1
/
5

【社員インタビュー】マジシャン→SE→ITコンサルタント、自身の強みを求めて

Dirbatoの多彩で魅力的なコンサルタントを紹介する社員インタビュー企画の第二弾です。今回は元マジシャンという異色の経歴をもつコンサルタントの大藤さんにお話を聞きました。Dirbatoで見出したテクノロジーへの思いと、Dirbatoでのキャリアについてお話をお伺いしました。

本日はお時間ありがとうございます。早速ですが、これまでどんなお仕事を経験されてきたか教えていただけますか。

大藤)大学卒業後、大手のインテリア関連企業に就職しました。大学時代に原子や分子の動きをプログラミングを用いてシミュレーションする研究をしていたので、配属先は情報システム部門などテクノロジー関連の職種を希望していました。しかし実際に配属されたのは販売店舗での業務でした。希望していた職種への異動にはかなり時間がかかることがわかり、会社を離れることにしました。

株式会社Dirbato/コンサルタント 大藤孝太
大学卒業後、日本有数のインテリア関連企業に就職。その後マジシャンを経て独立系SIerに就職し、SEとしてのキャリアをスタート。拠点空港の管制システムの保守運用プロジェクトやグローバル展開する自動車メーカーの燃費向上プロジェクトと大規模案件を経験したのち、2020年2月1日株式会社Dirbatoに参画。AWSの最難関資格ともいわれるAWS認定ソリューションアーキテクトープロフェッショナルの取得や社内のAI研修に参画するなど、ITコンサルタントとしての武器となるテクノロジー研鑽を積む日々。


しかし、その次の仕事に選んだのがマジシャンというのが、とてもユニークです。

大藤)マジックは小学校4年生ぐらいからずっとやっていました。マジックの仕組み自体もとても興味深かったですし、中学生のときにイベントでマジックを披露したらとてもウケたんです。みんなが喜んでくれたのが、とても嬉しかったですね。そうした経験もありいつかマジックで勝負してみたいという思いを持ち続けていて、ちょうどいい機会だと思ってマジシャンの道を進むことにしました。マジックバーや路上などでパフォーマンスを続けました。しかし経済的にはかなり厳しかったこともあり、けじめをつけることにしました。
マジックの次はテクノロジーと決めていたので、とある独立系のSIerにSEとして再就職しました。


学生時代に少し経験があったとはいえ、ほぼ未経験でSEの世界に飛び込まれました。苦労はありませんでしたか。

大藤)苦労というよりも楽しかったです。インテリア関連企業にいたときは接客や在庫補充などの業務が中心でパソコンに触れる機会はありませんでした。その時期に、仕事でパソコンに触れることにある種の憧れのようなものを抱くようになりました(笑)。日々パソコンやその他の端末に触れて仕事ができるのは私にとってとても楽しい時間でした。もちろんわからないことだらけで、たくさん勉強しなければいけませんでしたが、苦労という風に感じたことはありませんでした。在籍していたおよそ数年の間には、航空機の管制システムやセンシング技術を活用した自動車の燃費向上システムの開発を経験しました。


SEとして順調にキャリアを歩みだした後に、ITコンサルタントとしてDirbatoにジョインされました。ITコンサルタントを目指されたきっかけは何だったのでしょうか。

大藤)上流工程を含めたプロジェクト全体にも関わっていきたいと考えるようになったためです。前職のSEの仕事は面白かったのですが、内容がある程度固まったものを具現化していくという仕事でした。そうではなく、クライアントがそもそも抱える課題に向き合い、プロジェクト全体を意識しながら仕事を進めていきたいと考えるようになりました。


Dirbatoに入社して、良かったところはどんなところでしょうか。

チャンスが与えられるところです。
上流工程に携わりたいということで、実際に最初のプロジェクトではプロジェクトマネジメントに関する案件に携わることができました。ただ、そのプロジェクトを通じ、実際にクライアントの課題に向き合う中で、本当に意味のある価値をクライアントに提供するためには、経験や圧倒的な知識による裏付けが必要だと感じました。そこで、まずは何でもいいので自分の強みとなる分野を経験として積み上げる必要があると考えました。
そんなときに社内の先輩社員が企画したAWSに関する研修の案内がきっかけでAWSの勉強を始めることになりました。マジックもそうですが、これと決めたものを極めていきたいというところもあるので、すぐにのめり込んでいきました。プロジェクトも人事と相談して、AWSに関するプロジェクトにアサインされています。学んだことを実践で活かして経験として蓄積できています。
本人のやる気やモチベーションがあれば、挑戦できる環境がDirbatoにはあると感じています。


     研修をきっかけにAWSの勉強を開始した大藤さん。3か月程度の準備が必要といわれる
     「AWS認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト」に、1か月で合格。現在は上
     位資格「ソリューションアーキテクト –プロフェッショナル」の取得を目指している。

今後どのようなコンサルタントを目指していきたいですか。

AWSもそうですが、まずは自分の強みとなる技術分野を身に着けていきたいと考えています。また、最近ではAIに関する社内研修も受講しています。Dirbatoでは最新の知見に触れる機会も多いと感じているので、こうした機会を積極的に利用しながら自分の強みを増やしていきたいと考えています。 クラウドもできて、AIに関する知見もあって、マジックもできる、なかなかそんなコンサルタントもいないと思うので、培った様々な経験をクライアントに還元できるコンサルタントになっていきたいと思います。

株式会社Dirbato's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more