1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

若者がミライに希望を抱く社会へ

山元 猛@若手のハートに火をつける男

ホスト、バーテンダー、黒服、薬学部、仮面ライダー、、、多彩なキャリアを持つ彼がたどり着いたMissionは、自身の原体験に基づく「若者がミライに希望を抱く社会づくり」だ。彼は、企業の若手向けに『学生』から『社会人』に変わるためのプログラムを実施している。そんな彼の一番の喜びは、プログラムを受講したメンバーから下記のようなメッセージをもらうこと。

ー受講生からもらった宣言(原文そのまま)ー
4日間有難うございました。受講生代表として山元さんに感謝の気持ちを伝えさせて下さい。
私たちは、社会人になるにあたり、すごく後ろ向きな気持ちでいたんですが「目的を持つことで、これから社会人として頑張っていく」という話を聞き、本当に前向きな気持ちになれた人も多く、私自身もすごくそう思いました。


特に私が心に残ったのが「ギバー」の話で、「成功するためにはギバーであるべきだ」という点です。
全てを与える側と考えるのではなく、トップギバーとして、全部を与えるとか自己犠牲をするではなく、「お客様となる相手方も自分もWinWinであるべきだ」という内容を伺い、営業で考えると「そのお客様のニーズにただ応えるだけだと御用聞きだ」と。


そうではなく、「お客様の潜在的なニーズに応える事が重要」とお話をされていたと思います。
私たちが住宅の販売や設計をする際には、もちろん家を提供するのは当然だと思いますが、「その家でどんな暮らしをしたいのか?」とか、「どんな理想のライフスタイルを描いているのか?」ということを私達が汲み取って、そこに対して私達が最善な選択をすることがこれからすごく重要になってきますし、それが仕事になってくると思うんです。
それってよく考えればすごく素敵なことだな、という風に思い、皆は口では結構「お金稼ぎだ」なんて言うけど、すごい、本当に素敵なことだなと思って。改めて自分の仕事を見直すことができ、この気持ちをずっと忘れてはいけないなと、私自身感銘を受けました。



これから山元さんも都内で、もし一戸建てを買いたいとなったときには是非、弊社にご相談いただき、その時に私たちが成長して「この人たちからならぜひ買いたいな」と思ってもらえるような、そんなビジネスパーソンになりたいと思っています。
長くなりましたが、4日間本当にお世話になりました。
ありがとうございます。


こういったメッセージが彼のエネルギーとなり、今日も若者が日本のミライに希望を見出す社会創りに貢献している。

株式会社OneColors's job postings
17 Likes
17 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more