1
/
5

ブラックな環境からホワイトな環境に転職した佐藤の実体験と現在について、赤裸々に語ってもらいました!

こんにちは、ライトウェア採用担当です。

本日は、弊社に入社し3カ月,インフラエンジニアとして活躍する佐藤にインタビューを実施しました。IT業界未経験からキャリアをスタートし、激務も経験した佐藤がなぜライトウェアを選んだのか、詳しく話を聞いてきました。ぜひ最後までお読みください。

■自己紹介をお願いします

入社して3カ月になる佐藤と申します。ファーストキャリアは、IT業界とは別の業界でした。

営業職を経験したのち、業績不振にともない会社都合で解雇扱いになってしまい、就業先を探している中で、”エンジニア”としてのキャリアに興味を持ちました。昔からパソコンを触るのが好きで、ITやパソコン関係の業界であれば、キャッチアップも早期にできるのでは?と考え、未経験者の受け入れをしているIT企業に絞って転職活動を進めました。そうして、前職であるSES企業に入社を決めました。そこでは3年ほど在籍していました。

前職では基本的に一人で常駐先に向かうことが多く、”企業への所属”について考える機会が増えましたね。また、成果を上げているにも関わらず、複数の下請け構造の下流に位置しているが故、クライアントの予算の都合で切られてしまう、立場的な弱さについても体感する機会が多かったです。

そうした中で、弊社の営業部の部長である佐藤と出会い、話をしていく中で、ライトウェアに惹かれて入社を決意しました。

■ライトウェアに入社したきっかけについて教えてください

佐藤からライトウェアの話を聞いていく中で、

・上流に位置する立場であること
・福利厚生をはじめとして長期で就業できる環境が整備されていること

に魅力を感じました。

また、社長と何度かお話をさせていただく機会があり、様々な質問に対して、親身になって回答してくださいました。その際の社長の温和な人柄であったり、責任感の強さにも魅力を感じました。そうした理由から、ライトウェアへの入社を決意しました。

■弊社の社長って、温和ですよね。

はい。語弊がある表現かもしれませんが、“自分にないものを持っている人”だな、と感じますし、尊敬しています。穏やかで人に対して、怒ったりすることもないですしね。

■ライトウェアの印象について教えてください

第一印象は、「色々としっかり整備されている会社だな」と思いました。この業界って、ベンチャー企業が多く、まだまだ体制が整備されていない会社も多いので。

社内コミュニケーションはslackが導入されていて、社内メンバーともコミュニケーションをとることができます。ちかじかオンライン飲み会も予定されており、この業界(SES事業者)の中でも、従業員同意のコミュニケーションは活発な方だと思います。

また、現場に一人で常駐することがないので、精神的にかなり安定しますね。分からないことはすぐに聞ける人がいて、心理的な安心感があります。頼れる人がいることは大切だと思います。

営業メンバーとも非常にコミュニケーションが取りやすく、ストレスなく業務に集中できる環境だと思います。

■ワークライフバランスについてはいかがでしょうか?

炎上案件にアサインされることもなく、ワークライフバランスはとても改善されました。安定して業務に臨めています。

■今後の展望として、佐藤さんの考えを教えてください

今私は、インフラを中心にプロジェクトに携わっています。まだバックエンド開発の行程に携わったことがないので、この部分の知識および経験を補っていきたいと思います。また現在携わっているクラウドの利便性や技術的な発展の速さが面白いなと感じており、今後はクラウドを中心にキャリアを築いていきたいとも考えています。自社プロダクトの開発にもチャレンジしたいですね、つまるところ、一人でなんでもできるようになりたいです。

■ありがとうございます。最後に、読者の皆さまに一言お願いします

IT業界は技術の進歩についていくのが大変な業界です。

同じことを何度も繰り返すのではなく、常に新しいものを学ぶ姿勢が必要です。新しい技術に関心を持ち、スキルアップしたい、同時に、安定した環境で長期就業したい、とお考えのエンジニアの方は、ぜひ弊社に起こしください!

株式会社ライトウェア's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more