生起業をさせていただいていたので、そこでのゼロイチ経験を活かして働いています!


Q.お二人がゼロイチでのアプリ開発やスタートアップに興味を持ったきっかけってあるんですか?

鈴木さん:
僕は最初に入った会社がソーシャルゲームの会社だったんですけど、ユーザーに喜んでもらえるサービスって単純に嬉しいし、ゲーム開発のディレクターやプロデューサーってそのゲームの世界を作る創造主の様でワクワクしたんです(笑)

そういった「ユーザーに喜んでもらう世界」をどう作るのか試行錯誤することに対して楽しいなと思ったのがきっかけです。

羽田野さん:
学生時代の長期インターンや業務委託でスタートアップならではの楽しさを感じたことがきっかけです!


―スタートアップで働くことの楽しさについて詳しくお聞きしてもよいでしょうか!

羽田野さん:
まだ成功するかどうか分からない未知の領域にチャレンジできるところが一つの楽しさかなと思っています。あとは組織がまだがっちりと仕組み化されていない状況や、「これから整えていくぞ」っていうフェーズで自分たちが主体的に動いて、自分たちが考えて発信したことがすぐにチームに反映されて、形になっていく過程がすごく刺激的で楽しいですね。

鈴木さん:
僕も同感です(笑)新しい仕事に対してどう行動すれば成果を最大にできるのか考えて、まずは動いて試してみて、「結果駄目だった…」「成功した!」っていう一喜一憂が、毎日お祭りみたいな感じでとても楽しく感じます。もちろんその一喜一憂を次に活かして結果に繋げていくことも大事ですね!


Q.お二人のWeteamとの出会いを教えてください!

鈴木さん:
ゼロイチでの立ち上げも含めいろいろな経験を若いうちにしておきたいなと思い、副業としていくつかの会社を見ていたところWeteamに出会いました。初めてWeteamを見つけたときは、ゼロイチができること、社会課題を改善するというビジョン、この2つに対して魅力的に感じたことを覚えています。

というのも、僕自身、犬猫の殺処分をゼロにしたいという社会課題に対してのパーソナルなミッションを持っていまして…。
そことリンクできたら、「ゼロイチ経験も積めるし、僕のビジョンにも近づけるし、最高じゃん!」と思いジョインしました!


羽田野さん:
僕はスタートアップで主体的に副業をやりたいなとは思ってはいたものの、まだ動けていなくて…。そんなある日以前使っていたデザイナー向けの就活アプリに、代表の近石さんから「ポートフォリオを見て興味持ちました」というメッセージが届きました。
その後、近石さんと面談をして、アプリローンチ前の段階で4,500人のデプスインタビューを既に行っているお話や徹底されたビジネスロジックを聞いて、そういう地道なところも代表が前に出てやられていて感銘を受けたと同時に、この環境に身を置けば絶対自分も成長できる!と感じジョインしました。


Q.実際に入社して、いまお二人はどういったお仕事をされているんですか?

鈴木さん:
僕が企画ディレクターのポジションで羽田野さんがデザイナーですね。
他にも代表の近石さんとデザイナー1名の計4名でUI・UXを作成しています。
具体的には、まずデプスインタビューで見えてきた「ユーザーが求める体験・機能は何か?」という情報を近石さんからヒアリングします。その情報をもとに、UXをより高めるには?という観点からみんなで議論をし、最終的なUI・UXを決定しています。

―コミュニケーションの量は多いんでしょうか?

羽田野さん:
結構密にやっていますね。みんな副業っていうのがあるので、夜に集まったり、昼間時間を縫ってミーティングを重ねています。直接会話する形のコミュニケーションを大事にしていて、チャット頼りになりすぎないことは意識してますね。

▼左:鈴木さん
 右:羽田野さん

Q.お仕事していく中で楽しさややりがいを感じる場面を教えてください!

鈴木さん:
近石さんが掲げる大きなビジョンを達成するため、今自分がどう貢献できるのかを考えながらやってきて、実際に近石さんから「鈴木さんが入ってきてから、少しずつ組織の形になってきたよね」というフィードバックをいただけたときはやりがいを感じました。大きなビジョンに向かって小さな一歩ですけど、着実に進んでいる実感がありました。

―羽田野さんはどうでしょうか?

羽田野さん:
ビジョンに向かってみんなで議論したり、プロダクトを作っていく時間が楽しいですし、学びがあります。今までフレームワークやテンプレを駆使して、仕組み化するべきと思い込んでいたんですけど、泥臭く手を動かして数をこなして、良いものを作り出していくことの大切さを学ぶことができました。泥臭いことが意外と次に繋がるので、それを楽しみながらできる人だととても良い環境だと思いますね。

鈴木さん:
近石さんのビジョン実現に向けて、仕事していると今までにない、ちょっと背伸びしたUIや企画にチャレンジできて、そこが楽しいですね。近石さんの頭の中をどう形にすればいいんだろうと考えを巡らせるところはチャレンジのしがいのある仕事だなと思います。


Q.逆に何か大変なことや苦労したお話があれば教えていただきたいです。

鈴木さん:
近石さんの頭の中にあるイメージをどう言語化してプロダクトに落としこむのかっていうところは、一つ課題かなと思います。
ただそこは近石さんが僕らにすごい時間を投資してくださりますし、密にコミュニケーションをとって言語化してくださるので、大変なところであり楽しいところでもあります。

羽田野さん:
デザイン面でいうと、既存のアプリにあるような機能とは全く別の新しい機能を企画していたりするので、UIでどう表現するのか考えていくのがすごく難しいなとは思いますね。


Q.Weteamでの経験を通して、どんな成長ができると思いますか?

鈴木さん:
過去の経験に関係なく、情熱さえあれば本当にいろいろなことが経験できると思います。
それこそ職種に関係なく僕もUI・UXや採用業務も行っていますし、羽田野さんにも企画側の仕事を依頼しています。会社の成長に必要なことが職種を問わずまるごと経験できますし、経験したことを今後10年20年のキャリアで活かせると思います。

羽田野さん:
何でも出来るっているのは大きいですね。鈴木さんが入る前は、組織内の情報をまとめたり、Wantedlyの写真撮影のスタジオの押さえとか、デザインと全く関係ないようなことまでやらせていただいていました。採用に関してもツイッターでいいなと思ったデザイナーにDMして、1人で面談したりもしました。
自分の専門としている職種以外の経験も積めるっていうところが大きいと思います。


Q.では、お二人が一緒に働きたいと思うメンバー像を教えていただけますか?

鈴木さん:
職種を超えて主体的に動ける人や、組織やプロジェクトを大きくしたいみたいな組織貢献力がある人に会いたいですね。あとは、ムードーメーカー気質な人にもお会いしたいです(笑)

羽田野さん:
組織が最短距離で大きくなる選択を取れる人と働きたいです!組織が成長していくために何が必要なのかっていうのをしっかり考えて、物怖じせずにちゃんと提案できる人に出会いたいと思っています!

Weteam's job postings
24 Likes
24 Likes

Weekly ranking

Show other rankings