1
/
5

【代表インタビュー】“あつさ”と“ゆるさ”を兼ね備えた起業家、中川勇太。

今回は、株式会社プラスワイズを創業後7年半で年商10億円を突破させ、9年経とうとしている現在では15億円規模まで導いた、代表取締役社長の中川勇太にの独占インタビューをしました。

この記事では、中川がどのような人間なのか、プラスワイズがどのように創業されていったのか、これから先は仲間と一緒にどんな未来を描いていくのかなどに迫っています。

新潟県で就職、転職、起業を考えている方は、中川勇太という起業家を知っておかないと損するのでは?と思うような話を聞くことができました!

■新潟にカッコイイ会社を増やす社長

--中川社長、今日はよろしくお願いいたします!

インタビューなんて慣れないから緊張しますね。(笑)

なんでも聞いてください、よろしくお願いします。

--まずは、自己紹介からお願いします。

はい、株式会社プラスワイズ代表取締役社長の中川勇太です。新潟県三条市でECサイト運営や海外輸出を主な事業とする会社を経営しています。それと最近は、新潟県にイケてる社長をどんどん増やしたいなと思って、『将来は社長になりたい』という起業家を育てて、カッコイイ会社を増やす活動もしています。

-新潟に熱い想いがありますね!これまではずっと新潟にいらっしゃったのでしょうか?

いえ、大学に進学する際に上京して、新卒で入社した会社を辞めるまでは東京にいました。今の事業でやっているWEBの知識やビジネスノウハウ、営業は東京で勉強させてもらいましたね。

--1社目はどんな会社だったのですか?

最初に入社した会社は、美容商材を取り扱う商社に入社しました。最初は、エステサロンの集客広告担当の経験させていただきました。ちょうどお客様がWEB検索を始め出したタイミングだったので、WEB広告へ切り替えていき、費用対効果は抜群によくなりましたね。あとは、入社して5年ほどたったタイミングで新規事業の立ち上げも任せていただけました。

先ほどお伝えした通り1社目で経験したことを現在している事業へ活かせていると思っています。

■起業のために、お金を借りようと思った人生のターニングポイント

--1社目の会社は、なぜ退職することになったのでしょうか?

新規事業をやっているときにリーマンショックが来ちゃったことが原因ですね。当時、僕がやっていた新規事業はどうしてもコストがかかる内容だったので、会社としても生き残りをかけて新規事業を撤退させることになりました。自身が、一生懸命やっていた新規事業がなくなったことがきっかけになって辞めてしまいました。そこでの仕事が正直つまらなくなってしまったということです。(笑)

--そんなことが…。そこから新潟に戻ることになったのですか?

すぐには新潟に戻らなかったです。1社目の美容系の会社を辞めてから、色々考えてみた結果、自分で事業を立ち上げてみようと思うようになりました。美容の知識やマーケティングには自信があったので、サロンの経営をしていこうと計画を練っていました。実際にサロンで施術できる人にも声をかけたり、開業にいくらかかるのかを計算したりしていくと、最低でも300万円はないと開業が難しいということがわかりました。そこで、新潟で会社を経営している父親に300万円の借金をしようと思い、新潟に帰りました。社長だから300万円持ってそうだなと思ったことが父を頼ろうと思った動機です。(笑)

でも、現実は思い通りにはなりませんでした。実際に父親が経営している農業資材を扱う商社の話や状況を聞いていると、とても300万円貸してほしいなんて言い出せない状況でした。帰りの新幹線で改めて自分の将来や親のことを考えてみたときに、新潟に帰って跡取りとして家業を支えることを具体的な選択肢として考えるようになりました。

■家業からプラスワイズ創業へ

--家業に入られてからは、どんな仕事から始めたのでしょうか?

最初は、農業資材の営業から始めました。これが大変でした。当時の僕は農業のことなど何もわからないので、覚えることがたくさんあって苦労したことを今でもよく覚えています。ありがたいことに最初からお客様もたくさんいらっしゃったので、お客様を一人ひとり覚えるようにしていました。また、農業資材などは季節によって必要なものが変わったりします。この時期は不慣れな環境にも苦戦させられました。

--苦労が伝わってきます。(笑)ECサイトを開始したのは、そのあとでしょうか?

