1
/
5

#社員インタビュー①「損得よりも善悪」というルール

こんにちは。ライトウェア採用担当です。

本日は当社で働くエンジニアメンバーへのインタビューを実施してきました。

「長く働ける環境」「安定就業」を掲げるライトウェアで実際に働くエンジニアメンバーが、どのように思い、なぜライトウェアで働くのかについてまとめました。

ぜひ、最後までお読みいただけると幸いです。

■入社の経緯から教えてください。

現在社会人3年目で、ファーストキャリアはエンジニアではなく、飛び込みの新規営業でした。まず、営業職についたのは、営業で力をつけてからコンサルタントをめざそうとしていたからです。

それから、エンジニアへのキャリアチェンジをするために違う会社に転職をしました。その時の会社では、どうしても自分が学びたいことを追求するのに限界がありました。

そこで様々な人に相談しているうちに、株式会社ライトウェアをと出会い、入社することになりました。

■「入社のきっかけ」は何だったんですか?

ライトウェア社の面接のときです。社長をはじめ、採用担当者が「今後自分のキャリアをどうしていくかという点」についてとても親身に話してくれました。

今まで様々な会社を見てきましたが、意外とそういう話を親身にしてくれる会社って多くない印象でした。

自分の担当は佐藤さんでした。この佐藤さんが、とても親身に相談に乗ってくれたんです。

ですので、ライトウェア社の理念や、日々のお仕事にすべて納得できて、一緒に働きたいなと感じたのが「入社のきっかけ」です。

■実際に転職してみて、どうですか?

従業員に対する懐が深い」ということをすごく感じています。

勉強会の時間分も休日出勤手当が支給されたり、会社側で準備してくれたプログラミングサイトで勉強させてくれたり、知らない知識を養う為の施策を準備してくれています。

それが自己成長とモチベーション向上に繋がるので、素晴らしいと思います。

■ライトウェアのカルチャーや風土について教えてください

ライトウェア社では、損得よりも善悪というカルチャーがあります。

このカルチャーを貫くことで、クライアント様達から信頼を得ています。その結果として、クライアント様たちとのお付き合いが、長期にわたり継続できてきました。

また、ライトウェア社に入社してメンバーには、落ち着いたメンバ-が多いです。つまり、真面目に誠実に仕事に取り組むタイプが多いと思います。

■ライトウェア社は「長期就業がめざせる環境になっている」のですか?

そうですね、自分の先輩だともう10年以上勤めている方とかがいらっしゃいます。自分も勤めていて、嫌になることはありません。会社のことを理解すれば、会社との関係は、非常に楽な関係だなと感じます。

ライトウェア社は、個々人がそれぞれで働きやすい方法や場所について選択できます。また「何かやりたい人がいたらその人には機会を提供してくれる」という会社です。

■プロジェクトへの派遣体制は、どのようなものですか。

そうですね。当社では「チーム主義」が基本スタンスとなっています。つまり、1人で現場に向かわせず、必ず知識量や技術力の異なる複数人でチームを組んで派遣されるようになっています。チームで派遣されているので、プロジェクトを通じてた「社員教育」が実践できるのです。

自分は入社してから今は、1つ目のプロジェクトで参加しています。プロジェクトは、基本的には長くても3年らしいです。新しい技術が沢山生まれる業界なのでその人のキャリアがつぶれないようにしているんですね。

■どのようなエンジニアがマッチする会社だと思いますか?

当社は、挑戦する意欲のあるエンジニアもマッチします。

同時に、安定した就業環境で長期就業をめざすエンジニアにもマッチする環境だと思います。

いくら経験者でも現場に一人で向かわされる事はなく、困難な業務に関して1人で頭を悩ませる必要もありません。

また、福利厚生に関しても整っています。

より良い環境で長く働きたいエンジニアの人からのご応募をお待ちしています!

株式会社ライトウェア's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more