そうですね。営業職として父親の会社で働いていたので最初は気づかなかったのですが、ある日、会社の経理や事務をやっている妹と話をしていると、父親の会社はネットでも自社の商品を取り扱って、月に何件かは売れているとのことでした。WEB系のマーケティングに自信がある僕としては、気になってしまって見せてもらいました。そしたら、もっとサイトをよくできるし、商品の売上ももっと伸ばせると確信が持てたのです。そこからは、毎日営業から帰ってきてから夜にコツコツとサイト改善をしたり、自社の売れ筋商品のラインナップを増やしていきました。すると、予想通り、売上がどんどん伸びるので、楽しくなってきました。月商300万を超えて自分の給与を出せるくらいの利益が出たタイミングで、営業は別の方にお願いして、自分はECの方に集中しました。まだまだ売上を伸ばせる自信があったからです。実際に、父親の会社とは別会社として、創業して7年半で10億円を超える売上をだせるようになったので、あのときは挑戦をして良かったと思っています。

■数億円のプレッシャー

--反対に苦労したことはありますか?

一番大変だったのは、体調を崩してしまったときですね。事業が成長していって、オフィスや倉庫も社員数に対して狭くなってきたので、広くて新しいオフィスにしようと思って、数億円規模の投資をしたんですが、その途中で不眠症みたいになってしまいまして、体調不良になりました。

最初は、初めての大規模な投資を目前にして、「もっと頑張って会社を成長させよう」と気合いが入っていたのですが、新オフィスの打ち合わせを複数回重ねて、より話の内容に現実味を帯びてくると、数億円規模の支出に不安も感じるようになってしまって、最終的には体調を崩してしました。

--そんなご経験もされていたのですね。

ひどい時は会社にいけなかったです。その中でも支えてくれた社員や家族には本当に感謝しています。

ただ、そんな中でも良いことがあったんです。一般的に創業社長がよく抱える問題の中に、社員に仕事を任せることができず、社員が成長しないという問題がありますが、幸運にも僕はそれを経験したことがないです。僕の調子が悪かった期間を乗り越えてくれた社員は非常にたくましくなってくれました。「大変でしたよ~!(笑)」とは言われましたけど。(笑)

--社長がそういう状況になっても、社員が付いてきてくれるなんて素敵な関係ですね。

そうですね、その時もそうですがうちは退職した社員がほとんどいないので、それはちょっとした自慢です。

■これからプラスワイズがつくっていくストーリー

--これからどんな会社にしていきたいですか?ビジョンなどがあればお願いします。

やっていきたいことはたくさんありますね!まずは新潟にかっこいい起業家や会社を増やしたいです。実は、今の会社を100億円規模にしたいとかってビジョンはなくて、5億円の売上規模の会社を20個創りたいんです。そうしたら起業家も会社も増やせて、地元の新潟にも貢献できると思うんですよ。それは実現したいですね。最近ではそのために新潟の大学生とインスタライブなどをしていたりします!

--素敵なビジョンです!実際にWantedlyでは、起業家志望の方を積極的に募集していらっしゃるの

そうです!今、僕が一番力をいれていることが採用ですね。起業家志望の方を採用して、直接育てていきたいと思っています。

--どんな方だとフィットしそうですか?

そうですね、「社長になりたい!」なども素敵ですが「この事業をやってみたい!」「こういう価値提供をしたい」など、荒くてもいいのでやりたいことが決まっている人の方がフィットすると思います。僕が投資家として、その方の事業に投資することも検討しているので気持ちや、やりたいことがあるけど、ノウハウや経験が足りないという人におすすめの環境です。

--投資家は起業家に対して、指示が多くなることあると聞きますが、起業家と中川社長は、どんな関わり方をされる予定ですか?

できる限り自由にやってほしいと考えています。もちろん、出資だけして終わりにするつもりはないですが、僕が細かいことを言われることがあまり得意ではないので、起業家の方の考えを尊重したいと思っています。僕が関わる部分は主に、事業の戦略を組み立てたりする際や、起業家の方が困っているときです。しっかり見守るので、自由にやってください。

--魅力的な関わり方ですね。どうしてそのような考え方ができるのでしょうか?

様々な景色を見てみたいという好奇心です。「へー!こんな感じなんだ!」ってこの先もずっと感じていたいです。仲間もたくさんできますし、そうやって仕事ができた方が楽しいじゃないですか。だから、僕は大きいひとつの会社を作りたいとかはないですけど、価値のあるかっこいい会社を、信頼できる仲間とたくさんつくって、様々な景色を見てみたいです。

--最後にプラスワイズに興味がある方に向けて一言お願いします!

自分で言うと少しおかしいかもしれませんが、プラスワイズは良い環境だと自信を持って言える会社です。これまで退職した社員がほとんどいないことから分かる通り、働きやすい環境を整えつつ、会社としても常にチャレンジしていきます。新しい挑戦は不安がつきものだと思いますが、情熱と勢いがあれば僕が全力で支えます。一緒に世界を目指して成長していきましょう!


株式会社プラスワイズ's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings